So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

駒門駐屯地の観閲式。最新鋭の10式戦車がお目見えした。 [おとなの社会見学]

陸上自衛隊の駒門駐屯地のイベントに行ってきた。
駐屯地創立52周年記念行事で装備品展示や模擬戦が見学できるようだ。

駒門駐屯地は、第1戦車大隊があるとこで戦車の3シリーズである10式戦車・90式戦車・74式戦車を始め、いろんな車輛が展示されていた。10式戦車ってのが珍しいようなので見ておきたい。
期待半分で行ったんだが模擬戦のあまりの迫力に度肝を抜かれた。模擬線の迫力に泣いていた子供も泣き止んじゃうくらい戦車の砲撃が轟音すぎだったぞ。
20120401-01.jpg


観閲式はびしっと整列した陸上自衛官を多くの人が見学者が見守る。
駐屯地司令である一等陸佐の話、細野環境大臣と渡辺防衛副大臣の祝辞もあった。ふたりとも地元選出の議員。
20120401-05.jpg


練馬駐屯地が本拠地の第1音楽隊も観閲式に花を添える。
20120401-04.jpg

観閲式では、こんな車輛が敬礼しながらびゅんびゅんと走りまくっていた。
見てるとこからは多少距離があるから望遠レンズは必須だ。
望遠レンズを構えてるミリタリー好きも多数。バズーカと間違えそうなほどデカいレンズで狙われそうだぜ。
20120401-06.jpg


観閲式のあとは模擬戦の開始。
どこからともなくバタバタバタとヘリの飛来音。
2、3階通過していったけど速すぎてうまく撮れねぇ。
20120401-02.jpg

模擬戦ってのは敵味方に分かれて模擬で戦う。戦うって言ってもショーみたいなもんで使うのはもちろん空砲。
こちら敵役。戦車2台と装甲車1台。
20120401-08.jpg

こちら自衛隊の部隊。強うそうな戦車が登場しまくりで圧勝の予感。
戦車や装甲車が走りまくって終わりかなーっ思っていたら耳をつんざく轟音。まじで大砲撃ったと思ったぜ。子供はビビりまくっていたけどオレもびっくらこいた。びくっとして手ぶれ補正でも補正しきれないくらいブレるぜ。
20120401-09.jpg


模擬戦の後は、三菱重工が制作した最新鋭の戦車10式がお披露目。
10式戦車のまわりには撮影会のように人が群がる。
正直、違いがよく判らんぞ。形がなんか違うのが判るけどな。
20120401-10.jpg

10式、90式、74式(改)、74式が一列に並ぶ。
10式に注目が集まっていたがレアモノは74式(改)だったみたい。
4台しかないんだって。しまった。もっと撮っとけばよかったぜ。
20120401-12.jpg


駐車場のとこに戦後初の国産主力戦車である61式戦車が展示。
富士山バックで記念撮影ポイントにすればいいのにな。
20120401-13.jpg


駒門駐屯地では自衛官があちこちにいるから質問はしやすかったんだが問題が…。
自衛隊は機密が多くてスペック的なことは「話せません。」で核心に迫れず。
ミリタリーなひとは、質問好きというか話し好きのようで自衛官を捕まえては型式トークを延々としてるから質問する隙がねぇ。

帰り道、開通まであと少しになった新東名を下から眺める。
車幅ひろくって走りやすそうだ。
20120401-14.jpg

タグ:自衛隊
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー