So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

銀座・日本橋のレトロ建築を散歩気分で撮ってみた。 [たてもの博物館]

先日、見に行った三菱倉庫株式会社の本社ビル『江戸橋倉庫ビル』の棟屋はすっかり覆われてしまっていた。
20120228-01.jpg

百貨店建築では始めて重要文化財に指定された高島屋東京店
設計者は高橋貞太郎で1933(昭和8)年に竣工。
20120228-02.jpg

角の曲線がなんとも美しい。
20120228-03.jpg

玄関部分の装飾は細部にわたって凝っていて見応えがある。
20120228-04.jpg


斜め前には旧川崎銀行本店(現在は三菱UFJ信託銀行)
1927(昭和2)年に矢部又吉の設計でたてられた。川の文字が判る。
愛知県の明治村に一部が復元保存されている。
20120228-05.jpg


明治屋ビル。日本の近代建築の礎を築いた工部大学校第一期生のひとり曾禰達蔵(曾禰・中條建築事務所)が設計したビル。
曾禰達蔵は、数多くのオフィスビルを設計している。決して目立つことはないが機能的な建築が多く明治屋ビルもそのひとつだ。
京橋では再開発が進んでいるが明治屋ビルは耐震化と修理工事を実施して保存される安心だ。
写真を撮るなら隣にデカいビルが建つ前にいくことをおすすめする。
20120228-06.jpg

20120228-07.jpg


20120228-08.jpg

20120228-09.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

銀座に残る昭和レトロ建築。旧銀座アパートメントを撮影。 [たてもの博物館]

銀座・日本橋の街はたてもの博物館。和光や日本橋高島屋、三越などのビックネームはもちろんだが明治屋や川崎銀行本店も抜群の存在感で脇を固める。

そんなカリスマ建築がある大通りから一歩裏に入るとノスタルジックなレトロ建築が。
まずは、1932(昭和7)年竣工の銀座アパートメント(現:奥野ビル)
同潤会アパートの面影があると思ったら青山同潤会アパートを設計した川元良一の建築だ。川元良一は九段会館の設計者でもある実力者。
20120228-01.jpg

さっそくなかに入ってみよう。
入りにくいと思っていたけど画廊やアンティークなテナント、デザイナーのオフィス集まるアートスポットになっていて次から次へと人の出入りがあるから気軽に入れた。
20120228-02.jpg


非常に珍しいエレベータ。なんと扉を手で閉める手動式だよ。
だから行き先ボタンのとこに開閉ボタンがないのだ。
びびって乗れねぇ…。階段で上がるぞ。
20120228-03.jpg


レトロ感あふれる階数表示。ステキな建築は必ずと言っていいほどエレベータがおしゃれなんだよな。ああ、三信ビルが懐かしい。
階によってデザインが微妙に違っているから見逃すなよ。
20120228-04.jpg

階段室も昭和レトロ感がたっぷり。
主張しすぎない親柱のデザインが逸材。同潤会の階段室もこんなだった。
20120228-02.jpg

もともとはアパートだったので造りはシンプル。
20120228-05.jpg


いまは、アートスペースなので個性的な部屋が多い。
古くても荒廃的な感じはしなくってポップな明るい感じを受ける。
20120228-06.jpg


空き室を覗き込むと窓の向こうには時間が止まったままの部屋があったぞ。
20120228-07.jpg


奥野ビルの特徴のひとつは階段だと思う。
20120228-08.jpg

階段の途中に窓があって窓の向こうは階段なのだ。(うまく伝えられん。)
階段がシンメトリーになっている造りになっている。
アパートが2棟くっついてるのだよ。(さらに判らんか。)
20120228-11.jpg

7階に行く階段。立入禁止。
20120228-10.jpg


思い切ってエレベータに乗る。エレベータ自体は新型なので安心した。
扉をしめて蛇腹のカーテンを閉めて行き先ボタンを押す。
動き出すと黄色の蛇腹の向こうには、むき出しのコンクリートが…。ややビビる。
20120228-09.jpg

こんなにも昭和レトロ感を味わえるビルが銀座にあったとは驚きだ。
近代建築好きにはおすすめしたい。さすがに老朽化はしているが大切に使われている奥野ビル。またゆっくりと見に行きたい。

建物自体をバシャバシャ撮っていたのはオレくらいだったがアートスペースという建物上、怪訝な視線を浴びせられることはなかった。(っと思う)
暗いから明るめのレンズがいいぞ。
タグ:昭和レトロ
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー