So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最新鋭機 ANAボーイング787ドリームライナー。2機みた [カメラとフォト]

ANAが世界に先駆けて導入した最新鋭機ボーイング787ドリームライナー。
787ドリームライナーは、全日空がローンチカスタマーとなってボーイング社が開発した次世代ジェット旅客機。そして主翼や接合部など機体の35%を三菱重工、川崎重工、富士重工、東レの日本企業が製造したMade with JAPANの最新鋭機だ。

まだ2機しか運用されていないから、なかなか見れないと思っていたらそこに居るじゃん。PowerShot S100の練習だったのだが望遠レンズの出番のようだ。
初号機と二号機は特別塗装で787の文字がデカデカと誇らしい。
20120104-01.jpg

エンジンは、ロールスロイスPLC社のトレント1000。
トレントという愛称はイギリスを流れる河川の名前。ロールスロイス社はエンジンにイギリスの河川の名前をつけていて、エンジン内の気流が「川の流れのようにスムーズ」という意味が込められているそうだ。
エンジン後部の波形がかっけー。
20120104-02.jpg

今日の羽田空港はポケモンジェットの特別塗装機が勢揃い。
黄色のピカチュウジャンボの隣の滑走路にANAポケモンジェット1999が着陸してきた。
20120104-09.jpg

エプロンにはお花ジャンボ。ANAポケモンジェット1999がその後ろを通り過ぎていく。
今日はポケモン祭りか?
20120104-03.jpg


ゲートブリッジもよく見える。
20120104-04.jpg


お目当ての787ドリームライナーが動きだしだぞ。
横からみるトレント1000はステキにかっけー。
20120104-10.jpg


飛行機で結構好みのショット。後ろからのフォルムがたまらん。
20120104-06.jpg


胴体後部のラインは、ANAのネットワークとプロダクトサービスブランドを表現しているそうだ。三号機以降は通常のANA塗装になる。
飛び立つところも見たかったが滑走路を走ってどっかにいっちまった。
20120104-07.jpg


あれ?また787ドリームライナー?
機体番号をズームして見るとJA802だ。おお、二番機だぜ。さっきのはJA801で初号機だった。2機しかいない787をまとめて見れるなんてついてるぜ。
20120104-08.jpg


羽田空港第2ターミナルの2階出発フロアANA 45番カウンター前に「787ミュージアム」がある。そこでは客室モックアップが設置されていて787に搭乗せずにビジネスクラスの座席にも座れちゃうぞ。1.3倍広くなった窓に最先端の電動シェード(日よけ)も見逃せない。
Made with JAPAN。日本企業の技術力が満タンのボーイング787の最先端技術や特徴について解説するパネルもあるからマニアは要確認だ。

いちばん先の景色を気軽に体験できる「787ミュージアム」は1月末までの予定だから急げよ。


ANA ボーイング787ドリームライナーは、今までのように輸送力が高く長距離を飛べるジャンボ型の航空機とは違う。機体を軽量化した事で燃費の向上し中型機で長距離を飛ぶことができて高性能エンジンによる騒音の低減とCO2を削減するスペシャル・エコプレーン。787のプロモーションサイトで見るとキャビンも快適そうだ。
乗る人と環境、クルー達すべての人に次世代を感じさせてくれるドリームライナー。
まだ2機だけだけど、2012年3月までに12機、さらに2012年度には8機をボーイング社が作ってくれる予定だからあちこちの空港で目にする日も近いぞ。


最新鋭機ANA ボーイング787ドリームライナーをもっと知りたいなら
ANA ボーイング787 We Fly 1st.787
ANAわかりやすいニュース配信
ボーイング787 - Wikipedia








タグ:飛行機 ANA 空港
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Canon S100で羽田空港のジオラマ写真を撮ってみた。   [カメラとフォト]

キヤノンS100の初陣は羽田空港だ。
飛行機飛び交う羽田空港でジオラマ写真とGPS機能を調査してきたぞ。

クリエイティブフィルターでジオラマ風を選んで撮るだけでこんな写真に。
飛行機がおもちゃみたいに映る。すげー面白い。ハイテクだハイテク(!?)。
20120104-05.jpg

ポケモンジェットもミニチュアのよう。
20120104-03.jpg


もちろん普通に撮ってもいい写真が撮れる。
シャッター押しただけでこの絵。S100は出来る子です。
20120104-02.jpg


ジオラマ写真モードオン!楽しいじゃねーか。
20120104-01.jpg


ピントの範囲を縦にするとこんな感じ。奥行きのある写真にはこっちだぜ。
20120104-06.jpg

白い機体もきっちり。主翼の光が当たってるとこもよく映っている。
コックピットのパイロットもいい感じだ。
補正はまったくなしでコレかよ。コンデジとは思えない写真だな。
20120104-07.jpg


そうそう。酷評されまくっていた期待半分のGPS機能は上々の成果だ。

S100を首からぶら下げていたのだが、ターミナル内ではマーク。まだ衛星に捕捉されてを捕捉していないようだ。
ターミナルの展望台にでるとオープンエア。
するとアイコンが点滅し始めた。衛星がオレカメラが衛星を探し始めやがったぜ。
1、2分経つとGPS衛星に捕捉された。

家に帰ってMap Utilityで確認してみると居たとこにピンが打ち込まれる。
まるでクロエに見張られている気分。
肝心の精度だが CTU の衛星じゃないみたいで数m〜数10mの誤差がある。
この辺に居たなくらいの心づもりが良いだろう。

ちなみにカメラ上部のGPSマークのとこに受信機があるからそこを真上にしておくとより早く衛星に見つけてもらえをみつけるぞ。
ビル内や屋内ではGPSで衛星を捕捉しないとのレポートが多い。
ところがだ、家でGPSをオンにしてみると…。
あら?G0100184.gif捕捉されてる。
屋内でも衛星に捕捉されを捕捉したことをマイノリティ・リポートとして報告しておくぜ。

ジオラマ動画(m4v形式)。なにせ初めて撮ったからできはぶれぶれでイマイチ。
こんな動画も撮れるよってことで。
ジオラマモードで1分撮って12秒の動画になる5倍速で撮影。長時間撮るなら10倍速、20倍速も選べるぞ。

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー