So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

水をガブガブ呑む龍『いろは呑龍トンネル』 [おとなの社会見学]

土木学会関西支部と京都府が企画した土木見学会に参加してきたぞ。

まず土木見学したのは「いろは呑龍トンネル」
のむりゅうじゃなくて「どんりゅう」って読むぞ。
水を呑む込む龍をイメージして呑龍トンネルと名付けたようだ。

呑龍トンネルとは寺戸川流域の浸水被害を軽減するために地下に設置された雨水貯留施設(地下トンネル)で「ハイブリッド式親子シールドによる長距離掘進」という面白い掘り方をしているシールドトンネルだ。一部は稼働していて浸水被害を激減させる効果がでている。
060400.jpg

立坑を上から覗いた図。うっひょーたっけーぜ。
こっちはシールドマシンの発進立坑で到着立坑はもっと深いそうだ。
060401.jpg

下から見上げたダイナミックな光景。
左側に見える黒い配管が地下に貯水した水を汲み上げるための配管だ。
ちょっと見えにくいけど写真のど真ん中にあるプレート(階段のとこだ)が満水水位でそこまで水を溜めることができる。水がたまった絵を想像するとちょっとこええな。
060402.jpg
 
シールドトンネルというとまっすぐな直線をイメージするんだけど呑龍トンネルは曲がりまくり。曲がっているワケは道路の下にシールドトンネルを掘っているから。やっぱり民家の下は掘れないそうだ。カーブがキツくなるとセグメントの幅がせまくなる。セグメントってのはシールドトンネルの壁のことで呑龍トンネルはRC(コンクリート)セグメントを使っている。
060403.jpg

直線部分のセグメントと比べるとこんな感じ。
曲線の部分は幅狭のセグメントを使ってカーブをつけていく。これだけ狭いセグメントだと一日あたりの掘進距離はごく僅かだそうだ。
060404.jpg

珍しい光景にみんな写真撮りに余念がない。
そんな中,一番余念がなかったのがオレ。最後尾でノロノロしてたんだけど土木学会スタッフもしょーがねーなーって感じで待っていてくれた。どうもありがとう。
060405.jpg

子シールドトンネル地盤改良して凍らせてから掘った穴。
060406.jpg


スタッフの左手にあるコンクリートの壁は土砂を塞き止める役目。
水が流入するとやぱり土砂も一緒に入ってくるのでここで塞き止めるのだ。
060410.jpg

さっきの満管水位のとこだ。
060411.jpg

立坑の様子は監視カメラでモニタされている。
060412.jpg

地上にでて立坑の上から覗き込むと…。
オレシルエットが見えた。2人いるのがわかるか?
060413.jpg


たまった水を汲み上げる川がすぐ脇を流れている。
意外と水量が多いけど放流するときはちゃんと確認してからするから安心だ。
060414.jpg

まいどのことだがスタッフにいくつか質問してみたぞ。

Q:なぜ水がたまっているのだ?
A:天井を見てくれ。雨が降ると立坑から水がたまるのだ。

Q:満水になるとどうなるのだ?
A:ゲートをしめて雨水が流入しないようにする。

Q:満水にならないようにポンプを動かして排水をしないのか?
A:しない。河川に状況をみて安全に排水するためだ。

Q:満水になったことはあるか?
A:ない。2010年に83%まで貯留した。

Q:泥は貯まらないのか?
A:たまる。コンクリートの壁で土砂を塞き止めて取り除く。
 

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー