So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

三次元物理探査船「資源」に再会してきた。 [おとなの社会見学]

三次元物理探査船「資源」の一般公開はたぶん2度目。
始めは2010年に公開していて、そのときもちゃっかり見学にいっているのだ。
興味があったら一回目の「資源」調査報告書も読んでみてくれ。

三次元物理探査船「資源」ってのはどんな船かというとだな。
石油探索を目的として日本の海底を三次元でマッピングしている船だ。
10年かけて日本の海域6万平方キロメートルを探査する任務に就いていて、今は2万平方キロメートルを調査済みだ。

で、どうやって探査してるかというと海底地震探査反射法。
海底地震探査反射法を3つのステップで簡単まとめるとこうだ。
1.深度6mに沈めたエアガンという空気砲で海底に向けて圧縮空気を撃込む。
2.海底からの反射をストリーマーケーブルというハイドロフォンがついた
  音波受信ケーブルで受信。
3.船内のデータ処理装置でノイズなどをクリーニング。
集めたデータは「資源」でノイズ除去などの一時処理を行ったあと幕張の技術センターで本格的なデータ処理を行って海底の3次元図面を描いていく。

三次元物理探査船「資源」の特徴的なリアビュー。
見学ルートは下から順番だ。
20120325-12.jpg
まずはフロートやエアガンが並ぶガンデッキを見学。
エアガンは鋼鉄で重たいからフロートに吊られている。
エアガンには空気線と電気線が繋がれているて、まずエアガンに空気を満タンにする。その後に電気信号で開放させることでバーンと空気砲を撃ち込むのだ。1度に28個のエアガンを同時に撃込むようだ。
ちなみにこのエアガンがお魚さんに当たってもだいじょぶみたい。

船の中段にあるストリーマーデッキに移動だ。エアガンの音波を受信するストリーマーケーブルが格納されているデッキで、でかいドラムが所狭しと並んでいる。
ストリーマーケーブルは全部で10本。長さは6000mもある。船尾から流していくと幅900m、長さ6000mの海域を調査できるようになる。

ストリーマーケーブルが絡まないようにする3つの仕組み(デジフィン・バード・ピンガー)を紹介しよう。まずはデジフィン。舵のような形をしていてお隣のケーブルとの間隔を100mくらいに制御。バードは、飛行機のフラップみたいな装置で深度を6〜10mに保つ制御。ピンガーは位置情報を送信してストリーマーケーブルの形が崩れていないか電波を出して間隔を確認する。

もうひとつリトリーバーってのがある。これはサメにケーブルが切断されたとき海底に沈みかけると浮き輪のようになってケーブルを浮かせる装置だ。ストリーマーケーブルはかなり高価なものみたい。

ストリーマーケーブルを展開するときにかかせないのがパラベイン。凧の原理でストリーマーケーブルを広範囲に広げてくれるぞ。


インストゥル・ルーム
「資源」のコントロールルーム
通常はブリッジで操船を行うのだが調査海域ではインストゥル・ルームで船のコントロールを行う。ここでは4つのチームが活動している。船の誘導、位置データを監視するナビゲーションチーム。採取したデータを判定する品質管理チームが12時間交代で24時間ミッションに従事している。

品質管理チームはストリーマーケーブルで受信したデータのクリーニングを行っている。受信したままの生データはノイズが入っているのでそのままでは使えない。そこでノイズを除去していく作業を品質管理チームが担当している。ノイズには波、サメにかじられる、地震、他の船、飛行機などいろんなノイズがあるそうだ。それを除去していくことでクリーンなデータにやっとなるワケだ。
説明してくれた女性スタッフはノイズの画像をみて「これが波のノイズです。」だって。画像みただけでノイズが判るのかよ。プロだな。


ブリッジ。
資源のブリッジは赤を基調としたトーン。
木もふんだんに使っていておしゃれな雰囲気。日本製の船とは違うな。
資源のブリッジは撮影可能なんでバシャバシャ撮ってきたぞ。
20120325-14.jpg

アジマススラスターの操作卓。
アルカディア号のような舵はなくて片手で操船できるスティックタイプ。
20120325-13.jpg


船首を見るとファンネルが見える。
資源は後方甲板に探査機材があるのでブリッジや居住区、機関は船の前方にあるのだ。
20120325-15.jpg


資源はプール完備。
ほんとにプールで夏には泳いだりするそうだ。
左には「白嶺」の青いデリックが見えてる。
20120325-16.jpg

ブリッジにあるとは思えないくつろぐの空間。
ふわふわなソファーでゆったりできそう。
20120325-17.jpg


「白嶺」と「資源」を合わせて3時間半の見学は非常に充実した内容だった。
見学会を開催してくれたJOGMECに感謝したい。
未来の日本に必要になってくるレアアースやシェールガス、メタンハイドレートなど聞いたことはあるがなんだかよく判らなかった鉱物資源を探査・調査しているのがJOGMECだ。
正直なところ活動内容やJOGMEC自体が世間にあまり浸透していない気がする。
この記事を読んだらJOGMECを覚えといてくれ。そして見学できる機会があったら是非とも参加してみてくれ。どんな質問にも判りやすく答えてくれるし、なんせみんな熱心だ。また見学会をよろしく頼むぜ。

見学会は150名ほどが参加したのだがブログ検索しても一般公開の記事がなかなかみつからんな。この辺りも知名度の低さに繋がってるのかも。


参考:説明はないけど見学のときに見た資源のビデオ
タグ:JOGMEC
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0