So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

蔵前水の館の地下でリアル下水道をみた [おとなの社会見学]

下水道局では6月を「浸水対策強化月間」としてポンプ所施設や建設工事現場の見学会を開催。そのなかで,まず蔵前ポンプ所を見に行ってきた。
あとで知ったんだけど蔵前ポンプ所は都内で唯一『リアル下水道』を見学できる施設。
そのリアル下水管は浅草橋幹線といって内径6.25m,全長は5.8kmの大きな下水道管。
062203.jpg


実はリアル下水道を見学する気はまったくなくてうっかりみてしまったのだ。
下水道のイメージは,薄暗い地下で気が遠くなりそうなニオイの中にう○こが流れている…。嗚呼。そんなとこは非日常すぎておとなの社会見学レベルを超えています。と敬遠してた。ポンプの見学だけしようと思っていたんだけど平日の真っ昼のせいなのか蔵前ポンプ場はスタッフが9割。ふらふら歩いていたら時間を持て余しているスタッフにプレスをかけられて,ついつい行ってみたら迂闊にも
リアル下水道

の見学が始まってしまったのだ。
蔵前水の館は地下施設。階段をずーっと降りていき下水道を掘削したシールドマシンの説明やマンホールの種類などのパネルが展示されてるフロアで説明を受ける。
透明なマンホールみたいなのがあってご覧くださいと言われても,繰り返すけど下水道という薄暗い地下で気が遠くなりそうなニオイの中にう○こが流れているとこは見たくないよぉ。完全にビビりながら覗き込むとただの濁った水が流れてる。なーんだ。さすがに一般の見学者には見せないよね。
062201.jpg

地下好きなんだけどこちらはご遠慮したい。満足したので地上へ戻るぞー!っとおもっていたら更に地下へ案内されてしまう。マジで?もう満足ですが…。
地下に降りるにつれて空気もどんより重たい感じに。(←気のせい)

目の前にデカイ配管が天井から床下へと貫いている。
「ここがドロップシャフトです。窓から中を見てください。水が螺旋を描いているのが判ります。」と言われましても…。う○こが回転して流れている絵を見るのはチョット…。今晩うなされてしまうよ…。

尻込みしたんだけど,もしかしてスタッフは雨水っていってる?汚水じゃなくて雨水?
ドロップシャフトを流れてるのはう○こじゃないのかよ!始めにいってくれ。
どうやら下水道=う○こというのは完全に誤解だった。オレが常識知らずなのかもだけどそう思っている人も多いんじゃないのかな?
062204.jpg

で,リアル下水道が一番始めの写真だ。
ニオイは想像していた1/100位で真夏のゴミ捨て場より全然におわない。意外だ。
水はゆっくりと流れていて例のヤツはいない。なだらかな勾配がつけてあって自然に流れるような仕組みになっているそうだ。


すっかり安心してドロップシャフトの説明を読んでみる。
落差のあるところへ水を落とすと衝撃で下水管を痛めてしまうので螺旋状に回転させながら流すことで衝撃を和らげる仕組みのようだ。首都圏外郭放水路と同じような仕組みを使っている。
062202.jpg


本当の目的だったポンプ場の見学に向かう。
大きめの部屋にポンプがズラリと並んでいた。
062205.jpg
062206.jpg

発電機1号。
といっても今は2号はいなくてコレから設置する予定だそうだ。
ポンプを稼働させるには結構な電力が必要で電力会社からだけでなくて自分たちでも発電しないといけないみたい。下水道局が実際にポンプを動かさないといけない状況は年に数回だけど試運転などのメンテナンスがあるから東京都の電力のうち結構な電力を使っているみたい。
062208.jpg

発電するためのタービン。
ジェット機のエンジンをもとにしているいかついヤツなんだけど燃料は灯油だ。なんか親近感がもてるぞ。
062207.jpg

発電するためのタービン。
ジェット機のエンジンをもとにしているいかついヤツなんだけど燃料は灯油だ。なんか親近感がもてるぞ。
062209.jpg

お土産もいただきました。
062210.jpg


下水道と聞くと敬遠しがちだけど,今回,見学してみて生活にはかかせないインフラということを実感した。下水道=う○こという誤解も解けたしな。
近年,多発しているゲリラ豪雨による浸水被害などにもばっちり取り組んでいることも判った。機会があったら見学に行って当たり前のありがたさを実感してみてほしい。

下水道局のみなさんどうもありがとう。
見学会は土日に開催してくれるいいんだけどな。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0