So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

JAMSTEC横須賀は大人気の見学会 [おとなの社会見学]

昨日の続きだ。

毎年恒例のJAMSTEC横須賀本部の施設一般公開。
昨年も見学にいったけど今年も行くぞ。
UR都市機構の都市住宅技術研究所とはしご。ギリギリ間に合うか?


今年は深海調査研究船「かいれい」と最大潜航深度7000mまで潜航できる無人探査機「かいこう7000II」が公開。早速乗り込むぞ。
052219.jpg

ちょうど海洋調査船「かいよう」の体験航海が出航。手を振りまくっている子どもたち多数。うらやましいぜ!かいようは半没水型双胴船という形でぼっかり空洞があいてる個性的なフォルム。波の影響を受けにくいそうだ。装備はJOGMECの資源と似ている。
052210.jpg


「かいれい」の操縦パネル。右側はスロットルレバーだ。
いろんなメーターがついて逆光防止のためかメーターにはすべてカバーがついていた。
052211.jpg

館内にはお風呂も完備。シャワーだけじゃなくてきちんと深めの浴槽もあったぞ。
052212.jpg


デッキには7000m級無人探査機「かいこう7000II
かいこう7000IIはビークル部とランチャー部から構成されて海底付近でランチャーとビークルに分離して調査を行う。その理由は,母船かいれいと繋がったケーブルとの抵抗でランチャーじゃ自由に身動きがとれなくなるからだそうだ。そこでランチャーからビーグルを分離して海底の調査を行うのだ。ランチャーとビーグルもケーブルで繋がり150m程度動き回れるそうだ。
操縦は母船かいれいからランチャーパイロット,ビーグルパイロット,マニュピレーターオペレータの3名で行うぞ。
052213.jpg

ビーグル部にぐぐっと寄ってみた。
CCDカメラ,デジタルスチルカメラ,広角カラーTVカメラとカメラが満載。
配線が剥き出しだけど養生するわけでなくこのまま潜るようだ。
なんというタフガイっぷり。
052218.jpg

研究所には有人潜水調査船「しんかい2000」と「しんかい6500」のコックピット(レプリカ)も展示。しんかい6500は順番待ちの列ができてる人気っぷり。写真はしんかい2000だ。レプリカでなくて本物の写真は昨年の記事を読んでくれ。


目立たなかったけど海洋感あふれるすばらしいコーナーがあった。ロープの結び方と花毛布(飾り毛布)だ。ロープの結び方は,いろいろと役立ちそうだったけどマスターできず…。書いてある紙が欲しかったよ。花毛布は初めて見たんだけどすげぇな。豪華客船などでお客様をもてなすための伝統的なサービスのようだ。折り方は人から人への伝承。ネットで探してもあんまり見っかんない。
(実は帰ってきてからコトの重要さに気がついたんで折り方を見てこなかったのだ…。) 052216.jpg

花毛布が気になったら横浜で氷川丸の生誕80年を記念して飾り毛布折り方教室が6/12に開催されるから足を運んではどうだろう?


かいようが帰ってきたから写真をとってみた。こっちが正面なんだけどそんな風に見えない。普通の船舶とはまるで違う非常に特徴的なフォルムなのだ。
052215.jpg





駆け足での見学だったが楽しめた。
海の横須賀だけにJAMSTEC施設一般公開は子どもから大人まですごい人気。パンフレットやノベルティーも充実していて足を運ぶ価値のあるおすすめのイベントだ。
そんなイベントを支えてるスタッフが非常によかった。いろんな施設を見学してるけどスタッフレベルが際立っていい。いつもは研究や実験をしているだろうスタッフがみんなに楽しんでもらおうという姿勢が伝わってくる。個人的には赤道の温度実験をしていたオジサンが面白かったぞ。


スタンプラリーのスタンプも凝っていて面白い。
アンケートの景品はマグネットクリップで「しんかい6500」と「ちきゅう」の柄だ。
今回のノベルティーNo.1はコレに決まりだ。
052220.jpg



調査報告は以上だ。
【調査対象】独立行政法人 海洋研究開発機構(ジャムステック) 横須賀本部
      神奈川県横須賀市夏島町2-15
      施設一般公開(毎年実施)




大きな地図で見る

タグ:JAMSTEC
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0