So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『大橋ジャンクション』のフルコース。【前編】 [首都高]

2010年3月に開通予定の中央環状線山手トンネル(3号渋谷線~4号新宿線)
今回で3回目となるブロガー限定プレミアム見学会のステージはそんな開通がそこまで迫った大橋ジャンクション。プレミアムに相応しく
“大橋ジャンクションのフルコース”
を堪能してきたぞ。

まずはPRルームに集合。ラッキーな見学者は20名くらい。
大橋ジャンクションの説明が始まるとさすがはブロガー達。
すかさず熱心にメモをとってるぜ。
ヘルメットを装着してちょっと現場に入っただけでさすがはブロガー達。
すかさず立ち止まり撮影開始だ。
あれー?スタッフが独りぼっちで先に行っちまってるぜー。まってー。

まずは右手に見える大橋換気所に潜入だ。
左側のビルはプリズムタワーでもう人が住んでる。
121401.jpg
ポイントA


換気所内にはデカイ換気ファンが9基。3基で1チームを組みイエローチームは排気を担当(排気は大変だから2チーム)でブルーチームは送気を担当している
換気ファン室に入ったら,なんか声の通りがおかしかったのは壁面が防音壁で囲まれているからだ。運転すると相当でかい音らしいけど相当いい働きらしい。うるさいと言っても防音対策はバッチリで騒音が外に漏れる心配はなし。上部には筒型のサイレンサーが備わっていて建屋上部の開口部からも騒音が漏れることはない。

こちらがイエローチーム。
排気をイメージした黄色だけど換気ファンを通る空気はすでに浄化されたクリーンな空気が通る。空気の流れは下から上に流れて45m上の大橋換気所のてっぺんに向かう。
ちなみに縦型の換気ファンは大橋換気所だけ。建屋が煙突の役目にもなってるから煙突もなし。神山町換気所代々木換気所などの換気ファンはみな横に寝そべってるけど仕事が楽で横になってるわけではない。

121402.jpg
ポイントB



こちらが送気担当のブルーリーダー。きれいな空気をイメージした青色だ。
空気をジャンクション内に送るのが仕事で空気の流れは上から下に流れるのだ。
121408.jpg
ポイントB



地下には高機能SPM除去装置と低濃度脱硝装置が設置。
ジャンクション内の排気ガスまみれの空気をクリーンにして大気に戻す巨大な空気清浄機を見に行くぞ。

排気ファンでひっぱられた空気はまずここを通る。つまり空気が一番ヤバイとこだ。空気の流れは手前から奥に向かった先に登場するのが高機能SPM除去装置
目に見えないくらいの浮遊粒子もエレクトロパワーでひっつけて逃がさない。
それでは扉のなかにはいるぞ。
121403.jpg
ポイントB地下


SPMを除去された空気がやってくるのが低濃度脱硝装置
ここで二酸化窒素を90%除去する。
低濃度脱硝装置を通ったあとの空気はきっと山手通りの横を歩くより澄んだ空気に違いない。この装置のある部屋は稼働すると物凄い風が吹くらしい。
121404.jpg
ポイントB地下


この活性炭で二酸化窒素を除去。働きすぎて汚れてもジャブジャブ洗って再生できるエコな設備。洗うメンテナンスもここでできるから24時間とまらない高速道路には効率のよい設備だ。
121405.jpg
ポイントB地下


もっとよく知りたくなったら「中央環状線 低濃度脱硝設備について」をみてくれ。イラスト付きでわかりやすく説明している。環境にやさしい中央環状線っぷりが判るぞ。


脱硝設備の奥は行きどまりで上をみるとフィンがみえる。
実はこの上にさっきの排気ファンがあってキレイになった空気は上に流れていく。
(さっきからピーピーうるさいと思ったらイヤホンが電池切れだ…。)
121406.jpg
ポイントB地下



換気所のなかはドラマのロケに使われそうな独特な雰囲気。無駄に広いように見えるけど装置が故障した時などに備えて重機が作業できるスペースを設けているからなのだ。
121407.jpg


換気設備を見たあとはジャンクション本線へ。
開通したら二度と歩けないループをずんずん歩くぞ。
道路にバンク(傾斜)がついていて車が走りやすいだろうけど人は歩きにくい。
ここは渋谷線から車が流入してくるとこだから逆走して歩いていることになる。

ジャンクションは舗装の真っ最中。ちなみにできあがったら舗装の厚さは8cmだ。
一見同じように見える舗装も違いがあるぞ。ループやトンネル内はすべりにくい舗装。その他は床板がコンクリートか鋼材かによって,交通量が多くなってもたわまないような舗装や雨が浸透しやすい舗装にしたりと考えられている。
121409.jpg
121410.jpg
ポイントC



ぐるぐると逆走していくと渋谷線に近づいてきた。
天井のルーバーを見てくれ。隙間があいてる明るいだろ?これはトンネルに突入するドライバーを暗さに徐々にならしていくように羽根材をつけて明るさ調整しているのだ。隙間のさじ加減で太陽光を調整する照明を使わないエコシステム。さすがはグリーンジャンクション。
121411.jpg
ポイントD



上から見下ろすとこんな感じ。左側の黒いルーバーがさっきのとこだ。反対に右側の白い屋根は覆蓋(ふくがい)区間で密閉されてる。こっちのジャンクションから流出する道。排気ガスも外に出てってしまわないように密閉してるのだ。さらに空気の流れで外にいかないようにさっきのイエローチームが誘引してる徹底ぶり。
121415.jpg


ルーバー区間の横の扉からでると大橋ジャンクションの端っこ。はじめてきたぞ。
プリズムタワーとの連絡通路。工事の人がプリズムタワーから仕事にくるときに渡ってくるのではない。将来,公園になったときの連絡通路でこの先には専用エレベーターがあるそうだ。
121412.jpg
ポイントE



ここからみると換気所はまるごと足場に囲まれていてアートな感じすらする。
121413.jpg


天空の大橋キャンパスには地元の小学生の描いた絵があったぞ。全景が撮れなかったので東京SMOOTH Diaryの大橋ジャンクション屋上キャンバス【東山小学校編】
【菅刈小学校編】の記事を見てくれ。
121414.jpg
ポイントF



そして今日も…。東京タワーがいっぱいあるぜ!
空が広くて緑化された公園になったら気持ちが良さそう。
121416.jpg
ポイントG

どうやら屋上は首都高さんの計らいで暗くなる前に見学させてくれたようだ。
そうとも知らず思い思いのペースで写真を撮りまくっていた参加者たち…。あまりにもバラバラに見学しすぎて自由見学状態だ。バラけまくっても首都高スタッフの安全管理はばっちり。どうやら勝手な見学者たちの扱いになれていらっしゃるようです。まいどのことながら急かすこともなく存分に見学させてくれる首都高に感謝。

まずは調査報告書の前編をお届けした。
後編は地下シールドトンネルの調査報告だ。


せっかくなので一緒に参加した皆さんを勝手にリンクしまくるぜ。
まだ記事をアップされていない方はアップ次第リンクだ。
それとTBできる記事にはTB打ち込みました。
※問題のある方はすいませんがご連絡ください。こちらへリンクしていただけるときはお気軽にどうぞ。

東京SMOOTH Diary(首都高オフィシャルブログ)
独り写真部。
メスライオンのお江戸でござる~(・∀・)ノ
蒼き迷走 - BLUE^ー^HIP
みちくさんぽ
mikan
It's my いろいろ
Ryuの日記の真似
takatanのブログ
読書発電所Annex



参考までに写真を撮ったポイントの地図だ。写真下のポイント◯ってとこ。
地下とか屋上とか高さがまちまちだが雰囲気ってことで。
jct_map.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0