So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

赤れんが郷土館が立派すぎておどろいた [近代化遺産]

秋田市にある赤れんが郷土館
明治45年に建てられた旧秋田銀行本店を改装して郷土資料博物館として公開している明治の洋館だ。外観はルネサンス様式が基調で1階が白磁器タイル,2階が赤煉瓦で見た瞬間ハッとするような華麗さ。
IMG_0508.jpg

館内に入るとどーんと広がった旧営業室と高い吹き抜けが出迎える。
IMG_0440.jpg

天井の装飾もスバラシイ。
IMG_0479.jpg


すべてが見所なんだけど中でも立派なのはマントルピース。
各部屋にドンと構えているマントルピースはどれも立派。
IMG_0432.jpg

こちらは2階の貴賓室のマントルピース。
貴賓室は小さいながら壁のクロス,けやきの扉など上品であり嫌みのない豪華な造り。
IMG_0467.jpg

2階に通じる階段は国産の白大理石。
IMG_0451.jpg

旧金庫室の鋼鉄製の扉の先には大金庫。
お金を守っていた大金庫も今はテレビがセットされ秋田市の歴史と文化を紹介。
IMG_0446.jpg

近代建築好きはみどころがありすぎて一日中居てしまいそうな立派な洋館だった。これで入館料200円は安すぎ。多くの洋館を見ているけどかなりの充実した洋館。わざわざ見に行く価値があるぞ。


赤れんが郷土館
●観覧時間:9:30am~4:30pm
●休館日:年末年始、展示替期間
●観覧料:200円
●交通:中央交通バス/交通公社前下車徒歩1分/無料駐車場あり

赤れんが郷土館





タグ:明治モダン
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0