So-net無料ブログ作成
近代化遺産 ブログトップ
前の5件 | -

越前三国町のステキ建築『旧森田銀行本店』 [近代化遺産]

福井県の坂井市三国町にある旧森田銀行本店。最近知った近代建築だ。

まずはいつものようにホレボレするような写真の数々を貼付けとく。
あ、いやモデルがいいのだ。モデルが。
旧森田銀行本店は1920(大正9年)年に竣工した建物で西洋建築が円熟してきた次期なので抜かりなくステキな建物になっている。設計したのは山田七五郎で横浜市開港記念会館や長崎県庁も手がけた人。
061200.jpg

銀行建築によくあるオーダーがドドーンと立ち並ぶ威圧的で重厚な造りではなく軽やかなシンメトリーな造りになっている。煉瓦造り?じゃねーな。アヤシイ積み方だ。と思っていたらやっぱりタイル貼り。
061208.jpg

大理石の社名。
061201.jpg


中に入ると広い空間。欅(ケヤキ)の1枚板で作られたカウンターが存在感ある。
今日は広々しているけど催事があるときはカウンター内がいろいろと賑わうらしい。建築好きとしては催事がないときで広々と眺められてラッキーだったぜ。
061203.jpg

つーか,すげぇ。正直あまり期待していたかったんだけど想像を超える上質な建物で嬉しくなる。館内に唯一あるイオニア式のオーダーは大理石に見えるが実は左官職人によるマーブル仕上げ。まさに職人技。天井の漆喰も見事な造り。
061204.jpg

銀行と言えば金庫。旧森田銀行本店も竹内製造の金庫を使っていたようだ。竹内製造は金庫のパイオニアで八咫烏(やたがらす)がエンブレム。
扉だけの金庫だったけど奥にあった金庫スペースは今は駐車場になっているとスタッフの方が教えてくれた。
061202.jpg


重役室にある大理石のマントルピース。
派手な装飾はないシンプルな造りだが重役室のアクセントになっている。
窓の下の装飾も見逃せないぞ。
061205.jpg

階段の手すりも抜かりなく立派な造り。
061206.jpg

二階の回廊。
残念ながらぐるっとひと廻りはできなかった。
061207.jpg

貴賓室。
床は木を合わせて作られた寄木張り,腰壁は象嵌(ぞうがん)で作られてる。大正モダンの雰囲気が感じられる品のいい部屋になっている。
061209.jpg

旧森田銀行本店は小さいながらもいいとこが詰まっていて見どころがある近代建築だ。近代建築好きにはオススメ。館内に見どころマップがあるから見ながら見学しよう。時間があるならスタッフに案内をしてもらうといい。いろいろと気がつかないことを教えてもらえる。
また見にいくぜ。今度はちゃんと案内してもらお。


旧森田銀行本店
〒913-0045 福井県坂井市三国町南本町3-3-26
電話:0776-82-0299
開館時間: 9:00~17:00
休館日:毎週月曜日
入館料:無料

タグ:大正ロマン

シモレンのホフマン窯をまるごと撮ってきた [近代化遺産]

2度の大地震を耐え抜いたタフなヤツで重要文化財に指定されている野木町煉瓦窯をみてきた。正式には旧下野煉瓦製造株式会社煉瓦窯っていうけどシモレン煉瓦窯とかホフマン窯といったほうが一般的かも。野木町役場の生涯学習課生涯学習係スタッフからホフマン窯のことをブログに書いてねって誘われたから書いとくぜ。

野木町煉瓦窯は明治23年に作られた日本にも4基しかないホフマン窯のひとつ。完全な形で残っている歴史が最も古い煉瓦造の建造物としても最大規模。野木町煉瓦窯はホフマンの考案したプロトタイプ的な窯で円形なのが素晴らしくカッコいい。今後も保存してくために9月から3年がかりの補修工事に入る。たいがい補修すると残念な姿になるから今の姿を見れる貴重なチャンスを見逃す手はない。
052800.jpg

まずはいつものように写真をベタばり。

雨空だったけどホフマン窯をよく見れたしスタッフの説明もよかった。
が!そんなスタッフの中でひとりのうるさいじーさんが邪魔だった。韓流ファンが東方神起の撮影場所で撮っていてもあっちのほうがいいからいけとか,今あっちで案内しているから行ってこいとかうるせーんだよ。好きに撮らせてやれよ。オレが写真撮っててもゴチャゴチャうるさい。ホントにオマエは邪魔。帰って孫の面倒でも見とけ。東方神起と同じアングルで撮りたがっていたのに気の毒だった。楽しかったのを台無しにする大きなお世話だ。ああいうスタッフはオーディションで落としてくれ。

一部は崩れていて内部が丸見えなのは見学するにはいい。
052801.jpg

フォトスポット。急かすじじいを無視しての一枚。
バエラとかの女性誌などの撮影にも使われたそうだ。
052802.jpg

釜の入口の上にはナンバーが刻印されている。
ここはホフマン・ナンバー6で全部で16まである。
052803.jpg

煉瓦のスロープをあがるとまるでメリーゴーランドなステキな光景が。
床には煉瓦が敷き詰められていてなんか蓋みたいなのがあるぞ。
052804.jpg

その蓋の正体は「投炭孔」といって下にある窯に炭を投げ入れるための穴なのだ。
外周にはレールが敷いてあってトロッコで炭を運んだそうだ。
052805.jpg

中心部をズームアップ。
よーくみると引っ張る金具みたいなのがわかるか?これは炭を燃焼させるときに空気の流れを制御するダンパだ。人の手で開閉していたんだって。
052806.jpg

窯の内部にも入れたぞ。ホフマン窯の内部は煉瓦のトンネル。
思っていたよりキレイだ。実際に煉瓦を焼いていた場所ですげー暑かったんだろう。煉瓦の造り高の説明をうけたんだけどイマイチ燃焼の仕組みがピンとこなかった。新聞紙でパーテーションを区切って空気の流れを制御していたみたい。
052807.jpg

煙道。
野木町煉瓦窯のホフマン窯は円形になっている16の窯で燃焼→冷却→完成→搬入→燃焼→…ぐるぐると繰り返すことで無限に煉瓦を製造できる造りになっている。
052808.jpg

言われて気がついたんだけどホフマン釜の煉瓦の積み方が珍しい。
一番したの煉瓦はよーーくやいた堅い煉瓦を使ってイギリス積みにしている。色が黒っぽいのは高い温度で焼くことで水分をとばした結果レンガが黒っぽくなるのだ。二層目は普通のレンガでイギリス積み。そして3弾目。これがフランス積みになってんじゃん。積み方が異なる方法で作られたレンガ建築物を初めて見たぞ。
052809.jpg

深谷にある日本煉瓦製造のホフマン釜も見たことあるけどシモレンのホフマン窯の帆が数倍カッコいい。(窯の内部は日本煉瓦製造のほうがいい)夏にも一般公開が予定されているんでキニナルひとは一見の価値はあるから是非見に行ってほしい。夏の一般公開も撮り納めにいきたいと思ってる。

実は以前にも見に来たことがあるのだ。前回の調査時は非常にデンジャラスだったんだけど今日は安心して見学できた。


タグ:明治モダン

三池炭鉱旧万田坑。写真を撮りまくってきた。 [近代化遺産]

九州の熊本県荒尾市にある三池炭鉱旧万田坑。
重要文化財に指定されている施設で堅坑や巻上機,レンガで作られた事務所などが今も現存する。老朽化のために2007年から保存作業をしてたのが完了。通年公開でどう変わったのか見てきたぞ。

見学するには万田坑のすぐ脇にある万田坑ステーションで入場券を購入する。入場料は400円でガイドツアーになっている。
平日の定時コースなら誰もいない貸切状態で勝手気ままに見学できると思ったら団体と一緒になってしまった。結果的には自由見学になんだったけどな。
102907.jpg

以前は廃墟テイストがたっぷり漂っていたんだがきっちり整備されていてキレイになっていた。整備されるとガッカリすることが多いのだが万田坑は程よい整備だ。
102906.jpg

この前はここから二抗にはいれたがリニューアルで立入禁止になっていた。
結構な老朽化だったので仕方ないかも。
102903.jpg

トンネルから第二抗に入る。第二抗は人員の昇降と排水,排気のために使われていた。竪坑の深さは274mもあってケージと呼ばれる乗り物で作業員は地底まで降りていった。274mをわずか1分で落ちていったらしい。ほどんど落下に近くて超怖かったそうだ。
ケージとは奥に写ってる四角い箱で定員は25人。まじかよ乗せすぎだぜ。
102910.jpg


2抗。雰囲気が残ってて安心した。
102902.jpg

ヘルメットかぶって巻揚機室に入る。巻上機もそのまんま残っていた。
102908.jpg


当時の雰囲気そのままの部屋。
写真は巻上機の操縦席。ここで地底まで人を運ぶためにウインチを操作していたのだ。
102904.jpg

深度計。ほんとに274mまで目盛りがある。
102905.jpg

第一竪坑の穴は見学コースにはなかった。見学後に見れるか聞いてみたけどやっぱり見せられないみたい。ランドマークタワー級の穴が開いてる光景は半端なくスゴかったんだけど安全面の問題で公開できなくなったのだろう。
前に見たときの写真がコレだ。地下水が50mくらい滲みでている。
思い出すだけでクラクラするぜ。
IMG_1007.jpg

荒尾と大牟田とつながる130mの地下通路。通称「桜町トンネル」
ちょっと脇にあるので意外と見過ごしがちな見学ポイントだ。実は初めて見たのだ。
今は封鎖されていて通ることはできない。
102912.jpg

万田坑のシンボルだった煙突の跡。
102911.jpg

一通り案内してもらったあとは万田坑に残って好きなだけ写真を撮ってた。
定時ツアーに参加しなくても入場券を買っていけば自由に見れそうだ。
ツアーは元炭鉱マンが中心になっている「万田坑ファン倶楽部」の皆さんがガイドしているので一度は話を聞いてみることをオススメする。深い話が聞けるぞ。

通年公開になっていろいろと見れなくなってしまった施設が結構あったのは残念だけど整備の仕方は非常にイイ感じ。近くに行ったときは是非とも見学してくれ。

関連サイト
万田坑
万田坑(国指定重要文化財)世界遺産暫定リストに掲載 | 荒尾市観光協会


以前の見学した時の報告書をリンクしておく。写真を見比べてくれ。
九州近代化遺産ツアー第3弾 特別公開,大牟田・荒尾の炭鉱遺産を調査
三池炭坑万田抗跡
タグ:炭鉱

赤れんが郷土館が立派すぎておどろいた [近代化遺産]

秋田市にある赤れんが郷土館
明治45年に建てられた旧秋田銀行本店を改装して郷土資料博物館として公開している明治の洋館だ。外観はルネサンス様式が基調で1階が白磁器タイル,2階が赤煉瓦で見た瞬間ハッとするような華麗さ。
IMG_0508.jpg

館内に入るとどーんと広がった旧営業室と高い吹き抜けが出迎える。
IMG_0440.jpg

天井の装飾もスバラシイ。
IMG_0479.jpg


すべてが見所なんだけど中でも立派なのはマントルピース。
各部屋にドンと構えているマントルピースはどれも立派。
IMG_0432.jpg

こちらは2階の貴賓室のマントルピース。
貴賓室は小さいながら壁のクロス,けやきの扉など上品であり嫌みのない豪華な造り。
IMG_0467.jpg

2階に通じる階段は国産の白大理石。
IMG_0451.jpg

旧金庫室の鋼鉄製の扉の先には大金庫。
お金を守っていた大金庫も今はテレビがセットされ秋田市の歴史と文化を紹介。
IMG_0446.jpg

近代建築好きはみどころがありすぎて一日中居てしまいそうな立派な洋館だった。これで入館料200円は安すぎ。多くの洋館を見ているけどかなりの充実した洋館。わざわざ見に行く価値があるぞ。


赤れんが郷土館
●観覧時間:9:30am~4:30pm
●休館日:年末年始、展示替期間
●観覧料:200円
●交通:中央交通バス/交通公社前下車徒歩1分/無料駐車場あり

赤れんが郷土館





タグ:明治モダン

本日晴天波穏やかなり。軍艦島にのっかってきたぞ [近代化遺産]

今日は軍艦島上陸ツアー
天気はいいが波はどうだろう?

長崎港のやまさ海運の窓口で予約しておいた軍艦島上陸ツアーのチケットを購入する。ホームページでの予約が若干不安な感じだったけど何も問題なかった。予約のときに言われた誓約書にもサインして提出。持ってこない人はその場で書いていたからスムーズに購入するためあらかじめ記入して持ってきた方がいいだろう。

注意事項に書いてあるのを知ってか知らずかヒール履きできてる人は乗船するときに片っ端から貸出し靴に履き替えさせられてた。誰が履いてるかわかんない靴はイヤーーー!って人は始めからスニーカー履いてこよう。多少でもかかとのある靴もNGだったので油断できない。

一時間ほどすると軍艦島が姿を見せてくる。
近づくと海の上に高層アパート群が立っているような姿に圧倒される。
接岸のときには近くで見れるチャンス。この辺りは見学できないところなので船上からよくみておこう。写真は端島小中学校
gunkan02.jpg

マルベージャ号はスイスイと軍艦島に近づいてドルフィン桟橋に接岸。
軍艦島の高台にある幹部の職員住宅を見ながら接岸を待とう。
gunkan00.jpg

上陸してトンネルの先はもう軍艦島ワールド。
gunkan03.jpg


一面の廃墟が目前に現れる。
たってる支柱は石炭を運んでいたコンベヤの跡で向こうに見えるのが端島小中学校。
gunkan04.jpg


ナビゲーターは長崎さるくガイド。
なんと実際に軍艦島で生活していた人で自前の資料でリアルな話を聞かせてくれる。
第一見学ポイントのみどころは山の上にある給水槽。送水管がまだ繋がっている。
いっこが海水でもうひとつが真水だったそうだ。海に囲まれた軍艦島の貴重な水源だ。
gunkan05.jpg



第二見学ポイントは総合事務所の跡地。
煉瓦の壁は大正時代に稼働していた第三立坑の巻座の跡。その跡は倉庫として使っていたそうだ。この辺りは炭坑施設があった地区だったけど崩壊しまくっていて残っている建物は少ない。

ここは記念撮影ポイント。
総合事務所と桟橋跡をバックに撮影しよう。
さるくガイドやマルベージャ号船員は気軽に写真を撮ってくれる。
gunkan06.jpg


途中,軍艦島のライフラインであった海底水道取込口の跡がある。
ここから軍艦島へ水が取込まれたのだ。
IMG_9708.jpg


第三見学ポイントからは日本最古のコンクリート建造物である30号アパートが見える。写真などで目にしてはいたけど実際にこの目で見るとすさまじい。今にも倒壊しそうなほど崩れかかっていた。長崎さるくガイドさんも「今の姿をよく見ておいてほしい。そしてまたいつか見に来てほしい」と語る。
ズームしてもわからなかったけどコンクリートの材質は貝殻をまぜたものらしい。
gunkan08.jpg

鍛冶工場跡。
IMG_0429.jpg


見学時間は1時間程であっという間に時間が過ぎる。
見学できる場所はわずかだけどまた見に来たい。
IMG_9725.jpg


帰りには軍艦島をぐるっと周遊してから帰ってくれる。
てっぺんの建物は先ほどの幹部住宅。よくみると壁が緑色をしている。当時,緑が少なかった端島に少しでも緑取り入れるように壁に色を塗っていた。
右下の窓枠2つ分の穴は石炭を掘ったときに出るボタを捨てていた穴で住居をぶち抜いている。左端には端島神社も見える。
IMG_0567.jpg


奥に不思議な階段が見える。
軍艦島の階段は各棟を行き来できるように無尽に巡っていたようだ。
IMG_0589.jpg

端島小中学校。
建物をあんなにも破壊する台風に負けないでまだガラスが残っているところもある。
gunkan10.jpg

軍艦島上陸ツアーには端島の島民だった老人が何人も参加していた。
端島に上陸して今の姿を見たひとりの老人が「涙が出る」と一言つぶやいていたことが忘れられない。無責任に廃墟スゲー!カッコイイ!など浮かれ気分で写真を撮っている俺らとはあきらかに違う思いで軍艦島を見てた。どんな思いで見ているのがうかがい知れないけど,やっと端島に上陸できるようになった元島民の人にはゆっくりと見せてあげてほしい。
IMG_9780.jpg


ちょっとした廃墟好きなのでひいき目だけど見に来てよかった。
周遊するときはちょっと軍艦島まで遠いから望遠レンズが活躍。200mmあるとよし。

軍艦島の写真を撮りまくったあとに必須な本はこれだ。
撮った写真がどんな施設だったのか写真と解説でバッチリで分かる。
軍艦島に興味を持ったらぜひとも手元に置いておきたいオススメの一冊。

軍艦島 全景
軍艦島の写真と撮った場所が記載されているまさに全景の写真集。写真以外に情報も満載で行く前の予習に、行った後の復習にオススメの写真集。

軍艦島 全景

  • 作者: オープロジェクト
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: 単行本




前の5件 | - 近代化遺産 ブログトップ