So-net無料ブログ作成
たてもの博物館 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

東京駒場の英国チューダー式洋館。旧前田侯爵邸を探訪。 [たてもの博物館]

東京駒場にある旧前田侯爵邸(東京都指定有形文化財)。
英国チューダー様式の洋館で1929(昭和2)年に竣工。旧加賀百万石・前田利為侯爵の本邸としてつくられた。侯爵とは上から2番目の爵位で男爵より3レベルも上なのだ。
設計したのは塚本靖と高橋禎太郎。

外観から圧倒的な存在感をだしまくり。レンガ造りに見えるがスクラッチタイルだ。エントランスの幅広で平たいアーチは英国チューダー様式の特徴のひとつ。あと急勾配の切妻屋根もな。
20120408-01.jpg

中に入る前に裏手に廻ってみる。
桜越しのトラディショナルなバルコニーがステキだ。
バルコニーから桜を眺めるといい眺めなんだろうな。
20120408-03.jpg

窓ガラスに写る桜。いい季節だな。
20120408-02.jpg

旧応接室。
重厚なマントルピースに大きな鏡。旧応接室そんなに広くはないが鏡のおかげで広くて明るく見える。
午後からは喫茶スペースになるから見に行くなら午前中がおすすめだ。
20120408-04.jpg


旧大食堂。
入った瞬間、息をのむ素晴らしさ。
木を基調とした暖かみのある部屋は存在感のあるマントルピース、背の高い腰壁、主張しすぎないシャンデリアで飾られている。
20120408-10.jpg

おとなりは旧小食堂で家族の食堂のようだ。
食器棚には葡萄の装飾など施されている。扉の奥から食事が運ばれてくるみたい。
20120408-08.jpg

階段の下にある空間にもマントルピースとソファー。
ちいさいシャンデリアと窓にはステンドグラス。
細かいところまで見応えのある洋館だ。
20120408-20.jpg


外からの光が高い窓から差し込んでいて明るい。もちろん窓にはステンドグラス。
20120408-11.jpg


窓から中を外を見ると洋館の内側が望める。
見えない内側も手抜きなし。明かりとりの窓もかわいいじゃないか。
20120408-12.jpg


旧書斎は外からの見学。
内装はヨーロッパ調の装飾が多い。
20120408-14.jpg


見どころのひとつ「シャンデリア」
それそれの部屋で趣が違うので見逃さないように。
20120408-30.jpg20120408-31.jpg


見どころのひとつ「マントルピース」
それそれの部屋で趣が違うので見逃さないように。
20120408-27.jpg20120408-28.jpg20120408-29.jpg

みどころ盛りだくさんの旧前田侯爵邸。
あちこち洋館は見てるけど、トップクラスの充実感のある洋館だった。
是非ともカメラを持ってでかけていただきたい。

旧前田侯爵邸
開 館:9:00〜16:30
休館日:月曜日・火曜日
入場料:無料
撮 影:OK。
パンフレット:あり
駐車場:周辺の100パーキング。
建築ガイド:土曜と〇曜日(わすれた)
喫茶:カフェ・マルキス(11:30~16:00 日曜営業 )
   ※マルキスってのは侯爵(こうしゃく)のことだ。


洋館や近代建築を探訪しまくるウォーカー達に超おすすめなのが「東京建築さんぽ
探訪ルートが判りやすくてマップが見やすい。始めて行っても迷わない。
メジャーからマイナー級までエリア内の建築を網羅。
なにがいいって建物写真1点に最小限の説明。「その目で見てこい」的なとこ。どーよ?すげーだろ写真にマニアックな説明もいいが、建築さんぽにはこのくらいの本がぴったりだ。本屋見つけて立ち読みせよ。

東京建築さんぽ

東京建築さんぽ

  • 作者: 松田 力
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2011/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:昭和レトロ
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

神奈川県立歴史博物館『エースのドーム』内部調査してきた [たてもの博物館]

緑青のドームが目を惹く神奈川県立歴史博物館は、旧横浜正金銀行本店。
設計したのは妻木頼黄(つまき・よりなか)。横浜赤レンガ倉庫も妻木頼黄の設計だ。

神奈川県立歴史博物館の見学ツアーで旧横浜正金銀行本店の建物を見学してきたぞ。
詳しい報告は後日だ。
20120303-01.jpg

横浜3塔と呼ばれるジャック(横浜市開港記念会館)、キング(神奈川県庁)、クイーン(横浜税関)よりの歴史が古く、3塔に肩を並べる実力のあるエースのドーム(旧横浜正金銀行本店)
1904(明治37)年に建てられて関東大震災や戦災を生き延びた建物なのだ。
20120303-02.jpg

入口の階段を上ってすぐにあるステンドグラスも見事だ。
20120303-03.jpg


階段室の親柱。
20120303-06.jpg


ドームを飾っているのは悪そうなドルフィン。火除けなのか?
20120303-05.jpg


屋上からは近くの建物がよく見える。神奈川県立歴史博物館は以外と高層。
20120303-07.jpg

40分くらいの見学会だったがなかなか楽しかった。学芸員の説明もよかったぜ。
地下は撮影禁止だったのが残念だ。地下には大きな扉の金庫がある。東京市の馬喰町にあった竹内製造(現在はなし)の金庫で八咫烏がエンブレム。

タグ:明治モダン
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

銀座・日本橋のレトロ建築を散歩気分で撮ってみた。 [たてもの博物館]

先日、見に行った三菱倉庫株式会社の本社ビル『江戸橋倉庫ビル』の棟屋はすっかり覆われてしまっていた。
20120228-01.jpg

百貨店建築では始めて重要文化財に指定された高島屋東京店
設計者は高橋貞太郎で1933(昭和8)年に竣工。
20120228-02.jpg

角の曲線がなんとも美しい。
20120228-03.jpg

玄関部分の装飾は細部にわたって凝っていて見応えがある。
20120228-04.jpg


斜め前には旧川崎銀行本店(現在は三菱UFJ信託銀行)
1927(昭和2)年に矢部又吉の設計でたてられた。川の文字が判る。
愛知県の明治村に一部が復元保存されている。
20120228-05.jpg


明治屋ビル。日本の近代建築の礎を築いた工部大学校第一期生のひとり曾禰達蔵(曾禰・中條建築事務所)が設計したビル。
曾禰達蔵は、数多くのオフィスビルを設計している。決して目立つことはないが機能的な建築が多く明治屋ビルもそのひとつだ。
京橋では再開発が進んでいるが明治屋ビルは耐震化と修理工事を実施して保存される安心だ。
写真を撮るなら隣にデカいビルが建つ前にいくことをおすすめする。
20120228-06.jpg

20120228-07.jpg


20120228-08.jpg

20120228-09.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

銀座に残る昭和レトロ建築。旧銀座アパートメントを撮影。 [たてもの博物館]

銀座・日本橋の街はたてもの博物館。和光や日本橋高島屋、三越などのビックネームはもちろんだが明治屋や川崎銀行本店も抜群の存在感で脇を固める。

そんなカリスマ建築がある大通りから一歩裏に入るとノスタルジックなレトロ建築が。
まずは、1932(昭和7)年竣工の銀座アパートメント(現:奥野ビル)
同潤会アパートの面影があると思ったら青山同潤会アパートを設計した川元良一の建築だ。川元良一は九段会館の設計者でもある実力者。
20120228-01.jpg

さっそくなかに入ってみよう。
入りにくいと思っていたけど画廊やアンティークなテナント、デザイナーのオフィス集まるアートスポットになっていて次から次へと人の出入りがあるから気軽に入れた。
20120228-02.jpg


非常に珍しいエレベータ。なんと扉を手で閉める手動式だよ。
だから行き先ボタンのとこに開閉ボタンがないのだ。
びびって乗れねぇ…。階段で上がるぞ。
20120228-03.jpg


レトロ感あふれる階数表示。ステキな建築は必ずと言っていいほどエレベータがおしゃれなんだよな。ああ、三信ビルが懐かしい。
階によってデザインが微妙に違っているから見逃すなよ。
20120228-04.jpg

階段室も昭和レトロ感がたっぷり。
主張しすぎない親柱のデザインが逸材。同潤会の階段室もこんなだった。
20120228-02.jpg

もともとはアパートだったので造りはシンプル。
20120228-05.jpg


いまは、アートスペースなので個性的な部屋が多い。
古くても荒廃的な感じはしなくってポップな明るい感じを受ける。
20120228-06.jpg


空き室を覗き込むと窓の向こうには時間が止まったままの部屋があったぞ。
20120228-07.jpg


奥野ビルの特徴のひとつは階段だと思う。
20120228-08.jpg

階段の途中に窓があって窓の向こうは階段なのだ。(うまく伝えられん。)
階段がシンメトリーになっている造りになっている。
アパートが2棟くっついてるのだよ。(さらに判らんか。)
20120228-11.jpg

7階に行く階段。立入禁止。
20120228-10.jpg


思い切ってエレベータに乗る。エレベータ自体は新型なので安心した。
扉をしめて蛇腹のカーテンを閉めて行き先ボタンを押す。
動き出すと黄色の蛇腹の向こうには、むき出しのコンクリートが…。ややビビる。
20120228-09.jpg

こんなにも昭和レトロ感を味わえるビルが銀座にあったとは驚きだ。
近代建築好きにはおすすめしたい。さすがに老朽化はしているが大切に使われている奥野ビル。またゆっくりと見に行きたい。

建物自体をバシャバシャ撮っていたのはオレくらいだったがアートスペースという建物上、怪訝な視線を浴びせられることはなかった。(っと思う)
暗いから明るめのレンズがいいぞ。
タグ:昭和レトロ
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本橋のレトロ船。江戸橋倉庫ビルが解体開始された。 [たてもの博物館]

三菱倉庫株式会社の本社ビル『江戸橋倉庫ビル』
江戸橋倉庫ビルは1930(昭和5)年に竣工した建物で屋上のファンネルや船首を思わせる曲線など船体を感じさせる個性的な外観のビルで今でこそ当たり前になったけどトランクルームの先駆けなのだ。

老朽化を理由に外観だけ残す丸の内によくあるハリボテ方式で解体・保存で高層ビルになる。80年の歴史ある八重洲ビルをぶっ壊して20年前に自ら壊した三菱1号館のレプリカを作りあげて誇らし気な三菱らしい。まったく不細工な話だな。
20120128-01.jpg


外観はほんとステキ。設計した当時の三菱倉庫建築課はセンスいい。
江戸橋倉庫ビルは解体が進んでいて周囲はフェンスで囲われていた。隙間から覗き込むと地下はスカスカ状態。高いフェンスじゃないから写真はまあまあ撮れる。
20120128-02.jpg


江戸橋からみると川から荷揚げしていた名残っぽいところがみえる。
20120128-04.jpg


個性的な棟屋。ビルでいちばん高いとこで誇らしくいられるのはこれで最後。
20120128-05.jpg


側面にひと窓だけベランダ仕様。
20120128-06.jpg


窓の配置も整然としていて美しい。アーチ型の鉄扉もステキだな。
20120128-03.jpg


船から荷揚げた荷物はここから運ばれたのかな。
中はフェンスで見れなかった。
20120128-08.jpg


おっと、作業車が入るときに中が見えた。ぶっとい柱がちらり。
20120128-07.jpg


江戸橋倉庫ビルの解体は着々と進んでいるようだった。
写真を撮っていると警備をしていたおじさんが「みんななくなると思ってるみたいだけど江戸橋倉庫ビルはなくならないよ。」と日本橋ダイヤビルディングの完成イメージを印刷した紙をわざわざ持ってきてくれた。ありがとう。

なくならならないのはよかった。でもハリボテには興味がないんだ。
完成イメージ図からは船に見えないしね。
フェンスに囲われる前に見に来とけばよかった。

歴史のある建築物が続々と姿を消していく。
いろんな事情があるとは思うがレトロ感溢れる個性的な建物を壊しては同じような味気ない高層ビルをニョキニョキ作っていく今の建築はつまらない。

レトロ建築はいつ取り壊れれるかわからない。あっという間にフェンスで囲われて重機で壊されていく。思い立ったら週末にすぐ見学したほうががいいぞ。

タグ:昭和レトロ
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | 次の5件 たてもの博物館 ブログトップ