So-net無料ブログ作成

めったに見れない場所のスペシャル・ネームプレート写真集。 [銘板]

カテゴリーを追加して一回書いたっきりの銘板(めいはん)シリーズをひさびさに紹介だ。今回は銘板の写真にカーソルを乗っけると銘板が貼付けてあるマシン・設備の写真も見れるようにバージョンアップしたぞ。

まずはミサイルの銘板。日常生活ではまずお目にかかれない。
呉のアレイからすこじまの海上自衛隊 練習艦やまぎりのアスロックラチャーだ。
スペックじゃなくてマニュアル的な銘板でよくみると文体が特徴的。
「〜ください」口調じゃなくて「〜やれ」口調。規律正しい自衛隊らしい銘板だ。

20100502-03.jpg


次は、三鷹にあるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の風洞設備。
レトロなフォントがカッコいい。



大阪港夢洲トンネル



世界最長の海底トンネル「青函トンネル」のメモリアルな銘板は青函トンネルの非常用通路でみつけた。
掘削したときにはじめて貫通したポイントの記念すべき銘板なのだ。



世界最強の戦闘機といわれたF−15イーグルの部品に貼付いていた。
マクダネル・ダグラス社からライセンス生産で日本のメーカーで生産しているようだ。



銘板ってのは意外と目立たないところに貼ってあるから見過ごしがち。その控えめな感じがまたいい。写真集っていう割にショボくね?って感じだけど出し惜しみしてるのだ。これからもご機嫌なコレクションは続くぞ。

銘板。それはマシーン達のIDカードだ。 [銘板]

ここのところ抽選に外れまくって調査報告ネタが停滞中。
そこで今までの調査先で見つけたら写真を撮っているモノを紹介しよう。それは
銘板(めいはん)』
銘板ってのは装置の自己紹介をしているネームプレートのことでスペックや製造番号,製造メーカーなどが書かれているプレートで機械や盤の隅っこにひっそりと,もしくは目立ところにドヤ貼りされている。

最新式のインテリジェントマシーンから,いにしえの古代メカまでジャンルを問わず銘板を紹介していこう。

plate002.jpg首都高速中央環状線大橋ジャンクションでみつけた銘板。大橋JCTが開通する前に開催された見学会で発見した銘板で巨大な縦型ファンについていた。
型式,口径,風量,前風圧,回転数,最大出力などが書かれている。
川重ロゴはフライングKカワサキ。
plate001.jpg製造メーカーは川崎重工と富士電機。
こっちの川重ロゴは川の字を「川」を図案化したリバーマークだ。



plate005.jpg歴史のある銘版もある。万田坑の変圧器
前田電気工業の製造だ。
plate004.jpg
plate003.jpgこちらは戸上電機製造所の製造した防爆型手動配電○って名乗っている。なんだかわからない…。



また続編をお届けするぜ。

思ったんだが銘板だけの写真だとなんだか判んねーな。
続編は本体の写真もつけるか。