So-net無料ブログ作成

入間市の近代建築「旧石川組製糸西洋館」の特別公開。 [たてもの博物館]

入間市にある旧石川組製糸西洋館。
全国有数の製糸会社であった石川組製糸の迎賓館である。
設計したのは東京帝国大学で建築を学んだ川越出身の室岡惣七。

入間市西洋館は不定期で見学会を開催していて今日は通常は公開してない2階も特別公開とあって雨空にも関わらず多くの見学者がいたぞ。
20120609-01.jpg

階段室は豪華ってことじゃないが木の感じがいい雰囲気だ。
20120609-08.jpg

二階のホールは寄木作りの床になっていた。大きな窓で採光されてるから天気が悪い日でも明るいぞ。
階段の親柱に注目だ。これは糸巻きか?製糸工場らしい粋な装飾だ。


シャンデリアは創建当時のもの。
20120609-03.jpg

二階の大広間にはステンドグラス。
外からは見えないところにあるステンドグラスなので2階の特別公開のときだけ見れる。ステンドグラスは4枚あって蘭・梅・竹・茶をイメージしているみたいだ。なぜ茶って?ここは狭山だからだ。



一階の食堂と大広間の天井がおしゃれ。


よく見ると木枠に雷雷文も模様が。珍しい。
その他にも調度品に統一感のある意匠が凝らしてあって見逃せない。
20120609-09.jpg

二階の貴賓室は、破損が著しく非公開。
将来的には修復して公開を考えているようだから期待したい。

雨だったので外観はうまく撮れなかった。
晴れた日にまた公開してくれよ。
タグ:大正ロマン
nice!(0)  トラックバック(0)