So-net無料ブログ作成

宇奈月発電所でぐるぐる廻る発電機を見学 [おとなの社会見学]

関西電力北陸支社が「発電所を見に行こう!」ってことで宇奈月発電所体験見学会として黒部川電気記念館と宇奈月発電所の内部見学会を6月より開催する。ちょうど今日から始まるようだ。いいタイミングなので見に行ってきた。
発電所の内部見学では目の前にぐるぐる廻っている発電機をみれたりと思っていた以上の見学ができた。
20120602-02.jpg



集合場所は、黒部渓谷鉄道宇奈月駅のすぐそばにある黒部川電気記念館。
駐車場はちょっと手前にある富山地鉄建設宇奈月駐車場が安くていいぞ。
張り切り過ぎて1時間前に到着。受付をすると2番目だった。
20120602-21.jpg


宇奈月発電所の「発電所を見に行こう!」ツアーは今日が初日とあって参加者より関係者が多かった。研修会のようなツアーが開始だ。
黒部川電気記念館と独楽園は待ち時間に見てたのでまあ普通な感じ。ガイドがめちゃめちゃ緊張していたぞ。リラックスで。

1923(大正12)年に完成した旧山彦橋から眺めるトロッコ列車。
たまたまの通過なのでタイミングがよくないと見れない。せっかくなんだからツアーの時間をトロッコの通過時間に合わせればいいのにな。
20120602-09.jpg

以前、トロッコが走っていたやまびこ遊歩道を歩いていく。
途中の明かり穴から見える新山彦橋がダイナミックだぜ。さらにトロッコ列車が通過して驚いた。


この先にある発電所を冬期も管理するため歩道。
もちろん歩いてみる。狭くて真っ暗だったぜ。
20120602-05.jpg

展望台からは宇奈月ダムが一望。
ダムの仕組みをみるとそれぞれのパーツの役割分担が判る。
20120602-22.jpg

宇奈月発電所の入口。
発電所体験見学会だと中に入れるのだ。
20120602-07.jpg

早速、発電所内を案内してもらう。
消火栓みたいなのが見えるけどあれが発電機のてっぺん。


水圧鉄管。このぶっとい鉄管の中を水が流れる。
今も流れているようだが音は聞こえない。触るとひんやりして気持ちいいぞ。


メンテナンスをするためのケーシングマンホール。
20120602-12.jpg


発電機の主軸が目の前でぐるぐる廻っている。
ガラス越しとかじゃなくてモロ目の前でみれて迫力あるぞ。
20120602-01.jpg

宇奈月発電所の心臓部「同期発電機」
同期発電機の中もぐるっとひと回り。すごい暑くなるみたいで冷却器に囲まれていたぜ。外は静かなんだけど中に入ると冷却器の音がうるさい


発電所も停電すると困るらしい。発電機も装備。
20120602-18.jpg

宇奈月ダムは重力式コンクリートダム。がっちりとしたプロポーション。



「発電所を見に行こう!」ツアーの関係者御一行。
20120602-23.jpg


宇奈月発電所体験見学会は、黒部川電気記念館で先着10名の受付ってのはよくねーな。せめて電話予約をしてほしい。せっかく行ったのに満席だともう二度と行きたくなくなる。
宇奈月発電所のそばにある大夢来館から操作室がみれるようだがコースに入ってないのでみれない。発電所で解散してくれればいけるんだけど戻ってからまた来る気にはなれない。意外と遠いからな。

宇奈月発電所体験見学会はおすすめか?と問われるとそうでもない。ワイワイと楽しかったんだが道のりが長いこともあって間延び感がある。今度は、もうちょっと中身のある見学会を期待してるぞ。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー