So-net無料ブログ作成

型破りなシールドマシーンが地下40mを掘削開始。 [おとなの社会見学]

東京都下水道局が6月の「浸水対策強化月間」で建設工事現場見学会を開催。
見に行ったのは「東大島幹線及び南大島幹線その2工事」
建設中の小松川第2ポンプ場〜大島ポンプ場の間をシールドマシーンで地下40mにトンネルをつくる。

施工するのは鹿島建設
鹿島建設の現場見学は一度もハズレがない。現場スタッフがいい人ばかりだったので期待している。

大島幹線のシールド掘進機が型破り。親と子のダブル・シールドにDO-Jetという掘進しながら地盤改良しちゃう特殊噴射装置を搭載しているのだ。地下40mでじっくりと見学してきたぞ。
20120628-01.jpg

見学は15:00から開始で参加者はちょっと少なめだ。
近所の小学生が先に見学していてリアル・アース君と記念撮影していた。
さてと。シールドマシーンがいる地下40mまで降りていくぞ。
20120628-11.jpg

階段で10mくらい降りてからエレベーターで地下40mまでいく。
40mというとビルでいうと14階くらい。昇降階段もあるけど遠慮しておこう。
注意書きにあるけど思っていた以上にガタと動きだしてちょっとビビる。


1分くらいで地下に到着。現場用のエレベータとしては高速のようだ。
エレベーターを下りるとRCと鋼製セグメントで作られたシールドトンネルの光景が。何度見ても、異空間な雰囲気が漂っていていいね!
ん?奥にいるのはシールドマシン?
20120628-04.jpg

まさかシールドマシンを見れると思わなかった。ラッキーじゃないか。
多くのケーブルや土砂を運ぶ配管が繋がっている。
発進後すぐに急曲線R=40mをとなるためにセグメントは特殊鋼製を使っている。セグメントの内側と外側の厚みを変えることで曲線を描くのだ。
20120628-06.jpg

セグメントを載せて運ぶ台車。
掘削が終わるまでシールドマシンのすぐ後ろをお供する台車だ。
20120628-05.jpg

台車の操縦席。
20120628-07.jpg

掘進したばかりだから反力材がまだある。
シールドマシンはこの鉄骨を支えにしてジャッキで掘進するのだ。
20120628-08.jpg

上を見上げてみる。この穴からシールドマシンを分割して運びいれた。
コンクリート自体はケーソン工法で沈下させたのでキレイな施工だ。
20120628-09.jpg

掘削現場を見学した後は監視室で工事の概要やシールドマシンの特徴などを教えてもらう。あー。現場に行く前に知りたかったことばかり。
親子シールドとかDO-Jetなど現場で状態を見たかった。

地上からシールドマシンの状態を監視する装置をちょっと見せてもらった。
掘進管理システム「ARiGATAYA(アリガタヤ)」というので管理してるようだ。
制御シーケンサは三菱製MELSECを使っていた。
20120628-10.jpg


今回も鹿島建設スタッフは素晴らしかった。
現場であれこれ聞いてもしっかりと判りやすく答えてくれる。
忙しいところ、いろいろと教えてくれてありがとう。お邪魔した。

東京都下水道局のスタッフも説明上手。
浸水対策の大切さや大島幹線工事についてよく判った。


一緒に見学したひとのブログ記事をひとつだけみつけた。
軽探団(ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団)雑記帖

一眼レフがそこそこ居たから記事を書いているひとがもっと居ると思ったがひとつだけ。いい写真が撮れたら自慢してくれよな。
テレビ朝日も取材に来ていたようだが目にしなかった。

調査報告は以上だ。

豊玉の進水対策工事。発進直前の泥土圧式シールドマシン。 [おとなの社会見学]

6月は進水対策強化月間。雨期に備えて浸水対策PRでいろんなイベントが開催。
その中でゲリラ豪雨などの大雨から都市を守る新しい下水道管をつくっている工事の見学会にいってきたぞ。

工事現場は練馬区豊玉の浸水対策工事。地下15mをシールドマシンが掘削する。全長は1.0kmで4000tの雨水を貯水できるようになる。
最後は、前に見学したシールドトンネルと繋がる長大な浸水対策施設になるのだ。
20120625-01.jpg

立坑を上から覗く。深さは11.26mの出発立坑だ。
シールドトンネルをつくるセグメントを保管するヤードも兼ねるみたいだからちょっと大きめのようだ。セグメントはRCセグメントで1リング6分割みたい。
先におりているのは豊玉第二小学校の四年生。元気がいい。
20120625-02 .jpg

真新しいシールドマシンが見えてきた。発進前だからキレイだ。
20120625-03.jpg


なかなか見れないシールドマシンにタッチ。
こんだけ地下見学してても発進前のシールドマシンを見る機会は稀なのだ。よくみとけよ豊玉小学生。
まんなかの黒い部分はシールドマシンを曲げるときに使う中折れ機構。今回のシールドトンネルは結構曲げるようだ。
20120625-04.jpg

カッターフェイスもまるみえ。
20120625-05.jpg

地底から見上げてみる。
鉄骨がしっかりと土留めをしている。
20120625-06.jpg

シールドマシンの後部。
ここにパイプが繋がって掘削した土砂を運び出すのだ。
20120625-09.jpg


地上では浸水対策について啓蒙をはかる雨ますくん。
道路の脇に見かける雨水ますに葉っぱが詰まったり、車のブロックを置くと流入が妨げられて浸水の原因になる。塞いだり、ゴミとか捨てんなよ。
20120625-07.jpg

施工している大木組、発注者の東京都下水道局のスタッフどうもありがとう。
少ない見学者にも親切に対応してくれた。
20120625-08.jpg

豊玉第二小学校はしっかり見学してたな。楽しかったか?
オレよりヘルメットが決まってるじゃないか。
おとなになったら大木組か東京都下水道局のおじさんと働いてみるんだぞ。
20120625-12.jpg

ANA機体工場見学で海外出発前のB787ドリームライナー。 [おとなの社会見学]

大人気の社会見学である「ANA機体工場見学」にいってきたぞ。
あんしん、あったか、あかるく元気な全日空の機体工場見学は子どもからおとなまで楽しめる見学会で数ヶ月先まで予約が埋まりまくっているほど大人気だ。
ana.png

写真撮影は自由だがブログに掲載する前に、ANAに送って確認してもらう必要がある。これは個人情報保護から他の見学者やアテンダントさんの名前や顔が写っていないかとか、他社の飛行機が写ったりしてないか確認をするから。決して機密情報や見られちゃまずいとこが撮られていないのか検閲しているのではないぞ。


機体メンテナンスセンターまでは東京モノレール新整備場駅から徒歩15分。
近くに駐車場はないからモノレールがおすすめだ。

ANAの機体工場見学は“お話会”から始まる。
お話会では、フリート(航空機材)の紹介や新世代機「ボーイング787」の特徴などをクイズを交えながらMAのおねいさんが案内してくれる。
(MAってのはメンテナンス・アテンダント。オレが勝手に名付けた。)
クイズに正解するとボーイング787ドリームライナーの下敷きを貰える。難しいクイズと超簡単なクイズの2問で結局のところ全員に配るというANAの懐の深さ。
20120622-16.jpg

ヘルメットを被って機体工場へ向かう。
途中には「カフェテリア・プレジール」というおしゃれな社員食堂(?)が営業中。フランス語で喜び。残念ながら利用は出来ない。

ここは第1格納庫。どどーんとだだっぴろい。100m×230m×42.4mの広大なスペースに柱が1本もないのが特徴だ。第1格納庫は航空機を最大7機も格納できるそうだ。となりにある第2格納庫には3機駐機できる。

第1格納庫でメンテナンス中の飛行機。足場に囲まれて姿が見えにくい。
頭隠してケツを隠していないこの飛行機「ボーイング767」。テールコーンの形がアイスのコーン型で丸くなっているのが特徴。テールコーンの中は小型エンジンが入っていて飛行場内の移動や機内の電力をまかなう発電機にもなっているそうだ。
20120622-03.jpg
垂直尾翼はかなり薄っぺらい。コックピットのラダーペダルを踏むとクイッと曲がって飛行機を左右に曲げる。


となりでメンテナンス中の機体は「ボーイング787」
機体に堂々と787と書いてあるからすぐ判ったぜ。
20120622-04.jpg

整備士がメンテナンス中の787。
主翼や胴体の下は危険だからダメだけど、ここまでどーぞどーぞとMAさんがすげー近くまで寄らせてくれた。ありがとう。
B787の特徴のひとつは窓。従来は6枚だった窓を4枚の曲面ガラスを採用したことで広くて大きい視界を確保している。ワイパーも縦型になっているぞ。
20120622-05.jpg

貨物室オープン。ここでも整備士がきっちりとメンテナンス中。貨物室には、手荷物用のカーゴとは別にエアコン完備のバルクカーゴという特別な部屋もある。ここならペットやパンダも安心だね。
20120622-06.jpg


バタン。貨物室クローズ。787の文字がひと際目立つ。
三号機からの通常塗装にも機体をアピールするために胴体前部に‘787’とペイントすることになったようだ。いいね!
ちなみにたまに見かけるポケモンの塗装は伊丹で塗装しているそうだ。
20120622-07.jpg

787のエンジンを正面から。回転方向は時計回りで真ん中のマークはバードストライクを防止するための「鷹の目」
絶好の記念撮影ポイントでみんながMAのおねいさんに撮ってもらっていた。
20120622-08.jpg

ロールスロイス トレント1000。RRのロゴがカッコイイ
横から見ると後ろの波形カットがおしゃれ。シェブロンノズルというみたい。
おしゃれ効果はおまけで本来は騒音低減の効果があるのだ。
20120622-09.jpg


独特なフォルム。
まだ焼き付いていないのかブルーな色が映える。
20120622-14.jpg

テールノーズもちょっと独特だな。
20120622-15.jpg


外を見ると岡山から飛んできたボーイング787。
飛んでる姿はあまり見たことなかったからウレシー。
ANAのボーイング787はいまのとこ7機飛んでいる。
20120622-10.jpg

メンテナンス中のB787は羽田=フランクフルト線の機体。
昨日、フランクフルトから飛んできた機体で機材変更のためにいるようだ。
見れてラッキーだった。
20120622-11.jpg


ボーイング787にぞっこんだったワケだが、もちろんその他の機体もメンテナンスしていたぞ。これは全日本空輸で唯一のエアバス機A320-200。ヨーロピアンな飛行機だ。
主翼の先っぽがウイングチップフェンスという空気抵抗を改善して燃費を向上する形状になっている。
黒い棒みたいなのは放電針。飛行機に帯電した静電気を放電して無線のノイズを低減したり落雷の危険から機体を守る。
20120622-12.jpg
右側に見える緑色のはナビゲーションライト。右翼はグリーンで左翼はレッドと国際的に決められていて飛行機がどちらに進んでいるのかパイロットが目視で確認できる。



20120622-13.jpgボーイング767はANAの中で一番多い機体で様々な路線で活躍中。60機ほど所持している。
ルーキー整備士が教官から技術を学んでいる。安全・安心のために頑張っていただきたい。
整備士は、機体ごとの専門でなく国家資格を取得すれば777でも787でもメンテナンスできるそうだ。



ANA機体工場でラッキーな見学」でも書いたけど機体工場見学で知っておくと得するかもしれない情報を書いとく。

1.クイズは意外と難しいぞ。
 お話会のクイズでもらえるプレゼントは毎回違う。
 3択問題だけど意外に難しい。周りをよく見て手を挙げよう。
 MAさんがやさしくヒントをくれるから聞き逃すな。


2.ショップ限定のグッズもあるぞ。
 見学後でも購入できるから慌てて買わなくてもいいぞ。
 グッズだけ欲しい場合はショップだけの利用も出来そうだ。


3.カメラは是非とも持っていこう
 早々見れるとこじゃないからカメラはお忘れなく。
 基本的にどこを撮ってもいい。
 ブログ等で公開する前にはトラブらないように掲載前に、
 kengaku@ana.co.jpに送って確認を。

 
4.質問はその場で。
 格納庫を出ると機体工場見学は終了。
 質問タイムはないからMAさんの説明の合間にその場で聞こう。
 「質問ありますかー?」と聞いてくれたけど写真撮りに夢中だった…。
 どうして聞きたい質問があったらメールでも丁寧に答えてくれるぞ。


5.撮影は意外と自由に撮れるぞ
 MAさんがシャッターを押してくれるからぜひ記念撮影を。
 エンジンの真ん前で写真なんで機体工場でないと撮れないぜ! 
 自由といってもMAさんの注意をよく聞けよ。
 立入禁止ロープがないからといって機体の下などに立ち入ってはダメだ。



今回の配色、気がついた?
RGBコードで、#1C2F8D#00AAE1でANAっぽい色使いに。
Boeingっぽいフォントもあるから探してみてくれ。
wpo787.jpg
タグ:ANA

雨空の東京スカイツリー。眺望?雲で何も見えねーよ。 [おとなの社会見学]

連日、話題をさらっている東京の新ランドマーク「東京スカイツリー」
事前予約で当選したから登ってきた。当選倍率は6.1倍だったようだ。


日本で一番高い展望台からの眺めはどーなんだ?
東京スカイツリーの眺望を楽しみにしてたんだが…。ご覧の有様だぜ!
地上350mにある第一展望台すらみえねぇ。
20120622-01.jpg


朝一番だったのでスタッフがお出迎え。
全体的にスタッフの数は多くて誘導に抜かりがない。
20120622-21.jpg

地上から第一展望台までの350mを結ぶ40人乗りの超高速エレベーターは東芝製。分速600mの速さで空までたった50秒!エレベータは4機あって、それぞれ四季をモチーフにした内装になっている。
春は桜、夏は花火、秋は鳳凰、冬はスカイツリーと都鳥。
乗ったのは春でこんな感じの和モダン。
20120622-22.jpg

東芝エレベータの広告。
「驚きの大きさ」篇
「心地いい静かさ」篇
「快適なスピード」篇



超高速エレベーターであっという間に350mの第一展望台に到着。扉が開くと…。
真っ白。何も見えねよー。
20120622-23.jpg

第一展望台は和テイストが散りばめられてる。躯体もうまくペイントされていて和モダンを表現する一部になっているようだ。
20120622-13.jpg


見えないだろうけど第二展望台にも混む前に行っとこう。料金は1000円。
朝一と雨天のこともあって待ちなし。受付も多少ヒマそうだ。
20120622-14.jpg


地上350mの第一展望台と日本で一番高いとこにある地上450mの第二展望台を結ぶエレベーター「天望シャトル」は日立製。エレベーターには日立のエンジニア。悪天候で天望シャトルを停止させることが多くて常駐しているようだ。ご苦労様。
強風で運転をしないのは安全設計で安心ってことだぞ。地上450mで強風でもガタガタ動かれるエレベーターの方がこええから。
20120622-15.jpg


「天望シャトル」おすすめの乗り位置は奥だ。
上を見上げるとエレベーターがシャフトを昇っていく迫力あるシーンが見れる。
ジョン・マクレーンな気分になれるぞ。



あっという間に天望回廊に到着。やっぱし見えねぇ。
20120622-08.jpg


写真撮影エリアのスタッフも時間を持て余してる。撮影エリアは天望回廊の端っこみたいだ。



思っていたより天望回廊は狭い。
天気がよけりゃ眺望が抜群の回廊なんだが外は雲に隠れて全く見えない。
20120622-03.jpg


ソラカラポイント。
地上451.2mの地点で一番高いところだ。大人気の撮影スポットだぞ。
外は雲がゴーゴー動いてるから相当、風が吹いてると思われなんだけどスカイツリーはまったく揺れない。東京タワーだと微妙に揺れてコワかったりするがスカイツリーは安定感抜群だ。



雲間から一瞬だけ見える下界。
20120622-20.jpg

第一展望台にあるLook Downポイント。
さっきまで曇っていたけど下まで見えるようになったきた。
覗き込むと…。え?こんなにハミ出てんの?ヒトちっちゃ。東京タワーのてっぺんより高いところから見下ろしていると思うとクラクラする。こええ…。
20120622-16.jpg

窓の外の景色は、思っていたより普通。
周りに高い建物がないし、ランドマークの少ないから景色は東京タワーの方がいいな。夜景もそんなに煌びやかじゃなさそうだな。
20120622-17.jpg


天望見学を終えて下からスカイツリーを見上げる。
第一展望台までは雲が無くなってるが天望回廊は相変わらず雲の上。昇っても見えなそうだ。
20120622-19.jpg



事前予約だと天気は運任せだが7月11日からは当日券も発売開始。
天気のいい日にいってみてくれ。

さがみ縦貫道。国内最大級のクレーンが関口橋を架橋する。 [おとなの社会見学]

ご安全に!
さがみ縦貫道路関口橋(鋼上部)工事が行われた。深夜に道路を通行止めにしての大架橋工事を施工するのは、IHIインフラシステムズ。橋梁工事が得意な会社だ。台風のために一日延びて今日から3夜連続して工事が行われる予定だ。

今夜の主役は内宮運輸機工のKOBELCO SL13000。国産最大級のクローラークレーンだ。今夜、吊り上げる「にもつ」は300t。超デカかったぞ。
20120620-01.jpg

辺りになにもないから目立ちまくるSL13000。
73mもあるブームと55mのマストがゲコゲコとカエルの鳴き声が響く闇夜にぶっちぎりの存在感を放つ。
20120620-02.jpg


ゆっくりと動き出したSL13000。動き出すとみるみると300tの「にもつ」が宙に浮いていく。あっという間に既にかかっている橋桁をオーバーパス。そしてターン。クレーンの後ろにある黄色い車はカウンターウェイトを載せたワゴン。にもつとクレーンの重さを支える重りだ。重量は600tもあるぞ。


巨大な「にもつ」を支えるのはクレーンだけじゃない。
「にもつ」に繋がったロープを作業員が引っ張る。マジで引っ張る。
細かな調整はひとの力なのだ。
20120620-05.jpg


集まったギャラリーもショータイムに釘付け。
あっちこっちでカメラかかえて撮影会だ。近すぎて収まんねぇーよ。
近くで見学させてくれてありがとう。すげー迫力だったぞ。
安全に気を配ってくれてる作業員の仕事っぷりも素晴らしかった。
20120620-06.jpg


ゆっくりと正確に架橋ミッション一日目が終了。
派手なショータイムは終わったけど作業員が朝まで仕事が続くのだ。
20120620-07.jpg


見学ができようにスペースを確保してくれて安全確保のための作業員もばっちり。トランシーバーで状況を確認しつつギャラリーの質問攻めにも対応していた。
関口橋工事とSL13000の説明書とトラス橋のペーパークラフトも配布されていた。みんなオレンジの袋を持って嬉しそうだ。

24時近くなりIHIインフラシステムズの三夜連続クレーンショーの第一幕がひとまず終了したが工事はまだまだ続く。
ゼロ災で行こうヨシ。ご安全に。
20120620-08.jpg

タグ:内宮運輸