So-net無料ブログ作成

大阪の見逃せない「たてもの博物館」たち [たてもの博物館]

四ツ橋・西長橋の近代建築を見て歩いたぞ。

細野ビルヂング 1936(昭和11)年
細野組の本社ビル。
昔と変わらないの姿で今はアートスペースとして活用されている。


旧日本住宅公団 西長堀アパート 1955(昭和30)年
高層集合住宅の先駆け的アパートのようだ。側面の窓がとても印象深い。
細野ビルヂングのそばにある。


旧新町演舞場(大阪屋本店) 1922(大正11)年
設計したのは片岡安。大阪で活躍した設計家だ。


長瀬産業ビル本館 1928(昭和)3年
設計したのは設楽忠雄。初代通天閣の設計者だ。
クラシック系の派手さのない装飾が格式の高い感じを表現している。


立売堀ビルディング 1927(昭和2)年
飾りの気がないシンプルなデザインだがモダンな感じ。
ビルの側面には立賣堀ビルディングとレトロなフォントで書いてある。



そう。外壁の保存が決まっている『江戸橋倉庫ビル』(東京)
解体が始まって見に行ったときには、塔屋が残されていて船のイメージを残したまま保存してくれるんだと思っていたんだが…。
なくなってやがる。味気なくなっちまったな。
20120504-11.jpg