So-net無料ブログ作成

アサヒビール西宮工場でGet DRY!工場見学で鮮度実感。 [おとなの社会見学]

アサヒビール西宮工場の工場見学に行ってきたぞ。
昭和2年創業の歴史のある工場で鮮度にこだわるスーパードライの製造工程を見学してきた。
20120501-04.jpg

ゲストハウスではご案内係りがお出迎え。
アサヒビールはツアーガイドさんをご案内係りと呼んでいるのだ。
IMG_0564.jpg

ダルビッシュもお出迎え。
記念撮影ポイントである。
IMG_0560.jpg

はじめにホールに集合。
アサヒビール西宮工場の品質管理や環境への取り組みを10分ほどの映像を鑑賞したあとに工場見学の開始となる。参加人数が多かったので2班に分けてツアーの開始だ。ご案内係は矢田貝さん。
アサヒビールの工場見学は残念ながら撮影NG。

始めに釜を見学。役割がそれぞれ違うのだがみんな同じ形していたのが印象的。
アサヒビールの見学は品質管理の場所を見れるのが珍しい。従業員が見学者の視線を浴びまくりながら働いているぞ。
官能検査をするパネリストは一日に1リットルくらいを飲む。ビールだけでなく水、麦汁、若ビールなどいろんな検査をしている。飲むのは腹が減っていて味覚が研ぎ澄まされている昼前と夕方みたい。ツマミが欲しいな。

20mもある発酵・貯蔵タンクの高さを体感できるポイントが面白い。
何かと比べたり下から見上げるのがノーマルなんだけど、上から見下ろす感じを疑似体感できる。ひぇーたっけー。高所恐怖症なんで怖かったぜ。
パッケージング行程のBGMは、大きなのっぽの古時計。
アサヒビールの歴史やゴミの分別・100%リサイクルなど環境への取り組みなど盛りだくさんのツアーで時間が過ぎるのを感じさせない。

いよいよ試飲だ。
会場に入る直前にシュポーンと栓を抜く効果音が鳴る。いいセンスだ。
アサヒビールの試飲会場はナンバー制。受付時にもらうナンバーカードの席に着く方式。キリンビールはネーム・カード方式なので歓迎されている感はキリンに歩がある。他ビールメーカーでちょっとしたスタンスの違いを比べるとが興味深い。

試飲はスーパードライを3杯まで。計1リットルなんで結構な量をいただける。
今は6月までの期間限定で「プラス1ビール特別試飲」ヒューガルデン ホワイト(ベルギー)も選べる。樽で輸入しているそうだ。
IMG_0492.jpg

20120501-02.jpgアサヒビールは全国で9工場。あちこち見学して西宮工場でアサヒビール全9工場の見学を完了したぜ。各工場でいろいろと特色があったが西宮工場は案内してくれたご案内係さんが抜群だったぜ。

20120501-05.jpgスーパードライを美味しく飲む注ぎ方を披露。キレイなグラスと冷たく冷えたスーパードライがポイント。出来上がりもさすがの腕前だ。完成品を飲ませてもらえば良かったぜ。



長きに渡り鮮度のいいビールを製造してくれたアサヒビール西宮工場は吹田工場と統合されて8月で操業停止となる。残念だがそれに伴って工場見学も8月17日で終了だ。終了前に是非とも工場見学に行って鮮度を実感してみてくれ。


アサヒビール西宮工場
工場見学はインターネットでも予約が出来る。予約状況をみてみたら土日は埋まり気味だから早めに予約しとけよ。Get DRY!
20120501-04.jpg

トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー