So-net無料ブログ作成

JAMSTEC横須賀で改造型しんかい6500のお披露目だ。 [おとなの社会見学]

crown_w.png毎年恒例になっているJAMSTEC横須賀の一般公開にいってきたぞ。
主推進器などを改造した有人潜水調査船しんかい6500改がお披露目される。しんかい6500ってのはオレが勝手に呼んでる名前だからな。

20120512-04.jpg朝一でいったんだけど到着するとすでに入場待ちの列が。実際はこの写真の後ろにも同じくらい並んでいてJAMSTEC横須賀への関心の高さが伺える。こんなにひとがいてもJAMSTECスタッフはプロ誘導員が顔負けの手際の良さ。自ら誘導してる姿に好感がもてる。



開場したらラボの申込や、かいようの抽選には目もくれず、まずはしんかい6500改を見にいったぜ。今年は、しんかい6500改と引退したしんかい2000の同時公開。しんかい2000は、映画『日本沈没』にも出演したタレント潜水艇。今年、七月からは新江ノ島水族館で展示されることになっているから兄弟揃って並ぶ最後の姿なのだ。

写真を撮るなら朝一がおすすめだ。群がるひとは少なく、みんながちょっと離れたとこから全体像を撮影する暗黙の撮影会状態。みんなでよく撮れたぜ。
20120512-01.jpg


しんかい6500改の改造ポイントはスクリュー。すっきりした感じになった。
旋回式大型1台から固定式中型2台に換装して推進性能が向上したそうだ。
改造前のしんかい6500の姿は、調査報告書『しんかい6500を地上でタッチしてきた』を読んでくれ。
20120512-02.jpg

後部スラスタの増設で真横への移動が可能になった。
さらにいままでは20mかかっていた方向転換も前部スラスタと後部スラスタを反対に回すとその場でくるっと回頭できるようになった。すげーぜ。
その他の強化ポイントは、JAMSTECのプレスリリースを読んでくれ。
20120512-03.jpg

海底6500mという世界一の深いところで仕事するパイロットたち。
デモンストレーションを第一線で働くパイロットがマニピュレーター作業実演として「しんかい6500改」を操ってくれるようだ。
20120512-05.jpg

しんかい6500の耐圧殻を窓から覗いてみると狭い中にギッシリと装置が詰まっている。中からパイロットのふたりが笑顔で手を振ってる。みるからに狭そうだか実際はさらに研究者1名が乗り込んで定員は3名。


マニピュレーターの操作は窓から覗き込んでする。窓から覗き込んでるのは唯一の女性パイロット。新米パイロットとプレッシャーをかけられてたが沢山のオーディエンスに臆することなくスムーズにマニピュレーターを操っているぞ。
20120512-08.jpg

マニピュレーターを操りふたを開ける→試料を採取→ふたを閉じる。といった一連の作業をあっという間にこなす新米オペレーター。グッドジョブ。少しの時間だったけど実際の動きが見れてよかった。本来、マニピュレーターは海中での作業だから丘の上だとすぐに熱くなってオーバーヒートしちゃうみたい。


世界一深いところで仕事をする、しんかい6500のオペレーター・チーム。
若干乗れなそうな体系の人もいるぞ。
20120512-09.jpg


しんかい6500としんかい2000の貴重な2ショット。どちらの潜水艇も大人気でJAMSTECのスタッフは大忙しだけど誇らしくも楽しそうに説明していたぜ。



さてと。昼飯の時間だ。
開店前から行列のできる社員食堂「親海亭(しんかいてい)」で地球深部探査船「ちきゅう」のドライカレーと横浜名物サンマーメンを頂く。ちきゅうドライカレーがうまかった。マイルドな味にオニオンフライがアクセントになっている。
20120512-17.jpg


余り人気がなかったのが『花毛布(飾り毛布)』の実演コーナー。
花毛布ってのは、毛布を折り紙のように折って飾り付けをした毛布のこと。
どんなかというとこんなやつな。花毛布すごくね?もともとは、客船の寝室において提供されていたサービスで毛布をいろんな形に飾り付けていたようだ。
残念ながら提供する場所も技術も失われつつある。
20120512-20.jpg

教えてもらってつくった富士山(左)とバラ(右)。小さい毛布だと意外と簡単。
ネットで探しても折り方は見つからない。
20120512-15.jpg
花毛布の折り方は、載せる前に日本海洋事業株式会社に連絡してとある。うーむ。めんどうだから載せない。このあたりのクローズドなところが技術が枯れていく要因のひとつなんだろう。
見るとインパクトと驚きがあるしホテルとかで披露しても面白いと思うんだけどな。花毛布のすばらしさを伝えきれないプロモーションの悪さのためか、ブースの人気の無さが残念でならない。


「かいこう7000」と「おとひめ」
他にも色々な装置の展示がされていて興味深かったぞ。
ただ展示が近すぎてうまく写真が撮れなかった。もうちょっと広いスペースに展示してくれたらよかったぜ。
20120512-19.jpg
20120512-18.jpg


まいどの質問は、しんかい6500改のパイロット3人にしてきた。

パイロット中
Q:どこが、かわったんだ?
A:推進器だ。旋回式大型1台から固定式中型2台になった。
  後部スラスタのおかげでその場で360度回転できるようになった。

Q:中型?ちいさくなってるぞ?
A:問題ない。速力、回頭性能など制動能力はアップしている。

Q:どこくらいまであかるい?
A:水質によるが200mまで明るいときもある。

Q:ゆれるのか?
A:着水の時が一番揺れる。潜水時は安定している。

Q:まだ質問があるんだが、どこにいくんだ?
A:ちょっとマニピュレーター操縦してきます。


パイロット左
Q:あなたは操縦しているのか?
A:はい。まだ一年くらいです。

Q:無免許で運転できるのか?
A:いいえ。一級船舶が必要です。

Q:有視界運転なのか?
A:そうです。ソナーも備わっていますけど。

Q:やばいとおもったことは?
A:特にありません。

Q:中はひろいか?
A:広くはありません。三人で座り込む感じです。

Q:改造してもらっていい感じか?
A:はい。操作性など三菱にフィードバックしてより良くしています。


パイロット右
Q:めしは?
A:もちろん持っていく。おにぎりかサンドウィッチだ。
  しんかい2000はデスクがあり弁当を持込んだとも聞いている。

Q:さむいか?
A:ちょっとな。

Q:深さによってバラストの重さはかわるのか?
A:ほぼ同じだ。

Q:バラストとは、具体的にどんなのだ?
A:鉄の板だ。

Q:マニピュレーターがひっかかったりするとやばくないか?
A:やばくない。根元から分離できる機構が備わっている。
  いざというときは切り離し出来る。



ほかにも沢山の見学するところがあり非常に充実している施設公開で人気なのもうなずける。スタンプラリーや実験に子どもは目を輝かせ、ラボツアーには学生が殺到。オレは珍しいメカ達に釘付け。子どもからおとなまで楽しめた社会見学だ。ノベルティーグッツも充実した品揃え。

JAMSTECのスタッフのおもてなしがスバラしかった。
あちこちに配置されているから困ったときにすぐ聞けたし、いちいち親切。説明も判りやすくていうとこなし。これだけの規模で満足できる施設公開もめずらしいぜ。ありがとうJAMSTEC!

JAMSTECが気になったらタグクラウドのJAMSTECを押してみれくれ。いままでのJAMSTECの調査報告書がまとめてあるからな。





Exploring Lab. 1/48 しんかい6500

Exploring Lab. 1/48 しんかい6500

会場でも販売されていた改造前モデル。しんかい6500改も販売予定だからいまのうち買っといた方がいいぞ。おれ?もちろん買ったぜ。
  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
1/72 しんかい6500 (SW01)

1/72 しんかい6500 (SW01)

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

有人潜水調査船「しんかい6500」 模型と写真で見る「しんかい6500」の活動と実績 (DENGEKI HOBBY BOOKS)

有人潜水調査船「しんかい6500」 模型と写真で見る「しんかい6500」の活動と実績 (DENGEKI HOBBY BOOKS)
話を聞かせてくれたコパイロットのインタビュー記事も掲載。しんかい改の魅力溢れる一冊だ。おすすめ。

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/06/30
  • メディア: 大型本



トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レディー・ガガのフォントを集めてみた。

週末は、レディー・ガガの来日コンサートってことでGAGA FONTを紹介。
バラエティーに飛んでいて面白いな。

まずは、BORN THIS WAY BALLツアーのフォント。
それっぽく埼玉スーパーアリーナの文字を入れてみた。
使用しているフォントはImpact。横幅60%にすると同じ感じになるぞ。
impact60.jpg

BORN THIS WAYのフォント。
Born This Way FONTっていうのかな。カーニングとトラッキング、ベースラインをそれらしくしてみた。背景色は5色のレインボーカラーで。
bornthisway.jpg

Fameのフォントは、Bauer Bodoni
bau.jpg

おなじくFameのフォントStill Time
こっちはダウンロードできる。
fame.jpg



リトルモンスター達よ。
マザーモンスターに会いにいく準備はいいか?ニコニコ動画の
【LADYGAGA】BornThisWayBallTour【BasicStyle】
で演奏予定の曲を予習しておくといいかもな。




ボーン・ディス・ウェイ (スペシャル・エディション(2CD))

BORN THIS WAY(スペシャル・エディション(2CD))

  • アーティスト: LADY GAGA
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2011/05/23
  • メディア: CD
Fame Monster

Fame Monster

  • アーティスト: LADY GAGA
  • 出版社/メーカー: Interscope Records
  • 発売日: 2009/11/23
  • メディア: CD
ザ・フェイム

The Fame

  • アーティスト: LADY GAGA
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2009/05/20
  • メディア: CD


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハイパーレスキューのめずらしい機動車輛が一斉公開 [おとなの社会見学]

東京消防庁ハイパーレスキュー隊(消防救助機動部隊)の一般公開にいってきた。
今日は、第六消防方面本部。第六消防方面本部は、オールマイティに救助を行う部隊で震災と大規模水害にも対応する部隊だ。
ここにしか配備されていない特殊な車輛もあって見応えがあったぞ。

今日の目当ては双腕作業機「ASTACO(アスタコ)
二つのアームが別々の動作をすることで支えつつ切るとかできる今までにない作業機。第六本にしか配備されていないスペシャルロボなのだ。
20120506-01.jpg


特別高度救助隊の車輛がズラリと並んでいる壮観な光景。背景は豊島団地だ。
20120506-02.jpg

お馴染みになりつつある屈折放水塔車。放水塔をたたんでる珍しい展示のおかげで先っぽがよく見れるぞ。いつもは22mの高さにあるからよく見えなかったが近くで見ると意外とデカいな。
黄色い棒は破壊銃。放水の邪魔になえるガラスなどの障害物を破壊する。


無人走行放水装備デュアルファイター。
障害物を除去するセーバーと無人で放水するドラゴンがタッグ組んでいるチームだ。セーバーの装備はアタッチメントで砕くブレーカー、摘むグラップル、掘るバケットを使い分ける。ドラゴンは、レスキュー隊員が近づけないデンジャラスな現場が仕事場。震災のとき千葉県市原市のタンク火災で活躍したのがドラゴンだ。



デュアルファイターの操縦桿は持ち運べるコンパクトサイズ。左がセーバー、右がドラゴンの操縦桿で意外とシンプル。
なんと今日は、デュアルファイターの操縦ができた!
子ども達にまじって並んで操縦してやったぜ。ワハハ。楽しーぜー。
ちょっと触るだけでウィーンガコガコって動くから操縦には微妙なタッチが必要。
20120506-20.jpg

ドラグショベル
倒壊した建物や土砂を掘削するバケット、道を塞ぐ木材や石材等をつかみ除去するグラッブル、行く手を阻む分厚いコンクリートをぶち壊すブレーカーなどアタッチメントを交換することで多様な障害物除去ができるマルチなやつ。
あらゆる重機を扱い救助をするハイパーレスキューならでは。
20120506-09.jpg

大型化学車
工場や大きな建物火災など大規模危険物火災の消火活動が目的。
後ろのハッチの中には水と消火薬剤が入っていて水だけでは消火困難な現場で泡放射を行う頼もしい車輛だ。上部に放水銃がある。
20120506-21.jpg


資材搬送車
救助に必要な資材を搬送する車輛だ。今積んでるのはボート。荒川がすぐそばの第六消防方面本部は大規模水害(都市型水難)に対応できる部隊なのだ。
20120506-07.jpg


重機搬送車
デュアルファイターや双腕作業機などを搬送する大型車輛。
20120506-10.jpg


ウォーターカッター車
総務省の所有する車輛で研磨剤を混ぜた水を高圧で吹き付けて鋼材やコンクリートなどを切断する文字通り水の刃をもつ。水で切断するために火花がでないのが特徴だ。



大型ブロア車
こちらも総務省の所有車輛。大型のファンで風を送り込み有毒な揮発性ガスや煙を吹き飛ばしてくれる。大型ブロア車とウォーターカッター車はJR福知山線脱線事故を教訓にして導入された車輛。気化したガソリンで火花のでる機材が使えなかったことから対応できるようにしたのだ。
20120506-11.jpg


双腕作業機アスタコ。HR隊員は“ソーワン(双腕)”と読んでいる。
特徴的なフォルムを持ち複雑で繊細な作業もできる唯一無二の救助重機。
今日の複雑なミッションは子ども達とじゃんけん大会。スムーズな動きでグーチョキパーを繰り出して子ども達とオレを喜ばせていた。
20120506-13.jpg



アスタコのコクピット。
シンプルな造りになっていて周りを見渡せるように窓は広い。
注目したいのが操縦桿。ジョイスティックが横向きになっているぞ。トリガーを押すと手をニギニギするのだろうか。
20120506-15.jpg


救助車、大型化学車、屈折放水塔車の体験乗車。乗ったのは救助車。
乗り心地はふわふわでイマイチ、席もせまく重装備だとキツキツ。人よりも機材優先。救助を使命とした車輛だけにストイックだ。
20120506-14.jpg


消防隊の生ワッペン。
消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー隊)は重機を示すフック付ワイヤー。特別救助隊(レスキュー隊)はホース。山岳救助隊は、山とザイル。水難救助隊は、浮き輪とロープ。JDRは、国際緊急援助隊。JF IRTは、国際消防救助隊。
オレンジ色の隊員を見かけたらワッペンを気にしてみてくれ。
20120506-16.jpg


20120506-36.jpg左は救助服。ハイパーレスキュー隊のユニフォームだ。オレンジ色と左のワッペンがトレードマークだ。
真ん中が消火衣。難燃性・耐水性にすぐれた衣で耐熱温度は420℃。
背中の酸素呼吸器は約30分呼吸ができる。消火衣と酸素呼吸器で16kgの重さだ。


20120506-37.jpgウェットスーツは急流での救助のときに着用。5mmの厚さで寒さを防ぐ。
毒劇物防護衣は有害な化学物質から身を守る。酸素呼吸器もあわせて使用することで有害ガスなどで汚染されないようにしている。



第六消防方面本部の宮本和敏隊長の挨拶。
『たくさんの車輛や機材はごく一部。これらを活用できるよう技術の向上を図るために日々訓練をしているがどうしても大きな音がでてしまう。今年に入ってからの出場も255件と非常に多い。住宅街なので考慮しているが出場や訓練の音が迷惑をかけてしまうが理解と協力をお願いします。』
宮本隊長の挨拶にみんな暖かい拍手。
20120506-22.jpg
宮本隊長とちょっと話をしたのだがすごい丁寧な人だった。
僅かな時間だったけど、この隊長ならみんなついていくんだろうって感じたぜ。


敬礼。キュータくんもビシっと決めてる。
よくみると車輛のなかの隊員も敬礼してる。
20120506-18.jpg


質問はすくなめ。

Q:ドラゴンは、熱に強く頑丈に出来ているのか?
A:いいや、実は普通だ。ただ自身を水を冷やすことが出来る。

Q:ボートがあるが水難救助もしているのか?
A:水面救助をしている。潜水はしない。

Q:沢山の重機があるが全員が全部を操縦できるのか?
A:全ては操縦できない。


第六消防方面本部ハイパーレスキュー隊の一般公開は、スペシャルな車輛が数多く登場。しかも結構、自由に運転席に乗れて楽しい。デュアルファイター・セーバー&ドラゴンを操縦できたのが嬉しい。
暑い日だったが、大型ブロア車がブンブン風を吹いて涼しいっつーか飛ばされそう。子どもは大はしゃぎだ。
派手なショーはなかったが一台一台じっくりと車輛の紹介があって満足だ。


なんども書いてるが消防の一般公開はおもろいな。
子どもはもちろん、おとなも楽しめる社会見学だ。おすすめだぜ!

タグ:東京消防庁
トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪の見逃せない「たてもの博物館」たち [たてもの博物館]

四ツ橋・西長橋の近代建築を見て歩いたぞ。

細野ビルヂング 1936(昭和11)年
細野組の本社ビル。
昔と変わらないの姿で今はアートスペースとして活用されている。


旧日本住宅公団 西長堀アパート 1955(昭和30)年
高層集合住宅の先駆け的アパートのようだ。側面の窓がとても印象深い。
細野ビルヂングのそばにある。


旧新町演舞場(大阪屋本店) 1922(大正11)年
設計したのは片岡安。大阪で活躍した設計家だ。


長瀬産業ビル本館 1928(昭和)3年
設計したのは設楽忠雄。初代通天閣の設計者だ。
クラシック系の派手さのない装飾が格式の高い感じを表現している。


立売堀ビルディング 1927(昭和2)年
飾りの気がないシンプルなデザインだがモダンな感じ。
ビルの側面には立賣堀ビルディングとレトロなフォントで書いてある。



そう。外壁の保存が決まっている『江戸橋倉庫ビル』(東京)
解体が始まって見に行ったときには、塔屋が残されていて船のイメージを残したまま保存してくれるんだと思っていたんだが…。
なくなってやがる。味気なくなっちまったな。
20120504-11.jpg
トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪モダニズム建築 [たてもの博物館]

菅澤眼科クリニック



旧川崎貯蓄銀行福島出張所。1934(昭和9)年竣工。
設計したのは川崎財閥の顧問建築家であった矢部又吉。妻木頼黄のもとで学んだ建築家だ。イオニア式のジャイアントオーダーが目を惹く。銀行建築なのに曲線を描いているのが珍しい。



大丸心斎橋店。名門百貨店に相応しい華やかなヴォーリズ建築だ。
細部にわたって意匠をこらした装飾がみごと。





屋上に行ってみた。
塔屋がよくみたくて屋上に来たが全く見れず…。そのかわりに大丸マークが目前に。イングリッシュガーデンもある憩いの場になっていた。



南海ビルディング。


松竹座




トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー