So-net無料ブログ作成

SPring-8の放射光施設がなんだかすごいようだ。 [おとなの社会見学]

世界最大の放射光施設「SPringー8」が一般公開だ。
80億電子ボルトのビームをぶっ放つとあるが80億電子ボルトがどのくらいスゴイのか判らん…。熱心に説明してもらってもほとんど判らず曖昧に頷くオレ…。申し訳ないっす…。
想像以上に面白いといわれている先端施設のX線自由電子レーザー施設「SACLA」も見てきた。
ただただ珍しいマシーンを達を見てきたってとこだな。
身近なところだと花王のセグレタ,江崎グリコのポスカがSPringー8を活用して生まれた製品なんだって。
SPringー8ってよく判んないから今回の調査報告はうっすい内容だぞ。

実験ホールが見える。中に入れんのかな。
IMG_0240.jpg

入れた。実験ホールは円形になっている。
円形の理由は蓄積リングという円形のリングの中に電子をぐるぐる回すため。
右側の壁の奥に蓄積リングはあるようだ。
20120430-01.jpg

途中には実験室がたくさん。実験室はビームライン(BL)と呼ばれる。
SPring-8では60近くのビームラインがあって様々な機関が実験してる。
20120430-02.jpg

人気のビームライン。
20120430-03.jpg

高圧プレス装置(SPEED-1500)
こんなことを実験できる。読んでもさっぱりだぜ。
ぎゅーっと圧力をかけて地球の深いとこと同じようにしてるとかしてないとか…。


BLの入口。左側のラインから放射光を取り込む。
右側のカラフルなのは蓄積リングに巻き付いてる磁石で電子がそれないように軌道修正している役割。
20120430-13.jpg

書いてあるけど分光器。
実験に必要な光を分けるための装置ですげー精密機器のようだ。100km先の7mmの棒に光をぶちあてる精度。


各BLはまったく違う装置で見てて面白い。
もちろん何を調べている装置かはまったくわかんねー。



まるでマトリクスのネブカドネザル号。
ボルト感がたまりません。


放射線のモニタリングもばっちり。γ線と中性子を検出している。
20120430-09.jpg


X線自由電子レーザー施設「SACLA」
サクラの名前はSPring-8 Angstrom Compact free electron Laserに由来してるそうだ。2012年3月に本格稼働したばかりの新しい施設。
IMG_0379.jpg

真新しい装置が並ぶ。
20120430-19.jpg

不要になったビームを回収するビームダンプ。
20120430-18.jpg


見学の楽しみのひとつ社食でランチだ。
天井が高くて自然光を取り入れている明るい社食。
電子ビームや放射光な感じはまるでしない。シンプルすぎて残念だ。
20120430-14.jpg

ぼっかけカレーうどんとハンバーグセット。
うどんはうまかった。ハンバーグは並だな。
IMG_4340-Edit.jpg


Q:アルミホイルに包まれてるのはなんだ?
A:保温のために巻いている。中には熱線も巻いている、

Q:放射光が通るとアルミホイルが光ったりするのか?
A:しない。

Q:じゃあ音は?
A:しない。

Q:サンプルにブチ当てたときはさすがに音が出るだろ?
A:でない。

Q:パイプのラインは真っすぐっぽいが精度はいいのか?
A:すごくいい。全くの水平に調整してある。
  建物の端からココではミリ単位で高さが変わる。

Q:なぜだ?建物が水平に建っていないのか?
A:地球は丸いということだ。

Q:年中稼働しているのか?
A:いや、電気を多く使うから夏は止まる。
  他の季節も止まるぞ。

なかなか楽しく見学できたが、SPring-8までのバスがすげーつらかった。
1時間に1本しかバスがないから通勤電車以上の満員。駅からSPring-8までおりねーし、一時間近く満員バスにのってると酔いそうだったぜ…。オエオエ。
バスを増便するかシャトルバスを運行してくれるといいんだがな。

どうしても見たいってひと以外にはバスでのアクセスはおすすめできない。
なるべくなら車でのアクセスがいい。混むけどな。

タグ:加速器

原発へ出場したハイパーレスキュー隊。第3消防方面本部の一般公開 [おとなの社会見学]

震災のとき福島原発へ出場した東京消防庁の第3消防方面本部(3HR)の一般公開。
3HRはNBC災害専門部隊。NBCってのはNuclear(核)Biological(生物の)Chemical(化学の)の頭文字。放射線、病原菌、化学物質を扱っている病院や研究所、化学プラントの災害に対応する専門部隊だ。

ハイパー レスキュー隊の車両や装備が展示されていたり防護服の着装体験や救助救出演技もありと見どころ満載の一般公開。となりにある消防技術安全所も公開されている。
20120428-03.jpg

救出ロボット(RQ)
爆発物のあるところなど消防隊員が近寄れない危険な災害現場で活躍する救出ロボット。ロボットアームで障害物を除去してベルトコンベヤで救出。救出後はエアバックで救助者を固定して会話も出来る優れものロボット。救出ロボットには一酸化炭素などのセンサーも付いていた。
20120428-01.jpg

遠隔操作台には様々なカメラ、センサーからの情報が表示される。
情報を基にPHS無線操作で50m、光ファイバーケーブルの有線操作で100mの遠隔操作が出来るぞ。動力はリチウムイオン電池48Vで駆動だ。
20120428-11.jpg

遠隔操作で操縦できる検査型ロボット。
消防隊員が近づけない災害現場の放射線・可燃性ガス・化学剤を検知する。
赤外線カメラ搭載してるからサーモグラフで人も発見できるぞ。
本機と中継機の親子ロボットにすることで無線の届く距離を伸ばしているのだ。
20120428-12.jpg

特殊災害対策車(HCS2)
除染専用の車輛。シャワー室が3台装備してある。


救助車3型(HR2)
救助車の装備に加えて四駆の車輛にクレーン・ウインチ・昇降式照明・発電機を装備している大型の救助車



第二本部からは屈折放水塔車(LP)。
原子力発電所に決死の放水をした同じタイプの放水塔車だ。22mの高さから放水できる。
20120428-15.jpg


陽圧式防護衣
映画でしか見たことのないスーツは5層構造になっていて空気中の危険物質から守ってくれる。
20120428-05.jpg

毒劇物防護衣(黄)と放射能防護衣(緑)。
毒劇物防護衣ってのが一番ポピュラーな防護衣。
放射能防護衣はなんと外部被曝には無力。放射性同位の付着を防ぐが放射線はバンバン貫通してしまうという。鉛や水といった減速材を纒うと動きが制限がされてしまう。それなら内部被曝は防いで短時間で作業を完了させようという被曝覚悟の放射能防護衣だ。
20120428-18.jpg

揚圧式防護衣は装備すると20kg近い重量になる。
なかに酸素ボンベをかついているが意外と重さを感じない。周囲の音はよく聞こえないから話はできない。ちなみにポーズを決めているのはオレだ。
20120428-06.jpg


ハイパーレスキュー隊のマークといったら鎖のセントバーナードなのだが第3消防方面本部はちょっとちがう。なにをマークにしてるか判るか?判んなかったらいっこ前の写真を見てくれ。
20120428-07.jpg

いろんな計測機器を扱うスペシャリストだ。
誤作動も多く計測値が正しいか判断するもの重要だそうだ。
20120428-13.jpg

救助救出演技。
20120428-09.jpg


20120428-14.jpg福島原発へ出動したときの映像やパネルが展示されていた。



20120428-10.jpg厳しい視線のハイパーレスキュー隊員も上原多香子さんとの記念写真は超嬉しそうで全員笑顔。映画『252 生存者あり』の撮影の時なのかな。








ハイパーレスキューを次々に捕まえて沢山、質問してやったぜ。
福島原発に放水した時の話はほんと頭が下がる思い。
彼らはスーパーヒーローってわけじゃないんだな。

Q:NBC災害専門部隊とはNBC災害以外は出場しないのか?
A:いいや。もちろん通常の火災も出場する。

Q:ワッペンのセントバーナードに鎖がないが?
A:そうだ。
  揚圧式防護衣にセントバーナードが第3消防方面本部のトレードマークだ。

Q:ハイパーレスキュー隊は資格の保持が大変だと聞くが?
A:大変だ。しかしそれより大変なのが消防庁の定めた規定だ。
  それをクリアしないと救助車を運転できない。

Q:さまざなな計測機器を扱うのは大変か?
A:計測機器の扱いは難しくない。
  誤作動や精度の低い状況をカバーできるスキルと経験が必要だ。

Q:ハイパーレスキュー隊はやっぱり偉いのか?
A:いいや。消防はみな同じだ。人命を守ることにちがいはない。

Q:揚圧式防護衣は,一人で着るのか?
A:そうだ。最後のチャック以外は自分で着る。

Q:揚圧式防護衣を着ると話が聞こえないぞ。実際は?
A:聞こえない。身振り,手振りになる。

Q:目に見えない危険に対峙するのは恐ろしいな。
A:それがNBC災害専門部隊の仕事だ。そのための訓練をしている。

Q:福島にはいったのか?
A:出場した。

Q:ハイパーレスキューは人命救助が任務で原発派遣は違うと思わなかったか?
A:我々はNBC災害に対応できる。だから向かった。

Q:沈静化に役立ったか?
A:それは判らない。原発の温度が下がったので安心した。

Q:安心したのはこっちだ。ありがとう。
A:問題ない。これが仕事だ。



ハイパーレスキュー隊員から話をきいてふと思ったんだが、
消防隊は個人のスキルも意識も高くひとりでもなんとかしちゃう頼れる感じ。
警察は良くも悪くも威圧感のあるオーラを放つ割には人助けスキルは専門外。救助のあてにならそう。
自衛隊も抜群のスキルと強靭な肉体をもつ頼れる部隊なんだがそうそう出会う機会はない。

親しみ感も見学会に来ている子ども達をみてると一目瞭然だ。
警察には子供よりもおとなが引き気味でなんか楽しめない…。
自衛官には、ブーブーとはいえないゴツい車を操る迷彩服のゴツいオトコにはじめはオドオドしてるけど、抱き上げられるとやっと笑顔で記念撮影。
消防は初めから,これなにー。次ここ開けてー。一緒に写真撮ってー!と子供たちのヒーロー状態。ハイパーレスキュー隊員もコレ知ってる?ここ乗ってみる?ってサービス旺盛で楽しそうだ。人気があるのも頷ける。

消防庁の一般公開は子どもの社会見学におすすめ。
もちろん,おとなの社会見学にもおすすめだぞ。
タグ:東京消防庁

キヤノンデジタルハウス名古屋。購入前におすすめである。 [カメラとフォト]

キヤノンデジタルハウス名古屋にいってきた。
デジタルハウスとは、キヤノン製品が展示してあるショールームで気になる商品を試せたり、ワークショップが開催されたりと購入前のお試しや購入後の活用術などのサポートをしてくれる。
自前のデジカメでレンズをあれこれ取り替えて試せるのはありがたい。高い買いモノの前にはもちろん、絶対買えないような超ど級のレンズも試せる。

デジタルハウスは、ちょっと気軽に入りにくい雰囲気もあるけど心配はご無用。
ただ眺めにいってもいいし、ちょっと触ってみたり、説明受けながらガッツリ試し撮りしたりとかニーズに合わせて絶妙な距離感でスタッフが対応してくれるぞ。

今日の目的は、レンズじゃなくて5D3の試し撮り。
メモリを持っていってデータを持ち帰らせてもらおう。



Adobe Photoshop Lightroom 4 Windows/Macintosh版 特別提供版

Adobe Photoshop Lightroom 4
Windows/Macintosh版 特別提供版

  • 出版社/メーカー: アドビシステムズ
  • メディア: DVD-ROM



Adobe Photoshop Lightroom 4 アップグレード版 Windows/Macintosh版

Adobe Photoshop Lightroom 4
アップグレード版 Windows/Macintosh版

  • 出版社/メーカー: アドビシステムズ
  • メディア: DVD-ROM



タグ:Canon

キリンビール名古屋のリニューアルツアーにがっかりした。 [おとなの社会見学]

工場創業50周年のキリンビアパーク名古屋にいってきた。
エントランスではおなじみのシャチホコがお出迎え。おっ、アタマに50周年の記念帽子を被っているじゃないか。心なしかいつもより輝いて見えるぜ。
20120421-00.jpg

参加したのはバスツアー。通常のブルワリーツアーに加えてバスで工場内を走るのだ。名古屋工場でおなじみのビールジョッキのタンクを間近に見れたり、山のように積まれているビールケースやり出荷待ちのキリンビール製品群をバスの中から見学。なかなかみれない貴重な光景に満足した。雨空が残念だったけどな。



10分ほどバスで工場をまわってからブルワリーツアーの開始。リニューアル後ははじめての参加だ。
ところが残念なリニューアルだったことを報告する。

残念ポイントその1。
ビール工場の見学で見せ場の釜がちょっとしか見れなくなっていた。
曇りガラスで見えなくしていて「パッ」と見せる演出。スクリーンで説明の後に工場長がホログラフみたいに登場して挨拶してくれるんだけど釜のほうが見たかった。どうせならもっと暗くして説明のときに釜にスポットライトを当てた方がいいと思うのだが。
20120421-05.jpg

残念ポイントその2。
ビールタンクと同じ23mのトンネルを通る。
ビール色をしてるんだろうけどただの黄色いトンネルって感じ。行き帰りと2回通るとくどい。帰りはホップの香りが漂ってくるとかヒネリが欲しいところ。
20120421-06.jpg

キリン様のホログラム。
20120421-07.jpg


工場が休みの時は映像で案内。600インチの巨大スクリーンは迫力あったな。
ここはよかったポイント。
20120421-09.jpg


残念ポイントその3。
試飲会場の手前。以前は、昔の床をそのまま残してあって当時の作業風景のパネルが飾られて歴史のある工場を感じさせてくれたのが印象深かったのだが、すっかりキレイになっちまって…。



残念ポイントその4。
ああ、ここもダメか…。昔使っていた機械や壁面を残してあったのがすっかりキレイになってがっかりだぜ。創業50周年の歴史を残しておいてほしかった。味気なくて名古屋工場らしさがなくなった工場見学で印象に残らないブルワリーツアーになっちまったなぁ。試飲でビール飲んだらすっかり忘れちまいそうだ。
20120421-12.jpg


残念ポイントその5。
ツアーが終わってから送迎バスが出発するまでの時間が5分しかない。
そのためショップを見れなかった。
他の工場は、ブルワリーツアー前にショップの下見ができるんだけど名古屋はいけない作りなのだ。もうちょっと時間に余裕が欲しかった。

以前がとてもよかっただけに残念なリニューアルだった。

楽しかったときの調査報告書
でらうま!キリンビアパーク名古屋
キリンビアパーク名古屋でバスツアー


ともあれ50周年おめでとう。
20120421-15.jpg

浜松基地エアーパークでペトリオットの発射機が公開。 [おとなの社会見学]

航空自衛隊浜松基地では年間を通じていろんなイベントが開催されている。

今日は「エアーパーク春のイベント」が開催。
高射教導隊のペトリオット関連器材展示を見てきたぞ。
20120421-01.jpg20120421-02.jpg


ペトリオットの説明は前記事を読んでみてくれ。
前記事:「PAC-3とイージス艦ってなんだ?調査しといたぜ。 」
どうやら正式には、パトリオットじゃなくてペトリオットというようだ。

今回も高射隊自衛隊員にPAC-3とペトリオットの質問を色々してきたぞ。

Q:パトリオット?ペトリオット?どっちなのだ?
A:自衛隊では、ペトリオットと呼称している。

Q:意外と小さいな。
A:これはキャニスタをひとつしか積んでいない。
  実際にはミサイル・キャニスタを4つ組み合わせる。

Q:PAC-3が4発ということか?
A:違う。ひとつのキャニスタに4発装填する。
  合計16発のPAC-3が発射できる。

Q:さっきひとが発射機の向きを変えていたがもしかして手動?
A:違う。実戦のときは自動で制御される。だって危ないだろ?

Q:発射機、以外にあぶないとこはあるのか?
A:レーダー装置だ。高出力レーダー波の前は非常に危険だ。

Q:イージス艦のレーダーも危ないのか?
A:そうだ。ただしイージスは洋上だから周辺に危険が少ない。
  
Q:ペトリオットはどこへでも行くのか?
A:どこへでも行く。そのために訓練している。

Q:大変だな。
A:それが仕事だ。

Q:どうやって輸送するのだ?
A:トレーラーで公道を走って移動する。
  ペトリオット車輛すべてだとかなりの大部隊になる。

Q:トレーラーのタイヤがやけにでかいな。
A:そうだ。
  車軸を2つにしたり、車高を上げたりして悪路も走破できるようにしている。

Q:編成はすべてPAC-3なのか?
A:すまない。部隊の編成、配置に関する質問には答えられない。

Q:移動のときに気をつけていることはなんだ?
A:他の車にぶつからないように気をつけている。


迷彩服を着て兵器をあつかっている自衛隊員は近寄りがたいイメージがあるが話を聞くといつも感じるのが実直さ。ほんとしっかりしてる。
反対、反対だ言われても、ぶれない彼ら彼女らは有事の際には身を呈して守ってくれるだろう。


そうそう。浜松基地エアーパークには、戦闘機の展示もある。
戦闘機のアナログ感が満点のコックピットに乗り込むことができる。
記念撮影のときには老パイロットが決めポーズのアドバイスをしてくれてその通りにする確かにカッコイイ。余計なひとが映り込まないように辺りにニラミを利かせてくれたりと“分かっている”。グッドジョブだぜ。


タグ:自衛隊