So-net無料ブログ作成

銀座・日本橋のレトロ建築を散歩気分で撮ってみた。 [たてもの博物館]

先日、見に行った三菱倉庫株式会社の本社ビル『江戸橋倉庫ビル』の棟屋はすっかり覆われてしまっていた。
20120228-01.jpg

百貨店建築では始めて重要文化財に指定された高島屋東京店
設計者は高橋貞太郎で1933(昭和8)年に竣工。
20120228-02.jpg

角の曲線がなんとも美しい。
20120228-03.jpg

玄関部分の装飾は細部にわたって凝っていて見応えがある。
20120228-04.jpg


斜め前には旧川崎銀行本店(現在は三菱UFJ信託銀行)
1927(昭和2)年に矢部又吉の設計でたてられた。川の文字が判る。
愛知県の明治村に一部が復元保存されている。
20120228-05.jpg


明治屋ビル。日本の近代建築の礎を築いた工部大学校第一期生のひとり曾禰達蔵(曾禰・中條建築事務所)が設計したビル。
曾禰達蔵は、数多くのオフィスビルを設計している。決して目立つことはないが機能的な建築が多く明治屋ビルもそのひとつだ。
京橋では再開発が進んでいるが明治屋ビルは耐震化と修理工事を実施して保存される安心だ。
写真を撮るなら隣にデカいビルが建つ前にいくことをおすすめする。
20120228-06.jpg

20120228-07.jpg


20120228-08.jpg

20120228-09.jpg

銀座に残る昭和レトロ建築。旧銀座アパートメントを撮影。 [たてもの博物館]

銀座・日本橋の街はたてもの博物館。和光や日本橋高島屋、三越などのビックネームはもちろんだが明治屋や川崎銀行本店も抜群の存在感で脇を固める。

そんなカリスマ建築がある大通りから一歩裏に入るとノスタルジックなレトロ建築が。
まずは、1932(昭和7)年竣工の銀座アパートメント(現:奥野ビル)
同潤会アパートの面影があると思ったら青山同潤会アパートを設計した川元良一の建築だ。川元良一は九段会館の設計者でもある実力者。
20120228-01.jpg

さっそくなかに入ってみよう。
入りにくいと思っていたけど画廊やアンティークなテナント、デザイナーのオフィス集まるアートスポットになっていて次から次へと人の出入りがあるから気軽に入れた。
20120228-02.jpg


非常に珍しいエレベータ。なんと扉を手で閉める手動式だよ。
だから行き先ボタンのとこに開閉ボタンがないのだ。
びびって乗れねぇ…。階段で上がるぞ。
20120228-03.jpg


レトロ感あふれる階数表示。ステキな建築は必ずと言っていいほどエレベータがおしゃれなんだよな。ああ、三信ビルが懐かしい。
階によってデザインが微妙に違っているから見逃すなよ。
20120228-04.jpg

階段室も昭和レトロ感がたっぷり。
主張しすぎない親柱のデザインが逸材。同潤会の階段室もこんなだった。
20120228-02.jpg

もともとはアパートだったので造りはシンプル。
20120228-05.jpg


いまは、アートスペースなので個性的な部屋が多い。
古くても荒廃的な感じはしなくってポップな明るい感じを受ける。
20120228-06.jpg


空き室を覗き込むと窓の向こうには時間が止まったままの部屋があったぞ。
20120228-07.jpg


奥野ビルの特徴のひとつは階段だと思う。
20120228-08.jpg

階段の途中に窓があって窓の向こうは階段なのだ。(うまく伝えられん。)
階段がシンメトリーになっている造りになっている。
アパートが2棟くっついてるのだよ。(さらに判らんか。)
20120228-11.jpg

7階に行く階段。立入禁止。
20120228-10.jpg


思い切ってエレベータに乗る。エレベータ自体は新型なので安心した。
扉をしめて蛇腹のカーテンを閉めて行き先ボタンを押す。
動き出すと黄色の蛇腹の向こうには、むき出しのコンクリートが…。ややビビる。
20120228-09.jpg

こんなにも昭和レトロ感を味わえるビルが銀座にあったとは驚きだ。
近代建築好きにはおすすめしたい。さすがに老朽化はしているが大切に使われている奥野ビル。またゆっくりと見に行きたい。

建物自体をバシャバシャ撮っていたのはオレくらいだったがアートスペースという建物上、怪訝な視線を浴びせられることはなかった。(っと思う)
暗いから明るめのレンズがいいぞ。
タグ:昭和レトロ

完成目前の新東名をラストウォーキング「うみ眺望」編  [NEXCO]

新清水ICの「やま」コースを朝一で歩破して清水いはらIC「やま」コースへ。
渋滞してたけどナビの細道で11:30には庵原球場まで5台待ちくらいをキープ。
そっからがなげぇ1時間待ち。

庵原球場の駐車スペースが半分くらい空いてるのはなんだ?
球場利用者のだと?ゲームはもう始まってるしもうこねーだろ。詰めろ。空け過ぎだ。
20120226-30.jpg
それより、ダメ警備員。へらへら突っ立ってないでお前の横に何台も止めてる路駐を注意しろ。それがさらに渋滞させてんだろーが。どこの警備会社だよ。役立たず。


球場から清水いはらIC行きのシャトルバスは、えらい待ち行列。その横でずーーっと停車しているのは無人の清水駅行きのバス…。アホか。止まってるヒマあったら一回でも清水いはらICに運んでこい。さわやかウォーキングの猛者たちは駅まで余裕で歩くんだよ!まったくダメな運行してやがる。

待ってらんねぇ。球場からウォーキング開始だ。
ん?遠目に見える急な坂は…。もしかして遠い?
20120226-01.jpg

20分くらいで清水いはらICの入口に到着。電光掲示もウエルカムメッセージで迎え入れてくれる。新清水ICでは通り過ぎるだけだったけど清水いはらICではゲートにある車両センサーやETCセンサー、料金盤などの設備をゆっくり見れて興味深かった。
20120226-02.jpg

どっちにいっても東京・名古屋にいける。というか、新東名 or 東名の分岐ポイントだ。
東名と微妙に大きさを変えているけどちょっと判りにくいか。
20120226-03.jpg

ループは結構きつくて30キロ制限。
20120226-04.jpg

パノラマ写真にするとこんな感じ。(クリックででかくなるぞ。)
端正な橋脚が支える半端なく高いループは結構こえぇ。
落ちるとヤバい。30キロ厳守で。
panorama.JPG


東京と名古屋の分岐ポイント。余裕があって早めに車線を変更できそうだ。
路面に案内を書けば視線を揺らさないでいいと思うんだが新東名では見かけなかった。NEXCO中日本は書けない規則があるのかも。
20120226-05.jpg

クラッシュバリアも最新式。ドラム缶タイプじゃないようだ。
20120226-06.jpg

歩いていくと懐かしの重機が。オマエはアスファルト・フィニッシャーじゃないか。
新東名がまだ砂利道だったころ、さわやかウォーキングで乗ったことのあるマシーンと再会だぜ。あれから新東名のアスファルトをずっと敷きまくっていたんだな。お疲れ。
20120226-07.jpg

新東名の名古屋方面を向けてジオラマ写真も撮ってみた。
20120226-08.jpg

東京方面に歩いて新東名の本線を上から撮ってみた。やっぱPowerShot S100のジオラマ写真は巨大なところで使うと面白い写真が撮れるな。
上下線で車線の数が違ってる。2車線の方が東京行きだ。
カーソルを合わすとノーマルの写真になるぞ。


中途半端な道もまだあるのだ。なんの連絡道だったかな。
20120226-09.jpg

ずっと歩いていくと折り返しポイント。
向こうに見えるのが和田島トンネルだ。
20120226-11.jpg

折り返して名古屋方面に逆走していく。
上に見える道が、さっきジオラマ写真を撮った場所。
入場を締め切ったのか新東名の道路上では意外とひとがまばらになって歩きやすい。
20120226-13.jpg

ここだけコンクリートの端がなんか尖ってた。
20120226-12.jpg

新東名・東名の分岐ポイント。どっちからでも東京に帰れるぞ。
絶好の撮影スポットになっていて、つーか赤い帽子を被った女子スタッフが「写真撮りますよー」と片っ端からニコニコと参加者に声をかけて慣れた手つきでシャッターを押しまくり。寒い中元気よく写真を撮ってくれるのでみんなも笑顔でハイポーズ。
カメラ女子いい仕事だ。
20120226-14.jpg

変なアンテナや筒がのった装置がおいてある。これは気象観測装置。
どれがなんのセンサーなのかさっぱりわからん。
20120226-16.jpg

清水第四トンネルは全長2149m。
注目はトンネル内の照明で片側にしか設置されていない。
プロビーム照明といって進行方向に向けて配光することで路面は暗く、前方車は見やすくなる。ドライバーもまぶしくない。
20120226-26.jpg

照明も特別っぽいな。わざわざブレーカーが入っている。
かなりコンパクトな造りだがバッテリー?搭載してるのか?
20120226-27.jpg


清水第四トンネルを抜けるとドドーンとある看板。見やすい案内表示だ。
20120226-17.jpg

看板にあてるライトは鏡っぽくて、なんかミニ・ソーラーレイ風な装置。
20120226-24.jpg


他にも色々な装置があって標識板のところには何やらカメラが。
下を向いているのが全方位型監視カメラで道路状況を監視している。上のやつは何に使うカメラなのか不明。
新東名・東名に分岐するICだからトラフィックカウンタとかナンバー読み取り装置とかいろいろとありそうなのに判んなかった。
20120226-18.jpg


新清水JCT。以前、新東名の高層ジャンクションとして見学した。そのときは吉原ジャンクション(仮称)だったが正式には新清水ジャンクションとなったようだ。
3つの異なる橋脚が特徴的な高層ジャンクションだ。
20120226-20.jpg

踊り場のようなのがあるとこもあった。
橋梁のつなぎ目になっているからメンテナンスの為にあるのだろう。こんな広いスペースなら安心だね!
20120226-28.jpg

って、たったけぇ…。無理。登りたくないです。
20120226-29.jpg


人気もなくなってきた16:00過ぎ。そろそろ料金所に向けてウォーキング。
ループの手前で見えた景色。あ、「うみ眺望」ってここか。
20120226-10.jpg

ループをアイコンで示してる。黄色で目立ってるし判りやすいね。
20120226-23.jpg

外郭放水路のようにコンクリートの橋脚が立ち並び未来の森のよう。
橋脚の高さは70mくらいで迫力満点。
20120226-21.jpg

今日だけは料金所をまじまじ見れたぞ。
ETCだとめっきりご無沙汰してる賽銭箱マシーン。
最新の料金所でも料金箱レーンは必要なのだ。料金箱があるってことは係員がいないってこと。料金所を無人化することでコストの削減になるはずだ。
20120226-22.jpg


長い年月をかけて建設した第二東名。
静岡県民が見守ってきた未来の高速道をを歩ける最後の(!?)イベントだったのに主催者の不手際だらけで参加できなかった人が多かったのは残念だ。

新東名と名前を改めて御殿場ジャンクションから三ヶ日ジャンクションまでの162kmが4月14日に開通となる。最新の高速道路を走るのが楽しみだ。

新東名の全線開通はまだ先。これからも目が離せないぜ。

タグ:新東名

完成目前の新東名をラストウォーキング「やま眺望」編 [NEXCO]

R52を車で埋め尽くした新東名・眺望ウォーキングin静岡「やま」コース編の紹介だ。
検索で飛んできたら前の記事もあわせて読んでくれ。

新清水IC周辺の3.5kmをウォーキングできる「やま」コース。
駐車場は清水PAで、パーキングまで車で乗り入れられるという開通前に高速を走れる貴重な体験!のはずだったんだけど警備会社の誘導が下手すぎ。おっさんバイト集団か?
約500台のスペースがあっても誘導がモタモタしてるうちに開会式の時間に。
そのせいで開会式の人数も少なめで盛り上がりに欠けてたな。

清水PAは、外観はできあがっていたけどまだまだ工事中だったぞ。
20120226-01.jpg

まだ形がないけどトイレか?
開通まであとちょっとな訳だがイロイロと間に合うんだろうか。
20120226-02.jpg


本線は2車線だけど将来3車線に対応できるように広々。雨を浸透させたりロードノイズを軽減させる高機能舗装は走行車線だけしてあった。写真右側の色の薄い方な。
ウォーキングしてる人がまばらなのは、まだ多くの人は車の中から出てこれないから。
20120226-08.jpg


ウォーキングの折り返し地点は小河内トンネル。
みんなトンネルバックで記念撮影。
20120226-04.jpg

全長1600mの小河内トンネルの先は見えなかった。
トンネル照明は新しい照明技術でより視覚性が高まって前方の車が見えやすくなっているようだ。照明は点いていなかったから開通してトンネルを通るときにどんなに見えるか楽しみにしていよう。
20120226-05.jpg


道路脇の照明もはじめてみるタイプで豆LEDが並んでる。
調光や色を変えれたりするのかも。コモンボックスとセットになっててコストが掛かってそう。これも実際どんな感じになるのか楽しみだ。
設置に角度がついていないが走行車線からちゃんと見えるのか?
20120226-03.jpg


パーキングの途中のトンネル照明。
新東名はトンネル照明の実証実験を多くやっていたみたいだから期待できる。
20120226-07.jpg


標識も設置され最終試験中だ。
20120226-06.jpg


足早に新清水IC「やま」コースをウォーキング完了して清水いはらIC「うみコース」に向かうぞ。新清水PAから出発して新清水出口を進むともう開通してるみたいな感じ。
20120226-10.jpg


新清水ICを支える橋脚は結構太め。新東名の橋脚は場所によって姿形に違いがあるから気にしてみると面白い。
写真の右側に写っているのは入り待ちの車。イベントに関係のない車もたくさん居そう。さすがに早々に帰る人はそんなにいないから、長い待ち時間になりそうだな。
20120226-09.jpg


なんとこの渋滞が興津まで繋がってた…。R52は10kmを超す脅威の大渋滞。
告知の看板とかスタッフは皆無だったから何も知らないドライバーはK-MIXのラジオ交通情報で渋滞のワケを知ったようだ。みなさんご立腹のツイートなう。
20120226-10.jpg


10km渋滞を40秒でまとめた動画を発見。



完成目前の新東名をラストウォーキング「うみ眺望」編に続くぞ。
タグ:新東名

新東名。大渋滞でも「うみ」「やま」ウォーキング達成。 [NEXCO]

本日の調査対象は『新東名・眺望ウォーキングin静岡』

開通前のイベントとして新静岡ICと清水いはらICと新清水ICの3カ所でウォーキングイベントが開催された。半端ない大渋滞の中で新清水IC「やまコース」と清水いはらIC「うみコース」をウォーキングしてきてすげー楽しかったぞ。ネットの書き込みをみると渋滞で参加できなかったひとがたくさん。2会場も行けたのはラッキーだった。
20120226-00.jpg

まず向かったのが新清水IC「やまコース」
7:30くらいに新清水ICそばですでに道が渋滞。まったく動かない状態で一般の車もまきこまれてなぜ渋滞しているのか判らないようで困惑してる。
8時を過ぎて車列が動き出し新清水ICから新東名高速に入ったがすぐに新東名の初渋滞。渋滞写真をよく見ると看板が車の向きと逆だろ?高速道路で逆走渋滞はもう二度とない貴重な体験だ。動かない車に飽きてすでにウォーキングしてる女の子も。
20120226-02.jpg
3会場で唯一、開通前に新東名を(逆走で)走ることができたわけだな。

新清水IC「やまコース」は10:00くらいで帰ったんだが静清バイパスまでずーっと渋滞を横目に見てた。参加の車はもちろん、ツアーのバスもぴたりとも動かず。参加費をはらってるのに歩けたのか疑問。悲惨だったのは訳も判らずはまってる仕事中の車。
20120226-10.jpg

清水いはらIC「うみコース」も新清水ICと同じ警備会社でダメ過ぎだった。
まともに交通誘導できないダメ男ばかりで駐車場周りの道は大混乱。あれじゃ参加をあきらめる住民も続出だな。

驚くほど低評価なマラソン大会に続いて、はやくもお詫びだって。仕事はのろかったのにお詫びは早い。清水区こんなんでばっかでだいじょぶかよ。静岡市建設局道路部は迷惑かけ過ぎ。


それに引き換え、駿河湾沼津SAで開催されたネクスコ中日本が主催の「ラストチャンス ウォークツアーin 新東名」は首都圏、中京圏からの参加者が多いようでネットの書き込みを見ると大好評のようだ。
『新東名・眺望ウォーキングin静岡』は今までずっと新東名の開通を楽しみにしていた多くの静岡人が参加できなかったってのは何とも言えないね。最後のイベントだったのに地元住民かわいそ。


そんな中、がんばってたのは清水いはらICで赤い帽子をかぶった女子スタッフ達。
にこやかに元気に参加者をサポートしてた。
「写真撮りますよー」と片っ端から参加者のカメラを慣れた手つきでシャッターを押しまくり。「よしっ」と頷いて撮ってくれた写真はばっちりだったよ。どうもありがとう。男子も三角コーンをかっこ良く片付けてた。グッドジョブ。
20120226-05.jpg

asahi.comで驚きの記事を発見。
「マラソン」の教訓を踏まえ、コース上には多くの県職員やイベントスタッフが待機。救護車なども8台待機するなど、主催者側も厳戒態勢で臨んだ。
なに?駿河湾沼津SAには多くの職員と救護車8台だと?
主催がNEXCOだと1軍を投入して万全なのかよ。
それにひきかえ新清水ICと清水いはらICのどちらも県職員は見当たらず救護車は一台もみあたらねぇ。
『新東名・眺望ウォーキングin静岡』はベンチスタッフで開催したのか?

最近のスポーツ関連のイベントは、AEDが準備されてたり救護スタッフがコース上を見回っているのが当たり前なのに今回はひでぇな。コース途中で急病人がでたらどうするつもりだったんだろ。幸い事故がなくてよかったけど危険予知がまるでだめ。

静岡市建設局よ、うかれるな。反省してください。

詳しい報告は後日だ。

タグ:新東名