So-net無料ブログ作成

一夜にして谷原橋を撤去。重機が大活躍 [おとなの社会見学]

R129を通行止めにして一夜にして谷原橋を撤去するミッションを見学してきた。

ミッションは「さがみ縦貫相模原 IC 谷原橋架替(その1)工事」
撤去する橋を多軸台車で運搬して550tクレーン2台での吊り上げが見所。
施工している大和小田急建設が見所や当日のスケジュールをウェブで教えてくれる親切がありがたい。

現場に行くと工事がよく見える見学会場もスタンバイOK。
現場見学会を開催してくれて暖房やカイロ、コーヒーまで準備してくれた大和小田急建設に感謝したい。暖かかったぜ。

国道129号線を通行止めにして安全確認が完了。今夜のミッションが開始された。
内宮運輸の重機メンバーがずらりとそろっている。
馴染み深い内宮カラーの65tラフタークレーン「SL650R」、550tクレーンの「AR5500M」が二台。ユニットキャリア「日車NUC2500型」がスタンバイしてる。

まずはちいさめのクレーンで中央分離帯を撤去。道路を養生してから今夜の一番手「ユニットキャリア日車NUC2500型」の出番。こいつに橋を載せるのだ。
20120115-07.jpg

ぐるぐる廻りはじめたぞ。
タイヤがめちゃめちゃついていて、みんな思い思いの方向を向いているのにちゃんと方向転換。なんて器用なユニットキャリア。
作業員はデッキリフトの上でだんじり状態。
20120115-09.jpg


そろりそろり慎重に。
20120115-08.jpg


ビタリと位置補正をして谷原橋の下に潜り込んだ。
道路についている複雑なタイア痕が興味深い。
20120115-01.jpg


作業員の作業は休みなく続くがオーディエンスの第一幕はここで終了。
このあと「この橋を架け替えます」って書いてある橋の両端をカッターで切る。
3時間くらいかかるそうだ。次の見せ場は4:00pmくらい。うー。さびぃ。


前回の仮橋架設のときもそうだったんだが大和小田急建設の応対がすばらしい。
これから台車が動きますよー。とか、次回の見せ場は4時くらいですー。家で暖まっててくださーい。など要所で案内してくれるので現場の動きがよくわかる。
質問にもばっちり答えてくれるし、見学に来たのにおもてなしされてる気分。

さて。3時にまたくるぜ。
タグ:内宮運輸
nice!(1)  トラックバック(0)