So-net無料ブログ作成
検索選択

日本橋のレトロ船。江戸橋倉庫ビルが解体開始された。 [たてもの博物館]

三菱倉庫株式会社の本社ビル『江戸橋倉庫ビル』
江戸橋倉庫ビルは1930(昭和5)年に竣工した建物で屋上のファンネルや船首を思わせる曲線など船体を感じさせる個性的な外観のビルで今でこそ当たり前になったけどトランクルームの先駆けなのだ。

老朽化を理由に外観だけ残す丸の内によくあるハリボテ方式で解体・保存で高層ビルになる。80年の歴史ある八重洲ビルをぶっ壊して20年前に自ら壊した三菱1号館のレプリカを作りあげて誇らし気な三菱らしい。まったく不細工な話だな。
20120128-01.jpg


外観はほんとステキ。設計した当時の三菱倉庫建築課はセンスいい。
江戸橋倉庫ビルは解体が進んでいて周囲はフェンスで囲われていた。隙間から覗き込むと地下はスカスカ状態。高いフェンスじゃないから写真はまあまあ撮れる。
20120128-02.jpg


江戸橋からみると川から荷揚げしていた名残っぽいところがみえる。
20120128-04.jpg


個性的な棟屋。ビルでいちばん高いとこで誇らしくいられるのはこれで最後。
20120128-05.jpg


側面にひと窓だけベランダ仕様。
20120128-06.jpg


窓の配置も整然としていて美しい。アーチ型の鉄扉もステキだな。
20120128-03.jpg


船から荷揚げた荷物はここから運ばれたのかな。
中はフェンスで見れなかった。
20120128-08.jpg


おっと、作業車が入るときに中が見えた。ぶっとい柱がちらり。
20120128-07.jpg


江戸橋倉庫ビルの解体は着々と進んでいるようだった。
写真を撮っていると警備をしていたおじさんが「みんななくなると思ってるみたいだけど江戸橋倉庫ビルはなくならないよ。」と日本橋ダイヤビルディングの完成イメージを印刷した紙をわざわざ持ってきてくれた。ありがとう。

なくならならないのはよかった。でもハリボテには興味がないんだ。
完成イメージ図からは船に見えないしね。
フェンスに囲われる前に見に来とけばよかった。

歴史のある建築物が続々と姿を消していく。
いろんな事情があるとは思うがレトロ感溢れる個性的な建物を壊しては同じような味気ない高層ビルをニョキニョキ作っていく今の建築はつまらない。

レトロ建築はいつ取り壊れれるかわからない。あっという間にフェンスで囲われて重機で壊されていく。思い立ったら週末にすぐ見学したほうががいいぞ。

タグ:昭和レトロ

キヤノンPowerShot S100で是非しときたい設定のアレコレ [カメラとフォト]

crown_w.png
シャッターを押すだけで、誰でもキレイな写真が撮れる「PowerShot S100」
AUTOのキレイさはもちろんだけど、小さなボディーにはもっと楽しくてプロっぽい写真が撮れるテクノジーがぎっしりと詰まってる。
AUTOと同じ手軽さでハイエンドコンデジに相応しいワンランク上の写真を撮ろうぜ。

pb.jpgそのまえにデジカメの設定だ。

“設定がいっぱいあってわかんない。”
“取説を読みたくない。”

ってアナタは参考にしてくれ。そのままの設定だと使いにくいしもったいないからちゃんと見直しとけよ。
設定するとだな。電池が長持ちする。(たぶん)
撮ってるときになにかと便利
すばらしい。是非とも設定していただきたい。
設定メニューは右下のMENUってボタンを押す。


オレの設定はこうだ。

setting_1.jpg
AFフレームサイズ:標準
デジタルズーム:入
ピント位置拡大:切
サーボAF:切 (運動会の時は「入」だ)
AF補助光:切 (赤いレーザーでピントを探る?いらん。)
MF拡大表示:切 (拡大?いらん。)
セーフティMF:切 (マニュアル撮影しない。いらん。)
スポット測光枠:AF枠連動
セーフティシフト:入 (なんか自動でしてくれる。「入」で)
ウィンドカット:切 (動画撮影で風の音が気になったら「入」だ)
撮影の確認:切 (撮影後に毎回プレビューはいらん。)
目つむり検出:入 (せっかくの写真がまばたきしてないように。)
手ブレ補正:入 (必須だ。)
日付写し込み:切 (写真に日付はいらん。)


setting_2.jpg
消音:する 
機能ガイド:入
液晶の明るさ:最小(暗いほど電池が長持ち。)
画像番号:通し番号 (大切な写真を上書きしないために「通し番号」で)
フォルダ作成:毎日 (そんなに撮らなきゃ毎月)
レンズ収納時間:0秒(レンズ出っぱなしはぶつけそうでやだ。)
節電 オートパワーオフ:入
   ディスプレーオフ:30秒 (短すぎてすぐ消えるとイラつくからな。)
自動時刻合わせ:入 (GPS衛星で時刻合わせってカッコいいから)
GPS設定 GPS:入 (お気に入ってる機能だ。)
     ロガー:切 (入だと電池が減りすぎる)
距離/標高表示:m/cm


なかでも特におすすめの設定を書いとく。

目つむり検出:入
目をつぶっている人がいたら教えてくれる機能。
せっかくの記念写真が寝てる写真にならないために「入」にしておこう。

レンズ収納時間:0秒
プレビューボタン(左下のやつな)を押すとレンズがひっこむようになる。
首からぶら下げスタイルだとレンズをぶつけそうでコワい。
すぐにレンズを引っ込められるこの設定は便利だぞ。

GPSの設定はちょっと注意な。
GPSは、電池が消耗する要因のひとつだから長時間使いたいときは切がいいぞ。一枚だけ位置情報の写真を撮ってあとは切っとくとかな。
気をつけたいのは自宅で撮る写真。写真を公開したら家の場所がバレされちゃった…。ってことにもなるから位置情報は取扱い注意だ。屋根の下でもGPS衛星を捕捉することもあるから気をつけろ。


S100とあわせてバッテリーとHDMIケーブルを買っておきたい。
バッテリーはAmazonが安い。キヤノン純正品じゃない安いバッテリーもあるが、数回充電して使えなくなったり充電の持ちが悪いなどの話があるからお勧めできない。
バッテリーは安心の純正品で。

HDMIケーブルは純正品をおすすめしない。だって高いんだもん。
1000円程で買えるこのHDMI-Miniケーブルで十分だ。(純正は6000円)
使ってみるとさすがHDMI。超キレイ。せっかくハイビジョンテレビをもってんだから買っておこうぜ。
ウィークポイントはケーブルがちょっと固い。
コンデジが軽いから取り回しに気になるようなら値段が上がるが細いケーブルにしてもいいだろう。


キヤノンS100が早くも壊れた。詳しくは、


を読んでくれ。購入を考えている人には、こんなこともあると知っていてほしい。
S100はすばらしい機種だが、いい話ばかりではないってことだな。
さらにはSC新宿の対応が最悪だったぞ。
PowerShot S100 クチコミポータルからリンクされてるけどきっと消されるぞ。


Canon バッテリーパック NB-5L

Canon バッテリーパック NB-5L

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: エレクトロニクス
PLANEX HDMI 1.3bカテゴリ2対応 ハイスピードHDMI-Miniケーブル2m PL-HDMI02AC

PLANEX HDMI 1.3bカテゴリ2対応
ハイスピードHDMI-Miniケーブル2m
PL-HDMI02AC

  • 出版社/メーカー: プラネックス
  • メディア: エレクトロニクス


SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I カード 16GB SDSDXPA-016G-J35

フルハイビジョン動画を撮ることを考えてメモリは16GBがおすすめ。150分撮れるぞ。
SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I カード 16GB SDSDXPA-016G-J35

  • 出版社/メーカー: サンディスク
  • メディア: Personal Computers



タグ:Canon

UR高幡台団地73号棟。噂の現場には黄色いタオル [団地]

東京都日野市にあるUR高幡台団地。

噂の!東京マガジンでも放送された73号棟を調査してきたぞ。
耐震強度不足を理由に解体が進められているが住民が強烈に反対していてまだ解体されていなかった。UR高幡台団地のなかでひときわ存在感ありまくるのが73号棟だ。
20120122-01.jpg

始めはどこにあんの73号棟?もしかして解体済み?って思ってたが一番デカいのが73号棟だったぜ。
20120122-02.jpg


団地案内図。
道を挟んで賃貸分譲となっている。賃貸は住棟が弧を描くように配置されていて戦国時代の陣形みたいだぞ。起伏が激しく変化に富んでいて面白い。
ゆっくり見たいが本日のターゲットは、ど真ん中にクリーム色の73。噂の73号棟だ。
20120122-04.jpg


73号棟は、ほとんどの住民が退去していてURの取り壊しに反対しているわずかな住民が残っているのみ。ベランダでひと際目立っている黄色いタオルは住み続けたい住民の団結の気持ちと存続を願う証だ。
20120122-03.jpg


一階には、かつて美容室やクリーニング屋といった商店街もあったようだ。現在はすべてシャッターが降ろされて一店舗も営業していなかった。
20120122-10.jpg


エントランスは独特な形をしている。
20120122-05.jpg


11階建各階25戸の合計250戸。1階は店舗スペースだ。
耐震性に問題があると聞いたが一階は耐震工事を行っていて完了しているようだ。工事をしておいて急に解体するから出ていけじゃ住民も納得いかないんだろうな。
20120122-06.jpg


エレベータは左右で停止階が違うスキップ方式(?)。
巨大団地だとこういった工夫がされているのか。
20120122-07.jpg


高台に建つ高層団地なので眺望は抜群。
ただ、玄関側なんだよね。
20120122-08.jpg


73号棟の見た目はコンクリートもしっかりしてたんだけどな。
団地の共有部分もキレイに片付けられていてまったく散らかってない。
残っている住民が大切に住んでいるんだろうと思ったぞ。
20120122-09.jpg

R129通行止。一夜にして谷原橋がこつ然と消え去った。 [おとなの社会見学]

第2ラウンドは朝3時。到着がちょっと遅くなっちまったぜ。

あら?橋がねぇ。どこいった?
おおーい。おおーい。なんと、もう動いてやがった。
だんじりバリの男達がクレーンで吊り上げるためのワイヤーを準備している。
どうやら30分作業が早まったらしい。嗚呼、ユニットキャリアの豪快(たぶん)な姿を見たかったぜ。
20120116-10.jpg


ほんの数時間前には架けられていた橋が切り離されていた。
もっと砕く感じだと思っていたが切り口はすっぱりしてる。
あの空洞はなんなんだろ?
20120116-06.jpg


吊り上げ開始。内宮運輸の大型クレーンAR-5500Mの共演が始まったぞ。
息のあったオペレータの慎重な操作でぐんぐんつり上がる元谷原橋。
20120116-05.jpg


最近、お気に入りのジオラマ写真。PowerShot S100おもしれー
真っ暗いとこで手持ちでも写真が撮れる出来るコンデジだ。
20120116-11.jpg


さっきまで谷原橋だったコンクリートを地面に降ろしてミッションコンプリート。
R129号も通行止めが解除されて車がびゅんびゅん通っていく。
橋がなくなった景色に気がついているか?
20120116-12.jpg


工事現場見学会を開催してくれた大和小田急建設に感謝したい。
見学者の近くまでヒーターを運んできたり、テントでは作業服にヘルメットのバリスタがコーヒーをいれてくれる。カイロを配ってくれる気配りが暖かいぜ。

見学会は、近隣の住民が多く谷原橋架替工事に関心を持っていると感じだ。みな好意的な雰囲気だったのは普段から大和小田急建設がちゃんとしてるんだろうな。
あとは、いつも見かけるようなメンツもちらほら。重機クレーン系のひとだな。

工事現場ってのは通行止めのお知らせくらいで知らないうちに架橋イベントなどが終わっていることが多いんだが「工事現場見学に来て!」と宣伝してくれると見逃さなくてすむ。
これからも頼むぜ。

タグ:内宮運輸

一夜にして谷原橋を撤去。重機が大活躍 [おとなの社会見学]

R129を通行止めにして一夜にして谷原橋を撤去するミッションを見学してきた。

ミッションは「さがみ縦貫相模原 IC 谷原橋架替(その1)工事」
撤去する橋を多軸台車で運搬して550tクレーン2台での吊り上げが見所。
施工している大和小田急建設が見所や当日のスケジュールをウェブで教えてくれる親切がありがたい。

現場に行くと工事がよく見える見学会場もスタンバイOK。
現場見学会を開催してくれて暖房やカイロ、コーヒーまで準備してくれた大和小田急建設に感謝したい。暖かかったぜ。

国道129号線を通行止めにして安全確認が完了。今夜のミッションが開始された。
内宮運輸の重機メンバーがずらりとそろっている。
馴染み深い内宮カラーの65tラフタークレーン「SL650R」、550tクレーンの「AR5500M」が二台。ユニットキャリア「日車NUC2500型」がスタンバイしてる。

まずはちいさめのクレーンで中央分離帯を撤去。道路を養生してから今夜の一番手「ユニットキャリア日車NUC2500型」の出番。こいつに橋を載せるのだ。
20120115-07.jpg

ぐるぐる廻りはじめたぞ。
タイヤがめちゃめちゃついていて、みんな思い思いの方向を向いているのにちゃんと方向転換。なんて器用なユニットキャリア。
作業員はデッキリフトの上でだんじり状態。
20120115-09.jpg


そろりそろり慎重に。
20120115-08.jpg


ビタリと位置補正をして谷原橋の下に潜り込んだ。
道路についている複雑なタイア痕が興味深い。
20120115-01.jpg


作業員の作業は休みなく続くがオーディエンスの第一幕はここで終了。
このあと「この橋を架け替えます」って書いてある橋の両端をカッターで切る。
3時間くらいかかるそうだ。次の見せ場は4:00pmくらい。うー。さびぃ。


前回の仮橋架設のときもそうだったんだが大和小田急建設の応対がすばらしい。
これから台車が動きますよー。とか、次回の見せ場は4時くらいですー。家で暖まっててくださーい。など要所で案内してくれるので現場の動きがよくわかる。
質問にもばっちり答えてくれるし、見学に来たのにおもてなしされてる気分。

さて。3時にまたくるぜ。
タグ:内宮運輸