So-net無料ブログ作成

東京外かく環状道路の4kmウォーキング [NEXCO]

本日の調査報告は東京外かく環状道路の工事現場だ。
外環松戸相談所から国分操車場バス停までの約4kmを工事現場を見学しながらのウォーキングしてきたぞ。国道事務所では、市民・家族見学会として外環ウォーキングをたびたび開催してくれるのだ。市民じゃないけど抽選に当たれば参加できる。

東京外かく環状道路の見学は3回目。
工事現場ってのは時間が経つと変わるから何度来てもいいのだ。
20111217-01.jpg

完成すると掘割り構造の道路で高速道路部は地下に潜る。
その地下部分がここで掛かっている橋は周辺住民の生活道路になっている
20111217-02.jpg


結構、深くまで掘っている。前の前に見学したときはまだ地上だった場所だ。
20111217-03.jpg


工事前に地下を通っていた水道管などのライフラインは分断する訳にはいかないから、管がむき出しになって橋の下に通っている。写真だとちょっとわかりにくいな。
20111217-05.jpg


コンクリートの躯体は足場を組みコンクリートを流し込んで作っている。
20111217-04.jpg


ここから見ると左右に民家が見えるから地下の深さが判る。
埋めた後の地上部には一般道が整備されるのだ。
20111217-06.jpg

北総鉄道との交差部の函渠(かんきょ)部分。
ボックスカルバート型のコンクリートを並べていって箱形トンネルを造っている。2.5m下には北総鉄道の電車がトンネルを走っているぞ。
20111217-07.jpg


小塚山トンネル工事現場。前回まではパイプルーフ工事現場を見れたが今回はなし。トンネルを歩いて通る。ってここが工事してたトンネルなのか?小塚山トンネルが完成したって事かも知れん。
お馴染みになった記念メッセージを書く。このメッセージは道路に埋めてくれるみたい。
20111217-08.jpg


最後は実験施工区間。
従来のように穴を重機で掘って道を造る開削工法とコンクリートの躯体を沈下させていくニューマチックケーソン工法の工事比べをした区間。どっちがよかったのか?とネクスコスタッフに聞いたみたが答えをはぐらかされたぞ。コストや工期、周囲の環境など何を優先させるかによって選択が変わるようだな。
興味を持ったら、ココに詳しく書いてあるぞ。
20111217-09.jpg


生活道路の橋の上に、ヘルメットをかぶった雪だるまが工事を見守っていた。
雪だるまが「外環の松戸相談所にお願いするとここから見学ができるよ!」って言ってた。
20111217-10.jpg


東京外かく環状道路の工事現場の見学会は度々開催しているから興味があったら国交省地方整備局のページをチェックしておくといいぞ。

以上で調査報告を終了する。
さぶかったぞ。

タグ:外環
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー