So-net無料ブログ作成

阪神高速淀川左岸線現場見学会。企画力の高さに大満足 [おとなの社会見学]

阪神高速道路が「土木の日(11月18日)」のイベントとして高速道路現場見学会を開催してくれたぞ。見学場所は淀川左岸線で、はんしんこうそくチャレンジワールド どうろタイムトラベラーと題された「トンネル建設現場見学ツアー」や土木技術を体験できる「体験・展示コーナー」があり大人も子どもも楽しめる社会見学イベントだ。
関西らしくサービス満点でいろいろと趣向が凝らされていて楽しかった。

受付で開場マップをもらう。首から下げるA5サイズのコンパクトサイズ。中身もマップはもちろん。各ブースの説明や注意事項がコンパクトかつ的確にまとめられてる。いつもながら阪神高速はセンスがいい。
20111120-01.jpg


見学会を仕切っていたのは若い阪神高速スタッフ。
元気よくて自分たちも楽しみながらイベントを盛り上げてたのがいいね。
20111120-03.jpg

阪神高速のマスコットキャラクター『もぐらのコージ君』もイベントに参加。
愛嬌ある姿で会場を無尽に歩き回りながら参加者と記念撮影してたぞ。
20111120-15.jpg


淀川左岸線のトンネルエリアを見に行ったが見学できたのは橋梁部だけ。昨日の大雨で地下トンネルの見学はできなくなったのかな。残念。
20111120-04.jpg

緑色なのが鋼桁で橋梁部の土台になる。この上に床版を敷いて舗装をしていくのだ。
ここにはスタッフが常駐。軽い質問からディープな質問まで幅広く答えている。記念撮影のシャッターまで押してくれるマルチな上級スタッフだ。
20111120-08.jpg

高速道路にお絵描きコーナーはぎっしりとイラストやメッセージで埋め尽くされていた。コージ君のやさしいメッセージもあって和む。
20111120-06.jpg

目の錯覚コーナー。きもちわるー。
20111120-17.jpg
20111120-16-2.jpg
阪神高速は、ただ遊んでるんじゃなくて目の錯覚を利用して速度を抑える工夫をしたりと色々と考えているのだ。


さきほどの鋼桁をしたからの図。
20111120-07.jpg


楽しかったのが実際に使っていた横断幕をリサイクルしてバックを作るブース。横断幕ってのは高速道路などでよく「この先、工事渋滞。追突注意!」っとかあるアレだ。
この横断幕をリサイクルしてバックにしちゃう。スタッフが丁寧に作り方を教えてくれて簡単にバックが作れたぞ。雨風にも抜群に強いバックが出来上がり。たのしー。
首都高がちゃっかりといい値で売っていたりするのだが阪神高速のは無料だ。
20111120-14.jpg

現場の男ブース。
現場で働くメーカーのブースで大成建設とIHIインフラシステムを見てきた。
大成建設のブースでは測量についての話を聞く。実際に測量機器を覗かせてもらうと結構離れた場所の目盛りがばっちりと見える。1mmの誤差も見逃さない大成建設の職人達からいかにレベル合わせが大切なのか話を聞いた。目で見て合わせるアナログタイプとレーザーの反射で3Dな測定ができる2タイプを現場でよく使うそうだ。
20111120-11.jpg


IHIインフラシステムのブースではナット巻きの体験。
電動ナット巻マシーンでズガガガガーって簡単に締めることができた。ただのナットじゃなくて締まると緩まないような仕組みになっているようだ。
締めた後に小さいレンチで外してみる。まっまわらねぇ…。まったくビクともしねぇ。さすがのおっちゃん達でも無理らしい。身長ほどもある巨大レンチでやっと外れた。
このようなナットが7万個とかあるそうだ。電動工具を使うといっても巻くのは人。超大変。ナットひとつにも手を抜かない確実な仕事をこなしていくおっちゃん達の話に感銘を受けたぞ。オレ的には一番楽しかったブースぜ。
20111120-10.jpg


はたらく車のコーナー。
20111120-12.jpg

高所作業車にも乗ってみたぞ。
15mまでぐいんぐいん上昇。高いとこが苦手な身には超コワい。
20111120-13.jpg

各ブースで体験見学をすると『阪神高速カード』がもらえた。
紹介は後日だ。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー