So-net無料ブログ作成

小雨の阿佐ヶ谷団地 [団地]

先日いったURの一般公開から団地に興味をもちそうな今日この頃

そして案内図を集め始めた今日この頃。
060100.jpg
060101.jpg
060102.jpg
タグ:団地案内図

シモレンのホフマン窯をまるごと撮ってきた [近代化遺産]

2度の大地震を耐え抜いたタフなヤツで重要文化財に指定されている野木町煉瓦窯をみてきた。正式には旧下野煉瓦製造株式会社煉瓦窯っていうけどシモレン煉瓦窯とかホフマン窯といったほうが一般的かも。野木町役場の生涯学習課生涯学習係スタッフからホフマン窯のことをブログに書いてねって誘われたから書いとくぜ。

野木町煉瓦窯は明治23年に作られた日本にも4基しかないホフマン窯のひとつ。完全な形で残っている歴史が最も古い煉瓦造の建造物としても最大規模。野木町煉瓦窯はホフマンの考案したプロトタイプ的な窯で円形なのが素晴らしくカッコいい。今後も保存してくために9月から3年がかりの補修工事に入る。たいがい補修すると残念な姿になるから今の姿を見れる貴重なチャンスを見逃す手はない。
052800.jpg

まずはいつものように写真をベタばり。

雨空だったけどホフマン窯をよく見れたしスタッフの説明もよかった。
が!そんなスタッフの中でひとりのうるさいじーさんが邪魔だった。韓流ファンが東方神起の撮影場所で撮っていてもあっちのほうがいいからいけとか,今あっちで案内しているから行ってこいとかうるせーんだよ。好きに撮らせてやれよ。オレが写真撮っててもゴチャゴチャうるさい。ホントにオマエは邪魔。帰って孫の面倒でも見とけ。東方神起と同じアングルで撮りたがっていたのに気の毒だった。楽しかったのを台無しにする大きなお世話だ。ああいうスタッフはオーディションで落としてくれ。

一部は崩れていて内部が丸見えなのは見学するにはいい。
052801.jpg

フォトスポット。急かすじじいを無視しての一枚。
バエラとかの女性誌などの撮影にも使われたそうだ。
052802.jpg

釜の入口の上にはナンバーが刻印されている。
ここはホフマン・ナンバー6で全部で16まである。
052803.jpg

煉瓦のスロープをあがるとまるでメリーゴーランドなステキな光景が。
床には煉瓦が敷き詰められていてなんか蓋みたいなのがあるぞ。
052804.jpg

その蓋の正体は「投炭孔」といって下にある窯に炭を投げ入れるための穴なのだ。
外周にはレールが敷いてあってトロッコで炭を運んだそうだ。
052805.jpg

中心部をズームアップ。
よーくみると引っ張る金具みたいなのがわかるか?これは炭を燃焼させるときに空気の流れを制御するダンパだ。人の手で開閉していたんだって。
052806.jpg

窯の内部にも入れたぞ。ホフマン窯の内部は煉瓦のトンネル。
思っていたよりキレイだ。実際に煉瓦を焼いていた場所ですげー暑かったんだろう。煉瓦の造り高の説明をうけたんだけどイマイチ燃焼の仕組みがピンとこなかった。新聞紙でパーテーションを区切って空気の流れを制御していたみたい。
052807.jpg

煙道。
野木町煉瓦窯のホフマン窯は円形になっている16の窯で燃焼→冷却→完成→搬入→燃焼→…ぐるぐると繰り返すことで無限に煉瓦を製造できる造りになっている。
052808.jpg

言われて気がついたんだけどホフマン釜の煉瓦の積み方が珍しい。
一番したの煉瓦はよーーくやいた堅い煉瓦を使ってイギリス積みにしている。色が黒っぽいのは高い温度で焼くことで水分をとばした結果レンガが黒っぽくなるのだ。二層目は普通のレンガでイギリス積み。そして3弾目。これがフランス積みになってんじゃん。積み方が異なる方法で作られたレンガ建築物を初めて見たぞ。
052809.jpg

深谷にある日本煉瓦製造のホフマン釜も見たことあるけどシモレンのホフマン窯の帆が数倍カッコいい。(窯の内部は日本煉瓦製造のほうがいい)夏にも一般公開が予定されているんでキニナルひとは一見の価値はあるから是非見に行ってほしい。夏の一般公開も撮り納めにいきたいと思ってる。

実は以前にも見に来たことがあるのだ。前回の調査時は非常にデンジャラスだったんだけど今日は安心して見学できた。


タグ:明治モダン

iPhone4ホワイトモデルを買ったぜ。 [アップル]

お待たせされたiPhone4のホワイトモデル。
iPhone4が登場したときからホワイトモデルが出たら即買いと思ってたんだけど待たされすぎて次モデルまで待とうとしたけどやっぱ買っちゃった。これで3GからiPhone4にアップグレードだぜ。
iphone4.jpg

AppleStoreで買おうと思って銀座に行ったんだけど契約までに時間かかり過ぎ…。
1時間待ってもまだ2、3人先客がいてその人達はもっと待たされているようでイライラしていた。時間がない人はAppleStoreはおすすめできない。売場のある2階で呼ばれるのを待たないとなのもつらい。ケース見たりうろうろするもの1時間が限度かな。メールとかで呼び出してくれればいいのに。

結局,ビックカメラで購入。一括で買ったからポイント5%がついた。
機種変更の契約して20分後に取りにきて完了。はえーな。

そうだ,ここでApple Storeでジーニアス選びのポイントをひとつ。「どのくらいかかりますか?」と聞いたときに「今日は混んでるから2時間くらいですね」と即答でするジーニアスはアヤシイ。iPodを取り出して待ち人数を確認してくれて「何人待ちだから1時間くらいかな?」っとちゃんと確認してくれるしっかりジーニアスに聞こう。

浮かれっぷりにヘビーユーザーは「今更?もう夏にはiPhone5がでるぜ」
「液晶黄色くね?」と冷ややかかもしれないけど世間の声は

「白あるんだ。かわい〜 ほしー」
「iPhone4ください。クロで」
「ホワイトいいね。かっちゃおかな。iPod」

ってが多数派。契約しているときも黒iPhone4を購入していた人が左右に。
スペックがどーのとか次モデルは何月だからなとかいってるユーザは一部のようだ。
3GSだったら待ったと思うけどやっぱ欲しいときに買うのがいいね。

さっそく使ってみると超快適
つーか,すごいステキな装い
ホワイトモデルをまってよかったと思ったよ。
体感速度も3Gのもっさりしたストレスからいっきに開放。大満足だぜ。

浮かれながらiPhone4と戯れてる報告書は後日だ。

タグ:iPhone

UR都市機構の特別公開をまたみてきた。 [おとなの社会見学]

今日の調査は東京都八王子市のUR都市機構
都市技術研究所が毎年している特別公開にいってきた。去年も調査してんだけどな。

───── 街に、ルネッサンス ─────

のUR都市機構が何を研究しているのかを足早に調査してきた。様々な施設があってちょっとした住宅展示場みたい。団地マニアに片足入れそうになるほど楽しかった。
052200.jpg

受付して早速調査を開始だ。朝一だから空いていてじっくりとみるには好都合。
見学者はほとんど学生だったんだけどどこの学生なんだろ。女子率も妙に高く8:2で女子。そして写真を撮ってる人はすくなくってバシャバシャ撮ってるのはオレくらい。みんな勉強に来てんのかな?写真撮ってると気を使ってフレームアウト。気を使わせてすまんかった。


なんてことない道のようだけど透水性・遮熱性・保水性舗装の実験をしているとこ。もう実験は終了してしまっているのか放置っぽい雰囲気だけど雨の日でも歩きやすい水を透過させる舗装や保水して暑い日に気化熱で温度を下げてみたりといろんな舗装実験をしていたようだ。もうすでにUR住宅に活かされているのかも。
052202.jpg

お目当ての集合住宅歴史館。
昭和30年代の「公団住宅」や同潤会アパートを移築復元した集合住宅を展示公開している。移築されているのは同潤会(どうじゅんかい)代官山アパート,蓮根(はすね)団地,晴海高層アパート,多摩平団地だ。
052201.jpg

同潤会代官山アパート独身者向けの部屋。
作り付けのベットや換気用の窓など細かなところまで考えられている。テーブルや棚などは今見ても小洒落てる感じだ。
052203.jpg

食堂カウンターの窓。
これまた,なんともロイドっぽくていいぞ。
052205.jpg

同じく代官山アパートの世帯向けの部屋。
052204.jpg

公団初のエレベーターも展示してある。動かない。
らくがきも当時のままで味わい深い。
052206.jpg

晴海団地高層アパートの案内図。
どうやらさっきのエレベータは1、3、6、9階にしか止まらないようだ。
廊下のない階もあるようだがどういう造りになっていたのか不思議だ。
052207.jpg

非廊下階の住戸。ダイニングもあったりと近代的な感じ。
それもそのはず晴海高層アパートは前川國男が設計したそうだ。
052211.jpg

052210.jpg
052214.jpg晴海高層アパートのらせん階段。
Wikiによると2階の住民が台所にアクセスするための階段?


団地のパブリックアートスペース。
052215.jpg

東鳩ヶ谷団地の案内図。
なんか団地の案内図ってイイ。これから集めちゃうかも(!?)。
052216.jpg

去年はいかなかった「すまいと環境館」
室内設備のリニューアル技術の展示場と言った感じでこんな造りになってんだー。とサラッと見るには面白い所だ。
052220.jpg

屋上は緑化されていて断熱効果や緑化植物の生育を観察している。
052221.jpg

KS住宅実験棟
モデルルーム見ないなとこだった。LED電球と白熱電球の違いを実際に部屋で見比べたりできた。
052222.jpg
052223.jpg

以上でみどころ終了。
今年は都市住宅技術研究所のシンボル的存在の超高層住宅実験タワーのデモンストレーションはなかった。そのぶん風洞実験棟は大人気で見損ねちゃったよ。

アンケートを書いて帰ろうとしたら,お。タワーカメラのオペレーションシステムがあるじゃん。目立っていなくて見逃すとこだったよ。超高層住宅実験タワーにあるカメラをリアルタイムで覗けるようになっていて遠くの富士山やスカイツリー,西武ドームをはじめすぐ脇の北八王子駅までカメラ映像を見ることができた。
052224.jpg
アンケートの景品はLEDライト。アルミの風合いで結構いい出来前なのだ。
携帯するにも大きさだしすげー明るい。ありがとうUR都市機構!

UR都市機構の特別公開で感じたことはアピールがうっすい気がした。もったいないぜ。
スタッフもあちこちにいるんだけど物静かなエージェントといった出立ちで声をかけてきたり積極的に説明をしてくれることもない。聞けば答えてくれるんだけど。あ、オレが声かけにくい様相なんじゃね?ってことはないぞ。
住宅に関するいろんなことを研究しているんだから家を買おうとしてる人とかにもっとアピールしてもいいと思う。

UR都市機構は冊子が充実しているのだが今回のイチオシは『団地×あかり』
団地夜景の写真集みたいなので見て楽しい。なんか団地好きに半歩ふみいれちゃったかも。UR賃貸住宅フォト&スケッチコンテストもあるみたいだしどっかのUR団地を見に行ってみようかな。

今日は特別公開だったけど普段も予約さえすれば公開してくれるるようだ。
UR住宅に住んでいる人は一度,見学してみるのもいいかも。

以上で調査報告を終了する。


晴天の新東名高速を歩く。富士ふれあいウォーク [NEXCO]

富士市が主催の『富士ふれあいウォーク』。
度々,開催されてるみたいだけど今回はNEXCO中日本のバックアップで開通前の新東名高速を歩ける特別なウォーキングだ。新東名高速の進捗を調査してきたぞ。
こんなトンネル抜けの富士山ビューを立ち止まって見れるのは開通前ならでは。
051500.jpg

スタート地点の富士総合運動公園陸上競技場にあつまるウォーカーたち
富士山もすごくキレイだったんだけどお近くの参加者の多いみたいで富士山に見とれている人は少ない。そして,ほとんどが本気ウォーカーでカメラぶら下げスタイルのオレは若干浮き気味だぜ。
051501.jpg

競技場から2kmくらいあるくと新東名高速道路。
新東名は2車線なんだけど3車線幅なのでとても広く感じる。まだまだ建設中なので看板とかもないからすっきりとしているぞ。
051502.jpg

茶畑トンネル。静岡らしい風景だ。
051503.jpg

トンネルは楕円形で横幅は広いまま。
中は涼しくて気持ちがいい。このままトンネルウォークがいいぜ。
051504.jpg

トンネルの先はまだ未舗装区間。
ちょっと歩き疲れてきたぞー。この先になんか楽しいことが待ってるといいのだが…。
051505.jpg

あったぜ。GOMACO車のCOMMANDER。
なにする車か判らないけど働く車だ。展示車両ではないリアル感がいい。
051506.jpg

富士川橋。
日本初の鋼・コンクリート複合アーチ橋で400m近くある。
通っているときは判んないんだけど横の橋を見ると個性的なフォルムをしているようだ。
051507.jpg

橋の途中には富士市と富士宮市の境界線。
ここで東日本と西日本の周波数がかわるのだ。
051508.jpg

新東名のウォーキング中は結構どこからでも富士山が見えた。
特別,富士山好きってことではないけどいい景色だったぞ。
富士山をド背景にした記念撮影ポイントがあってそこではスタッフがシャッターを押してくれてた。一枚撮ってもらったけどとれもよく撮れていた。どうもありがとう。
051509.jpg

今回の新東名を歩くふれあいウォークは17km。後半はバテ気味で写真枚数も一気に減ってた。格好からほどんとが歩き慣れた人達で今日のウォーキングは軽いとか言ってた。まじかよ。
とはいっても8時過ぎにスタートで12時くらいには歩き終わっていたからそこそこ早かったのかも。開通前に歩けたいい機会だった。
また他の場所でも開催してほしいものだ。お仕事車両の展示とかもたくさん頼むぞ。あと短めの距離で頼むよ…。