So-net無料ブログ作成

豊玉の進水対策工事。発進直前の泥土圧式シールドマシン。 [おとなの社会見学]

6月は進水対策強化月間。雨期に備えて浸水対策PRでいろんなイベントが開催。
その中でゲリラ豪雨などの大雨から都市を守る新しい下水道管をつくっている工事の見学会にいってきたぞ。

工事現場は練馬区豊玉の浸水対策工事。地下15mをシールドマシンが掘削する。全長は1.0kmで4000tの雨水を貯水できるようになる。
最後は、前に見学したシールドトンネルと繋がる長大な浸水対策施設になるのだ。
20120625-01.jpg

立坑を上から覗く。深さは11.26mの出発立坑だ。
シールドトンネルをつくるセグメントを保管するヤードも兼ねるみたいだからちょっと大きめのようだ。セグメントはRCセグメントで1リング6分割みたい。
先におりているのは豊玉第二小学校の四年生。元気がいい。
20120625-02 .jpg

真新しいシールドマシンが見えてきた。発進前だからキレイだ。
20120625-03.jpg


なかなか見れないシールドマシンにタッチ。
こんだけ地下見学してても発進前のシールドマシンを見る機会は稀なのだ。よくみとけよ豊玉小学生。
まんなかの黒い部分はシールドマシンを曲げるときに使う中折れ機構。今回のシールドトンネルは結構曲げるようだ。
20120625-04.jpg

カッターフェイスもまるみえ。
20120625-05.jpg

地底から見上げてみる。
鉄骨がしっかりと土留めをしている。
20120625-06.jpg

シールドマシンの後部。
ここにパイプが繋がって掘削した土砂を運び出すのだ。
20120625-09.jpg


地上では浸水対策について啓蒙をはかる雨ますくん。
道路の脇に見かける雨水ますに葉っぱが詰まったり、車のブロックを置くと流入が妨げられて浸水の原因になる。塞いだり、ゴミとか捨てんなよ。
20120625-07.jpg

施工している大木組、発注者の東京都下水道局のスタッフどうもありがとう。
少ない見学者にも親切に対応してくれた。
20120625-08.jpg

豊玉第二小学校はしっかり見学してたな。楽しかったか?
オレよりヘルメットが決まってるじゃないか。
おとなになったら大木組か東京都下水道局のおじさんと働いてみるんだぞ。
20120625-12.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0