So-net無料ブログ作成

SPring-8の放射光施設がなんだかすごいようだ。 [おとなの社会見学]

世界最大の放射光施設「SPringー8」が一般公開だ。
80億電子ボルトのビームをぶっ放つとあるが80億電子ボルトがどのくらいスゴイのか判らん…。熱心に説明してもらってもほとんど判らず曖昧に頷くオレ…。申し訳ないっす…。
想像以上に面白いといわれている先端施設のX線自由電子レーザー施設「SACLA」も見てきた。
ただただ珍しいマシーンを達を見てきたってとこだな。
身近なところだと花王のセグレタ,江崎グリコのポスカがSPringー8を活用して生まれた製品なんだって。
SPringー8ってよく判んないから今回の調査報告はうっすい内容だぞ。

実験ホールが見える。中に入れんのかな。
IMG_0240.jpg

入れた。実験ホールは円形になっている。
円形の理由は蓄積リングという円形のリングの中に電子をぐるぐる回すため。
右側の壁の奥に蓄積リングはあるようだ。
20120430-01.jpg

途中には実験室がたくさん。実験室はビームライン(BL)と呼ばれる。
SPring-8では60近くのビームラインがあって様々な機関が実験してる。
20120430-02.jpg

人気のビームライン。
20120430-03.jpg

高圧プレス装置(SPEED-1500)
こんなことを実験できる。読んでもさっぱりだぜ。
ぎゅーっと圧力をかけて地球の深いとこと同じようにしてるとかしてないとか…。


BLの入口。左側のラインから放射光を取り込む。
右側のカラフルなのは蓄積リングに巻き付いてる磁石で電子がそれないように軌道修正している役割。
20120430-13.jpg

書いてあるけど分光器。
実験に必要な光を分けるための装置ですげー精密機器のようだ。100km先の7mmの棒に光をぶちあてる精度。


各BLはまったく違う装置で見てて面白い。
もちろん何を調べている装置かはまったくわかんねー。



まるでマトリクスのネブカドネザル号。
ボルト感がたまりません。


放射線のモニタリングもばっちり。γ線と中性子を検出している。
20120430-09.jpg


X線自由電子レーザー施設「SACLA」
サクラの名前はSPring-8 Angstrom Compact free electron Laserに由来してるそうだ。2012年3月に本格稼働したばかりの新しい施設。
IMG_0379.jpg

真新しい装置が並ぶ。
20120430-19.jpg

不要になったビームを回収するビームダンプ。
20120430-18.jpg


見学の楽しみのひとつ社食でランチだ。
天井が高くて自然光を取り入れている明るい社食。
電子ビームや放射光な感じはまるでしない。シンプルすぎて残念だ。
20120430-14.jpg

ぼっかけカレーうどんとハンバーグセット。
うどんはうまかった。ハンバーグは並だな。
IMG_4340-Edit.jpg


Q:アルミホイルに包まれてるのはなんだ?
A:保温のために巻いている。中には熱線も巻いている、

Q:放射光が通るとアルミホイルが光ったりするのか?
A:しない。

Q:じゃあ音は?
A:しない。

Q:サンプルにブチ当てたときはさすがに音が出るだろ?
A:でない。

Q:パイプのラインは真っすぐっぽいが精度はいいのか?
A:すごくいい。全くの水平に調整してある。
  建物の端からココではミリ単位で高さが変わる。

Q:なぜだ?建物が水平に建っていないのか?
A:地球は丸いということだ。

Q:年中稼働しているのか?
A:いや、電気を多く使うから夏は止まる。
  他の季節も止まるぞ。

なかなか楽しく見学できたが、SPring-8までのバスがすげーつらかった。
1時間に1本しかバスがないから通勤電車以上の満員。駅からSPring-8までおりねーし、一時間近く満員バスにのってると酔いそうだったぜ…。オエオエ。
バスを増便するかシャトルバスを運行してくれるといいんだがな。

どうしても見たいってひと以外にはバスでのアクセスはおすすめできない。
なるべくなら車でのアクセスがいい。混むけどな。

タグ:加速器
トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Facebook コメント

トラックバック 0