So-net無料ブログ作成
検索選択

深夜の東関東道。 クレーンだらけのミッションコンプリート [NEXCO]

今日の調査対象は、東関東道の建設中の酒々井IC(仮称)。
高速道路を夜間通行止めにしてランプ橋架設と橋梁の撤去作業を一晩でやってしまおうというミッションだ。
今日のチームは、国内最大級クレーン「デマーグCC8800」を筆頭にオールテレーンクレーンが2台。あとは、5,6台のクレーンが共演してのミッションだ。
クレーン好きにはたまらんだろうな。
20120306-01.jpg


東関東道の酒々井PAをすぎてしばらくすると巨大クレーンが見えた。巨大っぷりに現場を探すのは意外と楽なのだ。
工事現場につくとCC8800は橋梁を吊り上げて待機中。
左のコンクリートのことまで旋回して橋梁を持ってくる。下に走っているのが東関東道だ。
20120306-02.jpg

ブーム長は72mでSSL(Side Super Lift)仕様。
SSLとは両サイドに広がるリフトという意味みたい。
20120306-03.jpg

動いてる?さっきより浮いた気がする?ってくらいゆっくりと吊られていった。
『Cランプ橋架橋』ミッションの開始だ。
20120307-13.jpg

動き出しはスローだったが旋回フローになったら途端に早くて写真がブレる。あれよあれよと高速の上を横切っていく。
Cランプ橋は、全長51m・重さ180t。吊り上げてる重さは色々合わせて253tもあるのに軽々の力持ちクレーン。
20120306-05.jpg

目の前を横切ってあっという間に橋ポイントに。かなり旋回は早かった。
20120306-06.jpg

作業員が確認してから橋を下に降ろしていく。
CC8800が調整に動いている気配がそんなになかったから一発でほぼピッタリと決めたようだ。クレーンオペレータすげぇな。
20120306-07.jpg


3200t級の巨大クレーンでも操縦しているのはひとり。
キャタピラーのとこにいるひとと比べるとデカさが判る。
20120306-08.jpg


もうひとつのミッション『第一高松橋撤去』
平行して進めてたようでもう半分が多軸式台車に載っていた。
右側にいる400tのオールテレーンクレーンが吊り上げたようだ。仕事はえーな。
20120307-09.jpg


第一高松橋の撤去を担当するクレーンチーム。
左右の550tと450tのオールテレーンクレーンが吊り上げて撤去する。真ん中にはそれをサポートするクレーンが一台。
こっちは金網越しで写真が撮りにくいぜ。
20120307-10.jpg


撤去されて多軸式台車に乗せられた第一高松橋は、ミッションリーダーのデマーグCC8800のとこまでスルスル移動していくと手早く玉掛けされる。
20120307-11.jpg


あっという間にCC8800が吊り上げる。
20120307-12.jpg


ヤードに降ろして今晩のクレーン軍団の仕事は終了。
目まぐるしく働くいろんなタイプのクレーンと多軸式台車を一度に見れた見応えのある工事現場だった。作業員の皆さんは朝まで仕事のようだ。おつかれ。
20120307-13.jpg


現場内に駐車場も準備してくれて助かった。
20120307-14.jpg


この日のギャラリーは、ほぼクレーンマニアでビデオカメラ多数。
クレーンマニアは型式やスペックが好きなのと、あそこで見たとかここにいくとか武勇伝を語ってるのが多いな。その割には意外と情報はクローズド。工事の情報も見つからないし、あんだけ居たのにネットで書き込みがあまりない。不思議だ。
仕事のカメラチームもいて良い場所に連れてってもらってた。うらやましー。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。