So-net無料ブログ作成
検索選択

東京消防庁。消防フェアで迫力の消防演技を披露〈前編〉 [おとなの社会見学]

立川にある東京消防庁第八消防方面訓練場で開催された『立川消防フェア2012』を調査してきた。
消防フェアとは、消防服を着て消防車と一緒に写真が撮れたり、はしご車に乗ってビルより高いところにあがったり、消防士さんのお仕事を間近で感じることが出来る子どもに大人気のイベントだ。
(春の火災予防運動に合わせて消防や防災に関する展示を行い意識の啓発を図ってもらうイベント)

ハイパーレスキュー隊の消防救助起動車輛の見学が目的だったんだけどHR隊、立川消防署、航空隊、消防団の一斉消防演技披露がすげー迫力で驚いたぜ。
20120303-00.jpg

消防フェア2012は、午前中だけの開催なので朝一でいくぜ。
9:30からはしご車の整理券を配っていたのだが9:40には完了。子ども達に大人気だ。
空いているうちにハイパーレスキューの車輛を撮影だ。

ハイパーレスキュー隊の車輛を見分ける簡単な方法が扉側面についてるシンボル。
救助隊はセントバーナード犬の『バリィ号』がシンボルで消防救助機動部隊(HR隊)はゴールドの裏地に重機を示すフック付ワイヤーだ。
他は救助隊のマークは以前の記事をみれくれ。
20120303-11.jpg

まずは救助車III型。
阪神・淡路大震災後に設定された震災対応救助車両で高度救助資機材を積載している。側面の白い稲妻マークは‘救助を求める人のもとへ素早く駆けつけるツバメ’を表したマークみたいだ。
20120303-13.jpg

10t水槽車。水のないところで消防車輛をサポートする水槽車だ。
写真では見えにくいけど上には放水銃もついているぞ。
20120303-14.jpg

デュアルファイターは無人走行放水装備。消防隊員が近づけないような大規模な火災や爆発の危険のあるところなどでも消火に行ってくれるロボットだ。
デュアルというのは2台1組だから。無人走行放水車のドラゴンと障害物除去車のセーバーがあって写真はドラゴン号。カーソルを合わせるとドラゴン・コントローラの写真。



屈折放水塔車。
福島原発で核燃料貯蔵プールに海水をぶっかけた特殊車輛で森田式スクアート車というようだ。原発で使った屈折放水塔車より古いタイプ。
20120303-07.jpg



先端部分。黄色いのはなんだろ。
ブーム下のオペレーターデスクで操作をする。遠隔でもできるのかも。
カーソルを合わせるとオペレーターデスクの写真。



20120303-04.jpgガスボンベの爆発実験。

鍋でよく使う家庭用のカセットコンロを使って実際におこった事故。
加熱したIH電熱プレートの上に置きっぱなし。カセットコンロを二つ並べて加熱など、考えただけでやばそうだけど実際にあったケース。


あ、火が出てきた!の瞬間…。カーソルのっけて。びっくりすっから!


度肝を抜かれた実験のあとは昭和第一学園高校吹奏楽部の演奏で落ち着く。
20120303-12.jpg

遠距離大量送水車〈SUPER PUMPER1〉
ホースの距離を伸ばすとその水の勢いが弱まっていざ放水のとこがチョロチョロとなってしまう。だから送水する圧力を高くするための車(だと思う。)


ホース延長車〈SUPER PUMPER2〉
ホースがたんまり入ってた。どのくらい距離を延長できるんだろう。


敷地内には東京消防庁の航空隊もある。
写真は、大型ヘリコプター『ひばり』仏ユーロコプター社のAS 332L1という機体。
航空隊は、救急・救助・消火・収集などをヘリコプターから行う空の消防。抜群の機動力で山岳から水難救助、島しょ地域まで広域に渡って威力を発揮している。
20120303-22.jpg


地震体験にも多くの人が参加していた。
20120303-20.jpg


消防隊員が消防演技に向けてはしご車を準備中。
思っていたよりカーゴは小さかった。



いつものように質問をしまくってきたぜ。
快く答えてくれた航空隊とハイパーレスキュー隊の隊員さんどうもありがとう。

航空隊編
Q:このヘリコプター(ひばり)はどのくらい飛べるのだ?
A:1000kmだ。

Q:活動範囲は東京だけなのか?
A:いや違う。要請があればどこへでもいく。
  サミットの時は沖縄や北海道にもいった。

Q:夜間でも飛ぶのか?
A:飛ぶ。レーダーも搭載しているが基本的には有視界飛行だ。

Q:テレビで見たことはあるが山岳救助も行うのか?
A:要請があれば出動する。
  ヘリコプターは機動力があるために先着して救助を行うことが多い。

Q:救助のときにワイヤーはどのくらいまで伸ばせるのだ?
A:90〜100mだ。ただ風で流されたりするから実際には30mくらいだ。
  現場の状況によって判断している。

Q:訓練はどこでしているのだ?
A:ここだ。自衛隊にスペースを借りている。
  自衛隊のスペースは飛行訓練に周囲への許可がいらないのだ。

Q:航空隊は専門集団なのか?
A:いや、パイロット以外でハイパーレスキュー隊へ応援を要請することもある。
  応援に行くことはない。


ハイパーレスキュー編
Q:ドラゴンは、どんなとこを消火するのだ?
A:人がいけないところだ。ドラゴンは熱や炎にも強い。
  デュアルファイターは、セーバーという瓦礫をどかす相棒がいる。
  セーバーでどかしてドラゴンで消火だ。

Q:ドラゴンは、遠隔で操作なのだな?
A:そうだ。固定カメラで目標を捉えて消火する。
  上部のカメラだと距離感が判りにくいから固定カメラを多用する。

Q:ハイパーレスキュー隊は選ばれてなるのか?
A:本人の希望もあるが、部隊の推薦で選ばれることも多い。

Q:第八消防方面本部の任務は何だ?
A:第八消防方面本部は、震災対応部隊だ。
  ただし震災に限らず様々な災害対応をしている。

Q:消火活動もするということか?
A:もちろんだ。ハイパーレスキューの任務以外もしている。

Q:今日は、早番か?
A:いや。8:30から翌8:40までの勤務になる。
  10分は申し送りの時間だ。

Q:ハイパーレスキュー隊と消防隊の違いとは何だ?
A:部隊で任務を完遂できる自己完結型だ。
  道がなければ重機で除去をして救急をする。
  常に幅広い知識と能力を高める努力をしている。

Q:重機を扱うための免許はあるのか?
A:もちろんだ。(ガサゴソ)
  免許がひとつにまとまらないのでかさばっている。(分厚い財布には免許の束

ハイパーレスキュー隊。なにが凄かったって免許の数
特殊な免許だらけだと思っていたら玉掛け、牽引など意外と身近な免許まで持っている様々な技能・技術をマスターしたハイパーな男達だ。

くだらない質問にもしっかりと答えてくれたハイパーレスキュー隊。どうもありがとう。
ひとつひとつの受け答えにハイパーレスキュー隊としての誇りと使命感をもっているのが感じ取れた。自衛隊の人は国の為って感じがしたけど、ハイパーレスキュー隊はみんなのために感があった。
質問に答えてくれながら子どもが危ないことしてるのを瞬時に見つけてすっ飛んでいく鋭い観察眼。さすがだ。

‘ハイパーレスキューだけが凄いんじゃないです。
消防士もレスキュー隊も救急隊もみんな同じです。’


という言葉が印象的だった。
後編は迫力の消防演技を紹介するぞ。

関連記事
丘でも海でもPort of Tokyoフェスティバル
屈折放水塔車のコクピットで記念撮影。
タグ:東京消防庁
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0