So-net無料ブログ作成

新東名。大渋滞でも「うみ」「やま」ウォーキング達成。 [NEXCO]

本日の調査対象は『新東名・眺望ウォーキングin静岡』

開通前のイベントとして新静岡ICと清水いはらICと新清水ICの3カ所でウォーキングイベントが開催された。半端ない大渋滞の中で新清水IC「やまコース」と清水いはらIC「うみコース」をウォーキングしてきてすげー楽しかったぞ。ネットの書き込みをみると渋滞で参加できなかったひとがたくさん。2会場も行けたのはラッキーだった。
20120226-00.jpg

まず向かったのが新清水IC「やまコース」
7:30くらいに新清水ICそばですでに道が渋滞。まったく動かない状態で一般の車もまきこまれてなぜ渋滞しているのか判らないようで困惑してる。
8時を過ぎて車列が動き出し新清水ICから新東名高速に入ったがすぐに新東名の初渋滞。渋滞写真をよく見ると看板が車の向きと逆だろ?高速道路で逆走渋滞はもう二度とない貴重な体験だ。動かない車に飽きてすでにウォーキングしてる女の子も。
20120226-02.jpg
3会場で唯一、開通前に新東名を(逆走で)走ることができたわけだな。

新清水IC「やまコース」は10:00くらいで帰ったんだが静清バイパスまでずーっと渋滞を横目に見てた。参加の車はもちろん、ツアーのバスもぴたりとも動かず。参加費をはらってるのに歩けたのか疑問。悲惨だったのは訳も判らずはまってる仕事中の車。
20120226-10.jpg

清水いはらIC「うみコース」も新清水ICと同じ警備会社でダメ過ぎだった。
まともに交通誘導できないダメ男ばかりで駐車場周りの道は大混乱。あれじゃ参加をあきらめる住民も続出だな。

驚くほど低評価なマラソン大会に続いて、はやくもお詫びだって。仕事はのろかったのにお詫びは早い。清水区こんなんでばっかでだいじょぶかよ。静岡市建設局道路部は迷惑かけ過ぎ。


それに引き換え、駿河湾沼津SAで開催されたネクスコ中日本が主催の「ラストチャンス ウォークツアーin 新東名」は首都圏、中京圏からの参加者が多いようでネットの書き込みを見ると大好評のようだ。
『新東名・眺望ウォーキングin静岡』は今までずっと新東名の開通を楽しみにしていた多くの静岡人が参加できなかったってのは何とも言えないね。最後のイベントだったのに地元住民かわいそ。


そんな中、がんばってたのは清水いはらICで赤い帽子をかぶった女子スタッフ達。
にこやかに元気に参加者をサポートしてた。
「写真撮りますよー」と片っ端から参加者のカメラを慣れた手つきでシャッターを押しまくり。「よしっ」と頷いて撮ってくれた写真はばっちりだったよ。どうもありがとう。男子も三角コーンをかっこ良く片付けてた。グッドジョブ。
20120226-05.jpg

asahi.comで驚きの記事を発見。
「マラソン」の教訓を踏まえ、コース上には多くの県職員やイベントスタッフが待機。救護車なども8台待機するなど、主催者側も厳戒態勢で臨んだ。
なに?駿河湾沼津SAには多くの職員と救護車8台だと?
主催がNEXCOだと1軍を投入して万全なのかよ。
それにひきかえ新清水ICと清水いはらICのどちらも県職員は見当たらず救護車は一台もみあたらねぇ。
『新東名・眺望ウォーキングin静岡』はベンチスタッフで開催したのか?

最近のスポーツ関連のイベントは、AEDが準備されてたり救護スタッフがコース上を見回っているのが当たり前なのに今回はひでぇな。コース途中で急病人がでたらどうするつもりだったんだろ。幸い事故がなくてよかったけど危険予知がまるでだめ。

静岡市建設局よ、うかれるな。反省してください。

詳しい報告は後日だ。

タグ:新東名
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0