So-net無料ブログ作成

解体直前のスターハウス群が残る赤羽台団地 [団地]

東京都北区赤羽台にあるUR赤羽台団地。

UR団地の花形であるスターハウス郡を眺めることが出来る都内屈指の公団住宅だったのだが老朽化のために立て替えが進められている。レトロ団地が現存しているのかネットの情報では、まだありそうなんだが詳細まで判らなかった。
行ってみると解体工事の真っ最中で多くの住棟がフェンスに囲われていた。

スターハウスは健在だった。かっこいいぞ。
20120114-01.jpg


団地案内図だ。
42〜49がスターハウス。8つのスターハウスを一度に見れるのは貴重。
20120114-02.jpg

ところがスターハウスの4棟(45〜48?)はフェンスで囲われてしまっている。
おばけ公園も入ることが出来なかった。
20120114-04.jpg


全体的に解体が進んでいて今まさに重機で解体している住棟もある。写真は9号棟。
重機をいれるスペースがないからまずは道路側から解体。スペースができたらフェンスで囲い込んでの作業になるから解体中の作業を見れる稀なときだったのかも。
20120114-04.jpg


動物公園もフェンスの中。
動物のモニュメントは檻の中に閉じ込められて、ほんとの動物園みたいになっちまったな。
20120114-05.jpg

赤羽台団地名店街。レトロ感溢れる看板だ。
名店街なのだがやはりシャッターの降ろされた店舗ばかり。
団地を建て替えても名店街に住民は戻らずイトーヨーカ堂に。
20120114-07.jpg

団地50〜52にぐるりと囲まれた空間。ファサードがみんな違っていて面白い。緑がたくさんあって以前は憩いの場だったんだろう。囲っている団地はベニヤ板で封鎖されていることから住民はすべて転居しているようだ。
20120114-06.jpg


11号棟はぜんぶフェンスで囲われてると思ったら一部開いていた。
20120114-08.jpg


団地の扉は各階で色が違っている。なんかおしゃれだな。
20120114-09.jpg


東京23区で初の公団住宅で実験的な要素が詰まった団地であったマンモス団地「赤羽台団地」も生まれ変わろうとしている。
取り壊される前に二度と建てられることのないスターハウス群を見にいこうぜ。



団地ノ記憶

団地ノ記憶

  • 作者: 照井 啓太
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2008/03/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
僕たちの大好きな団地―あのころ、団地はピカピカに新しかった! (洋泉社MOOK シリーズStartLine 13)

僕たちの大好きな団地―あのころ、団地はピカピカに新しかった! (洋泉社MOOK シリーズStartLine 13)

  • 作者: 長谷 聡
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: ムック



タグ:団地案内図
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0