So-net無料ブログ作成

中央環状品川線大橋ジャンクションで地下トンネル再び。 [首都高]

久しぶりにシールドトンネルを見学してきた。
場所は、これも久しぶりの「首都高 大橋ジャンクション」で中央環状新宿線が開通してから初めての見学。大橋ジャンクションは、2007年に初めて見学してから2010年の中央環状新宿線の開通まで「まーた来ましたか!(笑)」って首都高スタッフと顔馴染みになったくらい見学した工事現場だ。

はじめて見た時の興奮を思い出すような現場見学だったぜ。
20111216-01.jpg


懐かしい大橋ジャンクションの中央部はだいぶすっきり。
開通前最後の一般公開のときに残っていた「大橋一丁目9」住所札はもうなかった。
20111216-02.jpg

換気所の中に潜入。
前に見学した巨大な換気ファンのある部屋の脇を通ったんだが…。無音。音がしねぇ?
あんな巨大な装置を作っても動いてないの?っと首都高スタッフに聞いてみると
絶賛稼働中
ホントかよ!超サイレント。
そういえば車の音も全然聞こえないし大橋換気所内は静寂そのもの。
20111216-05.jpg

シャッターの向こうは既設の高速中央環状線。かすかに車が走っている音が聞こえる。
大橋ジャンクションを走るとシャッターが見えるけど、ここがまさにその裏側だ。
20111216-03.jpg


山手トンネルの防災対策として導入された首都高イエローバイク隊の基地だ。
20111216-04.jpg


エレベーターに乗っていっきに屋上にのぼる。外に出てびっくりした。
あのコンクリートで殺風景な景色がだった屋上が、なんということでしょう。
おおはし里の杜として田園風景が広がってた。
20111216-06.jpg

田んぼまであって稲も植えられている。
おおはし里の杜は、もともとこの地域の風景を再現しているそうだ。「斜面林」「湧き水とせせらぎ」「水辺」「水田」「草地」があって懐かしさを感じる風景があった。
20111216-09.jpg


屋上庭園を見学した後は地下30mのシールドトンネルへ。
このシールドトンネルは、品川線と大橋ジャンクション・3号線をくっつけるための大橋連結路シールドトンネルで長さは500mになる。上段下段の2トンネルで下のシールドトンネルは貫通している。
20111216-07.jpg

大橋連結路シールドトンネルを掘り進むシールドマシンはDSR工法でコストをかなり削減している。DSR工法とはシールドマシンを内胴と外胴の2重構造にして1本シールドマシンを掘ったらジャッキとかの駆動部がある内胴を引き抜いてもう1本に使う工法。シールドマシンは結構高いのでかなりのコストダウンだ。
首都高は2000tもあるシールドマシンを回転させて使ったりDSR工法で再利用してみたりといろんな試みをしながらベストな工事をしているのだ。

そのシールドマシンを特別に間近で見せてくれた。
なかなか見れない生シールドマシンに感激っ。ありがとう首都高!
このシールドマシンが首都高速品川線事業で最後のシールド機なのだ。
20111216-08.jpg

現場の作業員さん。
作業中にも関わらずバシャバシャ撮らせてくれてありがとう。
写真を撮ってるとさりげなく避けてくれたり、立ち止まってくれたりと周囲に気を配ってくれる作業員さんばかりだった。いい仕事をしているに違いない。ご安全に!
20111216-11.jpg

ひさしぶりのシールドトンネルで写真撮りすぎてぶっちぎりで遅れちゃいました。
首都高スタッフさんご迷惑おかけしました。
20111216-12.jpg


地下ではずっと便利になる未来の首都高が着実に建設されている。中央環状線が完成すれば車の流れが変わって渋滞も減ってくれるだろう。完成が楽しみだ。
首都高のまえださん、すどうさん、かとうさん。
いろいろ教えてくれてありがとうございました。また見学させてください。

そうそう。
大橋ジャンクションを走るときはスピードは控えめにな。カーブがきついぞ。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

トラックバック 0