So-net無料ブログ作成

ノスタルジック阿佐ヶ谷住宅。 [団地]

阿佐ヶ谷住宅は荻窪団地のすぐそば。公団住宅をはしごするぞ。
前に一度雨の日に見に来たんけど今日は天気がいいこともあってノスタルジックな空気感が漂う心地のいい空間だったぞ。
20111204-01.jpg

案内図も健在だ。ちなみに阿佐ヶ谷団地じゃなくって阿佐ヶ谷住宅
存在感たっぷりのテラスハウスが数多くて団地より住宅ってほうがしっくりくる。
阿佐ヶ谷住宅は3-4階建て鉄筋コンクリート造が118戸。テラスハウスタイプが232戸。
テラスハウスタイプには陸屋根タイプと傾斜屋根タイプの2種があって陸屋根タイプは日本住宅公団の設計課,傾斜屋根タイプ(174戸)は前川國男建築設計事務所が担当した。
20111204-02.jpg


阿佐ヶ谷住宅の中心にある空間。
弁当を広げて談笑しているパーティーやサッカーをしている親子,シャボン玉を飛ばしまくっている家族など思い思いに楽しんでいた。
団地撮ってると子どもに話しかけられる。「ねーねー。月撮ってんの?」「建物とかいろいろ撮ってんだ」「ふーん。あー、シャボン玉ー!じゃーねー」っとシャボン玉を追いかけ始めた。なんつー無邪気な少年だよ。
20111204-06.jpg

住宅の間にはちょっとしたコモンと呼ばれる緑地が数多くある。
整然と配置されているんじゃなくって曲線の先にあったりして歩いて楽しい。
20111204-05.jpg


三角屋根のおしゃれな住宅は前川國男建築設計事務所が設計したテラスハウス。
20111204-03.jpg

かっちりした陸屋根タイプ。こっちの設計は公団デザイナー。
ガーデンもきっちり手入れされていた。
20111204-04.jpg

ひと際目立つ給水タワーもかっこいいぜ。
20111204-07.jpg


こちらがナンバーワン・ハウス。住宅案内図の“1”のとこだ。
20111204-08.jpg

阿佐ヶ谷住宅は立ち退きも進んでいて空きも多く荒れている感もあるけど不思議と廃墟っぽくはなかった。ノスタルジック感溢れる一帯でフォトジェニック。他にも写真を撮っているひとがちらほらいる。

ぐるぐる歩き回ってるから犬を散歩させている夫婦に何度もすれ違ったけど不審がられることもなく軽く挨拶されるほど。無邪気な少年といい、なんて穏やかなコミュニティ。近所の人をふくめて阿佐ヶ谷住宅なんだろうな。

阿佐ヶ谷住宅は曲線的に住宅が配置されていて団地っぽくない。
住宅案内図をみるとわかるか?
ウィキペディアによると
「個人のものでもない、かといってパブリックな場所でもない、得体の知れない緑地のようなもの(=コモン)を、市民たちがどのようなかたちで団地の中に共有することになるのか」(津端修一)
その通りのとこだったぜ。また見にいこ。
見に行くときはくれぐれも住民の迷惑にならないようにな。

バスも通っているし近くに¥100パーキングあるからアクセスはいい。
くれぐれも路上駐車はするなよ。道狭いし近所の迷惑。
それに写真の邪魔だぜ。


阿佐ヶ谷住宅の写真サイト。
団地百景 公団阿佐ヶ谷住宅
公団ウォーカー 阿佐ヶ谷住宅


団地コンボの〆はスターハウスのある「ひばりが丘団地」だ。日が暮れてきた。いそげー。

タグ:団地案内図
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0