So-net無料ブログ作成

巨大船をドックとデッキから撮りまくり|ユニバーサル造船 [おとなの社会見学]

三重県津市にあるユニバーサル造船 津事業所とJFEエンジニアリングの秋まつり。
なかなか見れない巨大な船舶を見学できる貴重なイベントにいってきたぞ。

ドックから巨大なスクリューを間近で見たり、ビル程の高さもあるブリッジから見下ろしたりと満喫しまくってきた。黄金のスクリューなんでなかなかみれないよ。
2011102903.jpg

一般公開は10時から。20分前に送迎バスで着いたけど門の前には結構、並んでいた。(送迎バスは久居駅から無料で送迎)
まずは前回、見損ねた研究所見学の最終回をキープ。毎年、研究所とJFEエンジニアリングの一般公開はバス整理券が必要なので見たい人は即ゲットしといたほうがいいぞ。
2011102901.jpg

ユニバーサル造船の見学バスに並ぶと脇にデカイ船が浮いてる。今日見学できる大型船と同じダブルハルバルクキャリアというタイプらしい。運ぶのは鉄鋼石で20万tを運べる。全長290m幅50mもある巨大シップだ。
ダブルハルバルクキャリア?これは、二重船殻構造(ダブルハル)のバラ積み船(バルクキャリア)のこと。二重船殻構造ってのは二重構造にしてちょっとぶつけてもオイルが漏れたりしないように事故の環境リスクを減らしている構造で最近の主流。
2011102904.jpg

スクリューの前の筒みたいなのはSSD(Super Stream Duct)と呼ばれるユニバーサル造船の省エネ・エコシップの3大目玉機能のひとつ。
整流効果による抵抗の低減、流速アップで推力の増加、プロペラの効率アップによって3〜8%の燃費向上になるようだ。
2011102905.jpg

巨大船の作り方はブロックと呼ぶ鉄の塊をつなぎ合わせて造船していく。一隻でだいたい120ピースくらいのブロックを使う。ドッククレーンは700tの巨大ブロックも吊り上げるちゃうのだ。組み合わせの確認はやっぱり人の目。責任者がサイン入りでOKを書き込む。
20111029-IMG_0205.jpg

船橋の形も工夫して角を落とすことで風の抵抗を減らして燃費アップ。
ビルがのっかっているようなもんだから風の抵抗も半端ないんだろう。
IMG_0227.jpg

ブリッジからの眺めだ。先っぽが見えねーぜ。
IMG_0151.jpg


ブリッジは意外とシンブル。
船を動かす遠隔操縦装置は三井造船製のBMS-2000でエンジンテレグラフはボタン。船主の好みでレバー式でなくボタン式にしているそうだ。ボタンをポチッと押すだけでこんなデカい船が動くなんてなんかすげーな。

ボタンの説明をしよう。
FUはFULL(全速)、HAはHALF(半速)、SLはSLOW(微速)、DSはDEAD SLOW(極微速)になってる。前進はアヘッド、後進はアスターンという。
全速前進は、フル・アヘッド!ってなるかな?
NFは Navigation Fullといって「航海速力」のこと。船が港の外にでて安全な海域に出たらナビゲーションフルなのだ。目一杯の後進はクラッシュアスターン。エンジンが壊れちゃう勢いのようだ。
20111029-04.jpg


ブリッジからの景色をもう一枚。
この丸いやつはクリンビュー。世界の嵐は半端なくて窓からまったく見えなくなったりするそうだ。そんな嵐の海には、このクリンビューシステムが大活躍なのだ。
20111029-05.jpg


甲板にあった謎の金網。これはスパロウガート(仮称)。
世界の海には、ほんとに海賊がいて鎖をつたって登ってくるジャック・スパロウを船にいれないようにする重要な金網なのだ。
IMG_0126.jpg


舵もデカい。空荷だとスクリューが見えるほど浮き上がっている。
このままだと航行できないので船底にあるバラストタンクに注水して船を浸からせてあげるのだ。バラストってのは重りのことで海水を入れてやる。
舵の水面近くに板が見えるだろ?
これがサーフバルブという推進効率をアップさせる仕組みのひとつ。
20111029-1.jpg

省エネ・シップの秘密その3はAX-BOW(アックス・バウ)。
横から見ると斧のような形をしてるから斧型船首と呼ぶのだ。波浪中を航行すると波の抵抗を受けて大型船になるほど力をロスしてしまう。抵抗が少なくなる形がこのAX-BOW(アックス・バウ)。燃費が4〜6%よくなるそうだ。
20111029-06.jpg

ユニバーサル造船のスタッフに質問してきたぞ。
Q:バラ積み船は何人くらいで運転するのだ?
A:20人くらいだ。

Q:年間、何隻造船するのだ?
A:8〜9隻だ。キャナロック方式で途切れなく造船している。

Q:キャナロック方式とはなんだ?
A:両開き式ドックで1隻半の大型船舶を建造する方式だ。

Q:進水式はするのか?
A:もちろんだ。このドックに注水して“とも”から進水だ。

Q:とも?
A:船尾のことだ。船首は、おもてという。

Q:進水式はするのか?
A:もちろんだ。このドックに注水して“とも”から進水だ。

Q:地味だな。
A:大型船になると滑り降りる派手な進水式はできないのだ。

Q:ユニバーサル造船の船の特徴はなんだ?
A:省エネだ。特徴はAX-BOW、SSD、サーフバルブの3つ。
  特許もとっているユニバーサル造船の自慢のシステムだ。

Q:燃料はたくさん積むのか?
A:基本は往復できる燃料を積む。省エネで長距離の運行が可能だ。


そうそう。最初に整理券をとった研究所だか結論から言うとつまんなかった。
研究所だから写真はNGなのはわかるけど先に書いたSSDとかの説明パネルすら撮れないとは…。後ろだと説明もボソボソとよく聞こえねーし覚えられねーよ。
バラ積み船の太っ腹な公開に比べるとなんとしょぼいのだ。
模型の説明と電車に乗って船のデモだったんだけど海上技術安全研究所のほうがすごい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0