So-net無料ブログ作成

函館どつくでド迫力の進水式 [おとなの社会見学]

函館どつくの進水式を調査してきた。進水式っていうのは初めて見たけどすげーな。
進水式はSuper Handy 32というばら積み貨物船。滑走式進水方式というので船が海に向かって轟音とともに滑り降りる様は非常に感動的っのようだがホントだったぜ。
050600.jpg


遅れちゃいかんと函館どつくにちょっと早めのつもりが待ち遠しすぎて早く着きすぎた。一緒の電車に乗っていたカメラ女子に3:40まで入口前で待機だとと教えてもらう。ありがとう
待っていると続々と見学者がやってくる。ご近所だから見に来てみた封のひとが多い気がした。時間になったら入場。結構みんな慣れた感じで構内を歩いて行く。それについていくと。

コイツが発進するのかよ。このSuper Handy は函館どつくの大ベストセラー商品みたい。ハンディタイプと言うが全長は170m近くとてもハンディではないデカさだ。命名式が終わるまでは船名を紅白幕で隠している。
050601.jpg


進水式にか欠かせない2点セット。くす玉
050602.jpg

とシャンパン(日本酒?)
050603.jpg

進水式のセレモニーが始まる。
全員起立のアナウンスに見学者はみんなサクっと起立。自然と拍手もあって函館どつくの進水式は地域の人達に溶けこんでるなと思ったぞ。

それにしてもこのカメラマン。特等席で撮れていいなぁ。
下は携帯カメラマンからマジカメラマンまでポジション取りに余念が無いぜ。どこがいいのがルーキーのオレにはわからなくてとりあえずはくす玉ポイントで待機だ。
050610.jpg


命名式のあとに紅白幕が取り除かれるとCACTUS Kの文字が。
このお船の名前なのだ。
050605.jpg

いきなりイベントが始まって思わずとった写真がコレだ。
自分でもオドロキの瞬間写真。先のカメラマンはどうだっただろう?
050604.jpg

続けてくす玉がオープン。ハトさんが天高く舞い上がります。
これまた自分でもオドロキの瞬間写真。
050606.jpg

軍艦マーチの音楽と轟音と共に海に向かって滑り落ちていくCACTUS K。
CACTUS Kを追いかけて走っていくひと。くす玉の風船をあつめる子供たち。よくわからないままシャッターを押しているひと(俺)などあっという間の出来事をそれぞれ楽しんでいた。
050607.jpg

バッチリ進水式をかましたCACTUS K。タグボートに押されて対岸に停泊するようだ。
実はまだ内装は完成してなくってこれから作業があるそうだ。
050608.jpg

主を無事に送り出したデッキ。
さっきまで大型船がいたとは思えないくらいの静けさだ。
つーか,進水式が終わると見学者の帰るのの早いこと。初参加だったので余韻を楽しんで写真を撮っていたんだけどあれだけいた見学者がほとんどいねぇ。みんな見慣れてるのね。
050609.jpg

はじめてみた進水式だったけどよかったぜ。機会があったらまたみてみたい。
気になる人は函館どつくの進水式情報をチェックしてみてくれ。次は6月にまたあるようだぞ。

結構なひとが進水式を見に来てて写真を撮りまくっていたんだけどネットで探してもそんなにみっからない。いい写真を撮った人は自慢のコメントしてくれよ。

関連記事
本年度初、貨物船が進水 函館-北海道新聞

タグ:船舶
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

トラックバック 0