So-net無料ブログ作成

キリンビール千歳にいってきた〜。 [おとなの社会見学]

第二弾は,またまたビール工場の工場見学に行ってきたぞ。
今日のキリンビールは千歳工場。ほろよい調査報告をお届けするよ〜。

雨の中でも麒麟さんがお出迎え。
北海道のキリンビールはすべて千歳工場で作られているのだ。
050100.jpg

受付の時にカメラをぶら下げていったら『お電話でお問い合わせの方ですか?』
はずかしー。バレとる。予約の時にブルワリーツアーは撮影できるか?って聞いてたんだよな。
キリンビールはサッカーを応援していて選手へのメッセージを募集中。
取手に続きメッセージカードを描いてみた。取手のときは麒麟を書いてみたのだが千歳では先に書かれていたんで今回のモデルはビールの王様ガンブリヌス様と生茶パンダ。
ガイドさんに褒められました。オレの書いていない生茶パンダが…。
050101.jpg


雨でもブルワリーツアーはおとなから子どもまでなかなかの盛況ぶり。
今回のブルワリーツアーガイドさんは福野さん。

バスで移動してブルワリーツアーの開始だ。
千歳工場では残念ながらブルワリーツアー中は撮影できないので文章だけだ。
まずは仕込み釜や糖化槽などを見学。足元まで見えるタンクはなかなか珍しい。
次は発酵・貯蔵タンク。間近すぎて上まで見えない。貯蔵タンクのほうがちょっとデカイそうだ。
キリンビールの環境への取り組みも説明してもらう。キリンビールは再資源率100%を達成。瓶やケース,麦の殻などすべて再資源化にしているってのはすごいな。ツアーガイドさんの制服もペットボトルからできているそうだ。

050104.jpg試飲ビールは一番搾りとラガービールから選べる。おつまみはキリンあられと一番搾りの麦芽から作った新作『ぽりぽり一番』。
ぽりぽり一番は塩味が絶妙でうまい。
ビールはグラスで3杯まで飲めるから飲んでみて気に入った方をおかわりしよう。

050107.jpg福野さんは研修中みたいだけど説明もバッチリ。いつもニコニコと感じの良いガイドさんでした。

試飲会場は,仕込釜をモチーフとしたビールサーバや昔のビール瓶を展示してあるので見逃せない。
050105.jpg
050106.jpgキリンビールのおすすめする3度注ぎはビールの安定した供給のためにお休み中。代わりにスタッフお手製の3渡注ぎの説明があった。詳しく見たい人はクリックするとデカイ画像になるぞ。



ブルワリーツアーのあとは併設されているレストラン『ハウべ』で二次会。
ちなみにハウベとはドイツ語で帽子の意味。麦芽を乾燥させる設備の排気塔のてっぺんにあるカブトみたいなやつのこと。だと思う。

旬のアスパラサラダ,復刻メニューの牛タンチャコール焼き(←すげーうまい!),牛肉のビール煮などジンギスカンではないフードメニューを堪能しました。どれもビールに良くあってうまかった。
ブルワリーツアーには腹を空かせて参加して試飲の後の二次会には是非とも立ち寄っていただきたい。食べ物ばっか褒めたけど千歳工場直送のビールはもちろんうまかった。マイスターの注ぎも見事でした。
050108.jpg
050109.jpg


キリンビアパーク千歳
写真撮影:×(試飲会場はOK)
試飲銘柄:1.jpg3.jpg
なん杯?:3杯まで
レストラン:「ハウベ」
アクセス:JR長都長都駅から徒歩10分。目の前にバス停もあり。

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

トラックバック 0