So-net無料ブログ作成

三池炭鉱旧万田坑。写真を撮りまくってきた。 [近代化遺産]

九州の熊本県荒尾市にある三池炭鉱旧万田坑。
重要文化財に指定されている施設で堅坑や巻上機,レンガで作られた事務所などが今も現存する。老朽化のために2007年から保存作業をしてたのが完了。通年公開でどう変わったのか見てきたぞ。

見学するには万田坑のすぐ脇にある万田坑ステーションで入場券を購入する。入場料は400円でガイドツアーになっている。
平日の定時コースなら誰もいない貸切状態で勝手気ままに見学できると思ったら団体と一緒になってしまった。結果的には自由見学になんだったけどな。
102907.jpg

以前は廃墟テイストがたっぷり漂っていたんだがきっちり整備されていてキレイになっていた。整備されるとガッカリすることが多いのだが万田坑は程よい整備だ。
102906.jpg

この前はここから二抗にはいれたがリニューアルで立入禁止になっていた。
結構な老朽化だったので仕方ないかも。
102903.jpg

トンネルから第二抗に入る。第二抗は人員の昇降と排水,排気のために使われていた。竪坑の深さは274mもあってケージと呼ばれる乗り物で作業員は地底まで降りていった。274mをわずか1分で落ちていったらしい。ほどんど落下に近くて超怖かったそうだ。
ケージとは奥に写ってる四角い箱で定員は25人。まじかよ乗せすぎだぜ。
102910.jpg


2抗。雰囲気が残ってて安心した。
102902.jpg

ヘルメットかぶって巻揚機室に入る。巻上機もそのまんま残っていた。
102908.jpg


当時の雰囲気そのままの部屋。
写真は巻上機の操縦席。ここで地底まで人を運ぶためにウインチを操作していたのだ。
102904.jpg

深度計。ほんとに274mまで目盛りがある。
102905.jpg

第一竪坑の穴は見学コースにはなかった。見学後に見れるか聞いてみたけどやっぱり見せられないみたい。ランドマークタワー級の穴が開いてる光景は半端なくスゴかったんだけど安全面の問題で公開できなくなったのだろう。
前に見たときの写真がコレだ。地下水が50mくらい滲みでている。
思い出すだけでクラクラするぜ。
IMG_1007.jpg

荒尾と大牟田とつながる130mの地下通路。通称「桜町トンネル」
ちょっと脇にあるので意外と見過ごしがちな見学ポイントだ。実は初めて見たのだ。
今は封鎖されていて通ることはできない。
102912.jpg

万田坑のシンボルだった煙突の跡。
102911.jpg

一通り案内してもらったあとは万田坑に残って好きなだけ写真を撮ってた。
定時ツアーに参加しなくても入場券を買っていけば自由に見れそうだ。
ツアーは元炭鉱マンが中心になっている「万田坑ファン倶楽部」の皆さんがガイドしているので一度は話を聞いてみることをオススメする。深い話が聞けるぞ。

通年公開になっていろいろと見れなくなってしまった施設が結構あったのは残念だけど整備の仕方は非常にイイ感じ。近くに行ったときは是非とも見学してくれ。

関連サイト
万田坑
万田坑(国指定重要文化財)世界遺産暫定リストに掲載 | 荒尾市観光協会


以前の見学した時の報告書をリンクしておく。写真を見比べてくれ。
九州近代化遺産ツアー第3弾 特別公開,大牟田・荒尾の炭鉱遺産を調査
三池炭坑万田抗跡
タグ:炭鉱
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 5

G3

万田坑の補修に際してはいろいろもめていますが、駐車場ができたことで来る人は数倍増えました。

by G3 (2010-11-07 19:55) 

wpo

やはり車でアクセスが多いのですね。
万田坑には大牟田から自転車で行ったのですが遠かったです。
見学してる時にもバスの団体が次々に来てましたがみんなサラッと見て帰って行ったのが意外でした。

貴重な産業遺産なのでこれからも大切に残っていくといいです。また見に行きたいと思ってます。

by wpo (2010-11-11 01:21) 

G3

観光バスで来られる場合、じっくり見る時間は確保されておらず駆け足ぎみに見ていかれます。
by G3 (2010-11-14 11:50) 

隠れオタク

ここは駆け足で見学するところではなくガイドさんの話をじっくり聞けば興味も関心も倍増する味のある史跡ではないでしょうか
by 隠れオタク (2013-11-08 23:03) 

wpo

観光バスのツアーは駆け足になるかもですが、バスツアー会社は、また来てみたいと切っ掛けを感じさせるツアーにして欲しいです。
万田坑ほどまるごと残っている炭坑遺産はありませんから。
第一竪坑の穴は見れなくなったのは残念ですけど。
by wpo (2013-12-30 20:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0