So-net無料ブログ作成

首都高『きたせん』でシールドマシンとご対面 [おとなの社会見学]

ご安全に。
今日のおとなの社会見学は首都高のメルマガ講座『横浜環状北線(きたせん)シールドトンネル』の工事現場見学会に参加してきたぞ。
今回は横浜環状北線で組み立て中の新品シールドマシンを見学できるレアなチャンス。シールドマシンは発進するとずっと土の中なんで姿をまるごと見るには発進前しかないのだ。

見学会が始まるとまずは『きたせん』の概要説明。
横羽線「生麦JCT」と第三京浜「港北IC」をつなぐ8.2kmの自動車専用道路。そのうちの5.9kmが地下トンネル構造。きたせんが完成すると羽田空港やアクアラインへのアクセスの利便性があがったり渋滞が解消されてCO2が減ったりする。
この地下トンネルを掘削するのがシールドマシンと呼ばれる掘削機で今回の見学会では組み立て中のシールドマシンを見れるのだ。

概要説明を聞いたあといよいよ現場へ。
首都高スタッフと大林組スタッフが案内してくれる。大林組は調布シールドでも案内してもらった。
立坑に入ると組み立て中のモンスターマシーンがどどーん。先に発進シールドマシン1号機(左側)はほぼ組み上がっている。港北に向けて発進する2号機(右側)はこれから組み立てるようだ。
穴の直径は12.50mでビルでいうと3階建てくらいでかなり巨大だ。
072301.jpg

突き出した棒は掘った土を掻き出すスクリューコンベア。
スクリューコンベアのそばに黄色のボールが見える?
地下で働いていると作業員が方向感覚がなくなってくるので出口がわかるように見印にしているようだ。
072302.jpg

シールドマシンが掘削した泥土を立坑まで運ぶコンベヤ。
削った泥を搬出するコンベヤのスペックはかなり重要。削ってダンプで搬出するまでのトータル性能が高くなければいけないのだ。
072304.jpg

ぴっかぴかのシールドマシンが目前に。男前な後ろ姿にみんなかぶりつき。
このポジションからシールドマシンを鑑賞。残念ながらカッターフェイスを見ることができなかった。
072309.jpg


港北に向けて掘る2号機はまだ姿形がないけど2機そろった絵面はすごそうだぜ。
首都高さんには発進前に是非ともまた見学会を開催してほしい。
072303.jpg

072305.jpgシールドマシンをバックに参加者全員で記念撮影。撮影をしてくれたスタッフを記念撮影してみたぞ。



暑い夏に現場で働く男のゴールデンタイムはココで。熱中症に気をつけて。
072306.jpg

じっくりとシールドマシンを見学したあとは地上に戻り工事現場の全体を見渡してみた。巨大なクレーンは500t級。このクレーンがシールドマシンを立坑内に運ぶのだ。
072308.jpg


ふつうは工事現場のマストアイテムは「ブルーシート」と決まっているのだが
きたせんの工事現場では特注のブラウンシート
景観に配慮してほしいとの要望から茶色をチョイスしたのは大林組のアイディア。
072307.jpg


安全な現場作業は朝礼から。今日も一日ゼロ災で行こう。ヨシ!
まだまだ先は長いですが無事故・無災害でご安全に。
072300.jpg


『きたせん』のシールドトンネルの特徴を書いとこう。
・約1250mmの大断面
・2本同時にシールドトンネル掘削
・500個の超合金ビットを交換なしで5.5kmの長距離を一発で掘削
・中折れ機構なしのシールドマシン
・避難通路は床版の下(アクアラインと同じつくりだ)
・ブルーライン,新幹線,下水道,東横線,JRなどの既設施設の隙間を掘削
・SFRC(鋼繊維補強高流動コンクリート)セグメント。
 詳しくは大林組のホームページで紹介してあるぞ。
・ワンパスセグメント
・掘削距離は1ヶ月で360m
・シールドマシンを動かすシーケンサはメルセック

今回も急かされることなくじっくりと見学させてもらった。現場のどこを撮ってもOKだし首都高スタッフも写真を撮るまで待っていてくれたりとサービス満点。大林組スタッフのサポートも抜群だった。
事務所に戻ってからの質問タイムも次から次へと質問が飛びかい参加者の『きたせん』シールドトンネル工事に対する関心の深さが伺えた。

そして超うれしかったのがノベルティ。
シールドマシンのクリアファイル。どーよ,このセンス?素晴らしすぎだろ。
裏面は設計図というセンスの高さ。
072311.jpg

あとシールドマシンのA3外形図。ステキすぎる。
シールドマシン好き以外には何コレ?になりそうだけど俺は壁紙にしちゃいそう。様々なビットについて教えてもらいたいぜ。
マニアな,あなたにもA3サイズで見て欲しいのだがデカく載せて他ゼネコンに見られるともしかしてまずい?かもなのでこのくらいで。
072312.jpg

今度はシールドマシン・ストラップを期待したい。
リアルなカッターフェイスを再現するとかなりステキな感じがするんだけど。


調査報告書に興味を持ったら首都高の『きたせん』ではホームページを見てくれ。
いろんな情報を公開したり環状北線の工事についてPRしていたりと積極的に情報公開している。とてもわかりやすく紹介されているからおすすめだ。

シールドマシンを見れる機会を与えてくれた首都高に感謝したい。
次回も,現場に一歩踏み込んだおとな向けの見学会を期待してます。
現場の様子が変わる度にまた見学させてください。


参加者のサイトを紹介しておく。
まだいると思ったんだけど他がみつかない。
panoramania


地下に興味を持ったらこの写真集がおすすめ。JAPAN UNDERGROUNDの内山英明さんの写真集で写真の他にもシールドマシンや地下施設についての説明が興味深い。ぜひ持っておきたい一冊だ。
トーキョー・アンダー

トーキョー・アンダー

  • 作者: 杉江 松恋
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 大型本


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

やまもつ

お久しぶりです!
ちょうど今、ここの現場のお手伝いしてて、参考画像探してたらたどり着いちゃいましたw
これ行ってたんですね!当たり前かw
私もここの現場は行ってみたいです。またどこかで会うやもですね。

by やまもつ (2010-08-27 14:24) 

wpo

いい仕事してますね。
きたせんの現場は抽選に当たって行ってきました。
今頃はシールドマシンが2台ならぶという現場見学好きには夢のような光景が…。また見に行きたいものです。
見学の機会があるといいですね!

by wpo (2010-08-29 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0