So-net無料ブログ作成
検索選択

三鷹・調布の研究所で見学三昧 [おとなの社会見学]

科学技術週間のラストを飾るのは三鷹の研究所めぐり。
今日は陸の交通安全環境研究所(NTSEL),海の海上技術安全研究所(NMRI),空の電子航法研究所(ENRI)そして宇宙の宇宙航空研究開発機構(JAXA)を一度に見れちゃうスペシャルな一般公開デー。

まずはJAXA。
調布航空宇宙センターは研究開発本部の本拠地で先進的な航空科学技術や宇宙・航空分野の基礎・基盤技術の研究開発をしている(みたい)。いろんな大型試験施設設備が整備されていて中でも風洞設備は低速から極超音速までの速度域をカバーする各種風洞が揃っている。風洞設備とは人工的に空気の流れを作って模型の航空機や宇宙往還機の機体周りの空気力や流れを調べるもので航空科学技術にはかかせない設備だ。

2m×2m遷音速風洞(せんおんそくふうどう)
マッハ0.1〜1.4の風洞でジャンボジェット機が飛ぶ速度くらいの観測ができる。
041801.jpg

こんなモデルを設置して気流などの観測をしている。
非常に精巧な模型で素材は用途によってステンレスとかアルミとか木とかいろいろと変わるみたいだぞ。
041801-1.jpg


極音速風洞(ちょうおんそくふうどう)
コンコルド級の速度マッハ1.4〜4.0の風洞だ。
超音速となるとファンを回すだけでは不可能なので圧縮空気や真空タンクを使って風を創りだすようだ。表にあるタンクはそのために使うのかも。
041802-2.jpg

極音速風洞の模型はスペースシャトルっぽいシルエットだった。
041802.jpg

6.5m × 5.5m 大型低速風洞。
離着陸時の低速領域の試験ができる巨大な風洞だ。
風洞内は三菱リージョナルジェット(MRJ)の開発研究をしていて撮影は禁止だった。
041803.jpg

風洞だけでなく航空エンジンの燃焼実験なんかもしているようだ。
むき出しのエンジンが吊るされていたぞ。まるでアイアンマンでもできそうな雰囲気。
041804.jpg
シールラリーをしながら風洞を見まくって調布航空宇宙センターの見学終了。

シャトルバスで第二会場に向かう。
こっちは飛行機の研究をしているようだ。JAXAの中で一般に身近な研究って感じで親近感がもてる。
041805.jpg

2m×2mの風洞では強風体験ができた。
ただいまの風速47m。一歩右側にいくとすげー風で驚いた。
041807.jpg

研究所見学の楽しみのひとつJAXAの社食でランチ。
宇宙食ではなくてノーマルなメニュー。味も普通だった。
041806.jpg
人多いなぁと思ってたんだけど,どうやら10700名の見学者が来所したようだ。
つくばもそうだったけどJAXAの一般公開は,子供から年寄りまで幅広い人気だ。

次は,交通安全環境研究所(NTSEL)だ。
HMI実験棟のドライビングシミュレーターは本格派仕様。
こないだのJARIと段違いのシステムでデロリアンかと思ったよ。
041808.jpg
他にもいろんな研究施設があって低視程実験棟では人工の霧を発生させて飛行場や道路の信号や標識の見え方などを調べる部屋を見学。写真も撮ったけどまーったく見えないので写真はなし。他には衝突試験でお馴染みのダミー人形と記念撮影というシュールな企画もあったけど遠慮しといたよ。


外からでも存在感ありまくりの400m水槽がみえる。
隣接している海上技術安全研究所に向かうぞ。知名度は低いけど海技研の一般公開も人気がある。今回は過去最高の4,807名の入場者だったようだ。
GoogleMapでも直線っぷりがひとめでわかる。
041809.jpg

人気イベントのひとつ400m水槽では曳航水槽にのって走行体験ができる。
乗るなら先頭で乗車したほうが楽しめるぞ。
041810.jpg

海上技術安全研究所を見学するうえで見逃せないのが深海水槽
円形水槽をぐるりと囲んだ128枚の造波板が不思議な波を造り出すイリュージョン。
041812.jpg


041811.jpg
はじめて見たハートマーク。なんとなく判る?
一瞬しかでないので写真とるのが難しいのだ。
他にもいろんな波を見せてくれた。
なかでもアンパンマンのマークには子どもが大喜びだった。

知名度は高くないけど海上技術安全研究所はみどころが沢山。
氷海船舶試験水槽や操船リスクシミュレータは整理券があっという間になくなる人気のイベント。見そびれた人は夏にも一般公開があるからホームページで確認しておこう。氷海船舶試験水槽はすげー寒いから夏のほうがおすすめだぞ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。