So-net無料ブログ作成
検索選択

巨大800tクレーンに大接近! 首都高プレミアム見学会【重機編】 [首都高]

首都高で建設中の大橋ジャンクションでブロガーさん限定プレミアム見学会が開催された。一体ナニがプレミアムなのか調査してきたぞ。

大橋ジャンクション見学会の説明は‘巻き気味’ではじまった。
なぜ急いでいるかというと現場がプレミアム見学会のために『800tクレーン』の作業をわざわざ中断してくれてるそうだ。さっそくプレミアム感が漂う。

概要の説明のあと作業ヤードに向かうとたされ気味の800tクレーンがズンっと鎮座。
最強のオートボット「マスターテック7800」相変わらずの存在感だ。
傍らにはクアトロサイドカッターもスタンバイ。重機好きには夢のような2ショット。
IMG_0143.jpg


800tクレーンは広角でもはみ出るくらいデカイ。
クレーンの後ろにある黒い物体はウェイト。
重量級クレーンのバランスをとるために必須のアイテムなのだ。
IMG_0109.jpg


うろうろしていると現場の方に「どうぞ」といわれる。
え?どうぞってなに?そっちいってもいいの?マジで?
なんと現場の作業範囲を仕切る三角コーンの内側にいれてもらえた。
プレミアムな計らいにみんな記念撮影したりキャタピラにタッチしたりと楽しんだ。

さらに,ここからプレミアムの始まり。
なんと800tクレーンに搭乗できる大判振る舞い。
首都高のスタッフも乗ったことがないほどレアな体験だ。安全帯をつけてよじ登る。

コクピットにはパイロットの方が待機中。こんなにデカくてもパイロットは一人。
かなりのエースパイロットとお見受けする。

ずうずうしくもお願いしてコックピットを撮影させてもらった。
操縦桿はアナログ感あふれていてたくさんのレバーに囲まれてる。
まさに職人の仕事場のたたずまい。
IMG_0066.jpg



更にずうずうしく色々とお話を聞いてみたぞ。

Q:やはり800tともなると特別な免許なのか?
A:いや違う。クレーンの免許があれば操縦できる。

Q:800tクレーンの操縦は難しいのか?
A:他と大差ない。
  どの大きさのクレーンで‘クセ’があるので慎重に操縦している。

Q:全国を回っているのか?
A:そうだ。今回のようにひとつの場所に長期間とどまるのは珍しいケースだ。

Q:高いところもコックピットから見えるのか?
A:このモニタで確認できるから問題ない。

Q:コックピットは暑いか?
A:エンジンをかけるとクーラー完備で快適だ。

普段からクレーンを操っている方の貴重な話をきいちゃった。
ちなみにこのクレーンは800t級の第1号機だそうだ。
現場の方は作業を中断させちゃってるのにとても親切。
小さな質問にも丁寧に答えてくれてありがたかったです。最後までご安全に。


コックピットからの視界だ。
IMG_0087.jpg


ここがクレーンの重心部。ここを重心にして均衡を保つのだ。
IMG_0094.jpg


クワトロサイドカッターは間組と独バウアーマシーネン社が開発したマシーン。
さすがバウアー。24H働けそう。
IMG_0112.jpg


長きにわたって大橋ジャンクションで活躍した800tクレーンも今月で仕事納め。
次の現場へ向かうそうだ。せっかくだから解体される姿も見ておきたい。
首都高 高橋ナビゲーター,日程を首都高SMOOTHブログに書いてくださいね。

じっくりと時間をかけて見学できて,みんな大満足。
一生乗ることが出来ないハズの800tクレーンに乗れたのはさすがプレミアム。
こころなしか首都高のスタッフも結構,楽しんでいるように見えました。

おーし。次に案内してもらおー。【ジャンクション編】に続く

おっと。ここで情報をお伝えする.
この大橋ジャンクションが今週から2週に渡りタモリ倶楽部で放映されるぞ。
見逃すなよ!

『只今絶好調工事中! 大橋ジャンクション完全踏破!!』

テレビ朝日系列
前編: 8月7日(金) 24時15分~
後編: 8月14日(金) 24時45分~ 


大橋ジャンクション(大橋JCT)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。