So-net無料ブログ作成

さらば長岡市厚生会館 [たてもの博物館]

ついに50年の歴史に幕を閉じる。
1958(昭和33)年に建設された長岡市厚生会館が姿を消す日まであと少しだ。
長岡市厚生会館はのまんなかにあって『厚生会館』の呼び名で長岡市民の誰もが知っているシンボル的存在だった。

すでに大手通からは工事フェンスで囲われていて中の様子は見えなかった。
そこで裏手に回ってみると…。
外見は形を保っていたけど内部はすでに解体されて空っぽ。
IMG_1013.jpg


厚生会館の正面にあった宝田(ほうでん)公園は跡形もない。
噴水のブロンズ像とか長岡城跡の碑があったけど思い出せないくらい更地になっていた。こんなに広かったっけかな。
IMG_0990.jpg

宝田公園の名前の由来は大正時代に宝田石油があったことから付いたそうだ。
つーか,公園の名前を初めて知った。鳩がたくさん居てブロンズ像にとまっていたっけな。

ヘラクレス(!?)の壁画が見える。
長岡厚生会館はプロレスの巡業で有名でヘラクレスのような幾多のプロレスラーが戦った。
IMG_1006.jpg

正面から見ると割れた窓や木々が散乱している解体中の姿が痛々しい。
IMG_1005.jpg

大きくはなかったけど大手通を通るとき時間を確認してた時計はもうなかった。
IMG_0996.jpg

そういえば厚生会館にイベントを見に行った記憶はなくて,おとなになってから一度だけ中を見学(!?)にしたことはある。昭和テイストのノルタルジック空間が印象的だった。

長岡のシンボルベスト10に数えられる厚生会館がなくなる日も近い。
この道も5月7日以降は封鎖されて後ろ姿も見れなくなる。
厚生会館の最後の姿を眺めるなら今すぐに行こう。
IMG_1054.jpg


長岡グランドホテルの傍らにあった長岡セントラルパークは、もうすっかりなくなっていた。これはショックだったな。
生粋の長岡人にさえ存在感が薄くってすっかり名前負けしている公園だったけど石垣やおしゃれな円形ステージもあったりしてモダンな感じもした公園で色々と記憶に残ってる。
IMG_1017.jpg
ネットで調べるとデザイナーズ公園だったそうだ。
設計者は池原謙一郎で大阪万博や代々木公園なども設計したスゴイ人。
経緯は分からぬが「日本チャ、チャ、チャ」を考案した人でもある。
参考サイト:越後長岡フォトグラフ 

長岡に帰ってくるたびに長岡のシンボルが消えていくのは寂しい限りである。
さらば長岡市厚生会館。最後に写真に残せてよかったよ。



在りし日の長岡厚生会館の写真
P1200653.jpg
P1200658.jpg
P1200657.jpg

タグ:長岡
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0